UP

不倫相手からのホワイトデーのお返しで本気度合いを図る方法とは?

バレンタインデーで本命の人に想いを伝えたあなた。

その相手がもし不倫関係の人であったとしたら、なおさらホワイトデーが待ち遠しくて彼からのお返しに期待してしまいますよね。その一方で、自分が本気になっているだけで「相手は違うのでは?」と不安な気持ちを抱えている人もいるのではないでしょうか。

実は、ホワイトデーのお返しから相手の本気度がどれくらいなのかを図ることができます。今回のコラムでは、不倫相手の本気度を探る方法を紹介します。

ホワイトデーお返しの内容で「本気度」が判明!?

相手からお返しを貰った時、1番気になるのが彼の本気度をどのようにして判断するのか?というところ。相手から貰うモノの価値はもちろん、今までに二人で過ごした時間や、あなたに対する興味や態度から図ることができます。まずは本気の度合いをチェックしてみましょう。

<かなりの本気度120%>

「これ欲しいなぁ!」なんて、二人で一緒にいる時に何気なく彼に伝えていたあなた。ホワイトデーのプレゼントがまさに欲しいと思っていたモノだったら、相手の本気度はかなり高めです。たとえそれが、高価なモノでもプチプラなモノでも関係ありません。あなたの言葉をいつもきちんと聞き入れ、覚えていてくれることに嬉しさと優しさを感じますよね。また、身に付けられる高価なアクセサリーはあなたへの独占欲の表れ。かなりの本気度が伺えます。たとえ奥さんという存在がいたとしても、あなたを喜ばせたいという相手の気持ちがお返しに込められていると言えるでしょう。

<安心の本気度100%>

いくつになっても女性はお花をプレゼントされると嬉しくてテンションが上がりますよね。男性からすれば、本命にしかプレゼントをしたいと思わないのが「花束」。ちょっとキザに見えてしまうかもしれませんが、それだけあなたへの気持ちが本気だという証拠ですので安心してください。貰った花に込められた花言葉に相手の気持ちが隠されている、なんてロマンスも期待できるかもしれません。

<普通の本気度50%>

携帯グッズをはじめとした実用的・機能的なモノ、または便利グッズの類いがホワイトデーのお返しだった場合、あなたへの気持ちは可もなく不可もなく「普通」です。友達同士にプレゼントするようなモノを準備しているという時点で、彼にとってあなたは友達以上恋人未満の存在なのかもしれません。

<残念な本気度10%>

クッキーやチョコ、お酒などをお返しに貰ったら、残念ながら本気度はかなり低い可能性が大。非常に希少価値のある高級品や限定品などであれば話は別ですが、記憶に残らないような消耗品をプレゼントする男心の裏は「思い出を作りたくない」「あなたに本気ではない」このような深層心理が読み取れます。ただし、プレゼントと一緒に添えられたお菓子の場合は貰ったプレゼント全ての内容で総合的に判断しましょう。本気度の低いホワイトデーのお返しを貰った場合は、不倫相手との関係について見直した方がよいかもしれません。

番外:「なにこれ?」こんなホワイトデーのお返しはイヤ!

本気度が低いプレゼントは、不倫相手の本当の気持ちが分かってしまい、落ち込むものですが、さらにその上をいく「コレはないでしょ!」とショックを受けてしまうお返しもあるんです。要注意のお返し例を見ていきましょう。

<奥さんが選んだお返し>

明らかに女性が選んだモノをプレゼントされた場合。それは不倫相手の奥さんが用意した可能性があります。「こんな柄のハンカチなんて絶対に男の人は買わないでしょ!」「最新のコスメをプレゼントされたけど、本当に自分で選んだもの?」このような経験をした人もいるのではないでしょうか。不倫関係であるとはいえ、自分のことを想いながら彼が心を込めて選んでくれたお返しが嬉しいですよね。

<奥さんの趣味が反映されたお返し>

スカーフなどのファッション小物など、自分の趣味と真逆なモノをお返しにもらった時、「これはもしかして奥さんの趣味では?」と考えてしまいます。知りたくもない奥さんの情報を与えられてしまうようなプレゼントは嬉しさも半減してしまいますよね。

<見るからにチープなお返し>

好きな相手から貰えるなら、なんだって嬉しい!と言いたいところですが、少ないお小遣いで適当に買ったような、見るからに残念過ぎるチープなお返しはテンションがダウンしてしまいます。「むしろ何もないほうがまし!」と感じる人も。

プレゼントよりも大事!不倫相手を気遣う気持ちを

好きな相手が既婚者男性であれば、ホワイトデーは奥さんの目がいつも以上に厳しくなるタイミング。だからこそ、ホワイトデー当日にデートの約束を彼に促すのはNGだと心得ましょう。また、自分が想像していたお返しとは多少違っていたとしても、不倫相手の立場を考え、感謝の気持ちを伝えることがスマートな女性としての気遣いです。どんな状況でも相手を思いやる心を持ち、笑顔で「ありがとう」と伝えることが大切です。

 

いかがでしたか?年に1度のイベントとなるホワイトデーのお返しは女性にとって大切な思い出です。不倫相手が真剣に考えてくれたお返しであれば、ちょっと残念なモノでも素直に喜ぶようにしてくださいね。小さな感謝を繰り返すことで、あなたに対する不倫相手の本気度が上がる可能性もあります。

とはいえ、「私たちは不倫の関係」「相手には奥さんがいる」という事実は変えられません。このことを認識した上で、ホワイトデーを受け取った時のシミュレーションをしてくださいね。