UP

相手を受け入れ信じることが大切。不倫問題の先に見えた希望とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、旦那の不倫に悩まされていた経験を持つマサミさん。一時期は離婚も考えていたほど辛い思いをしたそうですが、内に秘めていた夫の心を少しずつ理解するにつれて、自分の気持ちにも変化があったのだとか。不倫問題の先に見据えたマサミさんの体験談を語って頂きました。

一緒にいて居心地の良い存在だったから結婚をしたのに……

■ 旦那様との結婚を決めた理由を教えてください

マサミ:若い時からずっと子どもが欲しくて、付き合っていた頃から「いずれはこの人と結婚したいな」と結婚は考えていたんです。実際、妊娠をきっかけに結婚を決めて、そこからはとんとん拍子に事が進んでいきましたね。

■ どこに惹かれましたか?旦那様の好きなところを教えてください

マサミ:付き合った当初から少し自分勝手な人でしたけど一緒にいて波長が合うというか、彼と過ごす時間がすごく楽しいと思えるんです。お互いバスケが好きだったり笑いのツボが同じだったり。育った家庭環境も似ていたので一緒にいて居心地が良いなと思える存在です。貯金もできないし掃除も苦手。典型的なだらしないタイプですが、そんな彼の性格を分かった上で結婚を決めました。

■ 旦那様の不倫について悩まれていた経験があるそうですが、結婚後の夫婦生活に何か問題があったのでしょうか?

マサミ:実は不倫問題の前に夫の借金を発見したんです。結婚前からお金の使い方がルーズだとは思っていましたが、子どもが産まれてからも仕事帰りに飲み歩いている夫を見て私もイライラしちゃって。そんな時、夫の荷物を整理していたら、なんと借金があったんです。「借金はない」と聞いていたのに実は借金があったことを知って大ショック。

気持ちに余裕がない状態で身体の関係を求めてくる夫を素直に受け入れることもできず……。夫の借金、そして産まれたばかりの子どもを育てなければいけないというプレッシャーは辛かったですね。そんな私の気持ちを理解してもらえず、夫は飲み会に誘われたら断れずに行ってしまうし目の前で子どもが泣いていても知らん顔。この状況に我慢できなくて、思いきって夫に相談したら否定されてしまいました。

■ 自分の気持ちが相手に伝わらないのは辛いですよね。借金は無事に返済できましたか?

マサミ:そうですね。でも、借金問題が無事に解決してやっと落ち着いた……と思ったら、今度は夫の浮気に気付いてしまったんです。

女の勘で浮気が発覚。相手は学生時代の女友達でした

■ 旦那様の浮気はどのようにして分かったのでしょうか?

マサミ:夫が出張で家を空けていた日があったのですが、出張から帰ってきた後、たまたま部屋の整理をしていた時に夫の部屋の引き出しからアミューズメントパークのチケットが見つかったんです。出張していたはずなのに、なぜアミューズメントパークのチケット?と考えた時、女の勘が働きました。そして携帯をチェックしたら案の定浮気が発覚。

借金もされて浮気もされて。その時ばかりは「絶対に離婚してやる!」と悲しい気持ちになりました。夫と顔を合わせたくなかったので、逃げるように実家へ帰って……。後から判明したのですが、浮気相手は学生時代の女友達でした。その女性と夫はかなり親密な関係を築いていたから、携帯メールでのやり取りを見た時は本当に衝撃的でした。でも、私との仲が険悪だったから夫もその女性に浮気してしまったのかな、と今改めて感じます。

■ 離婚したいと思った時、誰かに相談はしましたか?

マサミ:一時期は本気で離婚を考えていたので、詳しい話を聞きくために無料弁護士相談所へ行きました。でも、自分の望むような答えは得られなくて。弁護士さんに浮気の証拠として夫と女性のやり取りメールを見せたのですが、私が持っている情報程度では弱いみたいです。ラブホテルに入る現場写真など、絶対的な証拠がないと難しいみたいで。弁護士さんからも裁判を起こしても勝てない可能性が高いと言われてしまいました。個人的には相手の女性に制裁を加えたいと思いましたが、旦那のことを考えると何もできなくて。とはいえ、この悩みを1人で抱えているのは辛かったので、仲の良い友人に相談しました。話を聞いてもらえると辛かった気持ちも少し軽くなりましたよ。

■ 最終的に離婚という道を選ばなかったのはなぜでしょうか

マサミ:将来、子どもが興味を持ったことに挑戦させてあげたいし、もしかしたら夫も変わってくるんじゃないかという希望があったからです。まだ小さくて育ち盛りの子どもが夫の後を楽しそうに追いかけている姿を見ると、私の判断で子どもから父親を奪ってしまうことはできないですよね。

それに、少しずつ分かってきたのですが、どうやら夫も離婚する気はないみたいです。ケンカをする時も「俺のこと好きじゃないんだろ?」と私の気持ちを確かめるような言い方をするから、気に掛けて欲しい気持ちの裏返しなのかなって。できることなら私も一緒にいたいから、彼が変わってくれると信じてみようと思い、離婚を回避しました。実際に、最近は落ち着いてきたので結果として離婚しなくて良かったなと思います。

■ 離婚問題が落ち着いた後、何か変化はありましたか?

マサミ:時間が解決してくれているのか、お互い少しずつ歩み寄っていく感覚はあります。休日は家でのんびり過ごすことが主ですが、家族で旅行に行ったり、子どもを公園に連れていってくれたり。以前の状況とは確実に変わってきたと実感しています。

お互いが譲り合わない時は自分から折れることも大事

■ マサミさんが旦那様に1番望むことは?

マサミ:家の主としての自覚を持ってほしいですね。特にこれから先の事を考えると金銭感覚を見直してもらいたいです。お金のことで争いたくないし、仕事も頑張ってくれるから使い過ぎさえ気を付けてくれれば十分ですけどね。

■ 旦那様の不倫問題で学んだことはありますか?

マサミ:不倫問題になる以前から私も彼を受け入れようとしない時期があったので、もっと優しく接して彼を受け入れてあげれば浮気に発展しなかったかもしれません。原因を作っているのが彼だから気持ちの上では少し複雑ですけど。でも、そうやって冷静に考えられるようになったのは成長した証かなと思います。

■ マサミさんにとって理想の夫婦とは?

マサミ:しっかり絆で結ばれていることです。どんな時も味方でいてくれて支え合える、そんな家族が理想ですね。子どもが大きくなっても夫婦で支えてあげたいし信じていきたい。そのためにも信頼関係を育んでいけたらと思います。

■ これまでの経験を通して、成長したなと思えることを教えてください。

マサミ:価値観が違っていたり許せないと思っても、まずは相手を受け入れてあげること。昔は「なんでこうなの!?」と不満が先行していましたが、今は状況を見て自分から折れた方が円満に解決する場合は、私から譲歩するようにしています。最近は夫とケンカをしても引きずらないようになりましたので、そこは以前と変わってきたなと感じます。

 

借金や不倫など理不尽な問題を前にして離婚を選ぶ夫婦もいますが、マサミさんは「もう一度頑張りたい!」という想いから離婚を回避しました。そして少しずつ歩み寄り、今では夫婦関係もかなり回復してきたそうです。「離婚かもしれない」と悩まれている方はぜひ、マサミさんのインタビューを参考にしてくださいね。