UP

50代との不倫事情!美人・キャリアウーマンが50代既婚男性に惹かれる理由とは

近年増加傾向にある年の差婚からも分かるように、若い女性が50代以上の男性に夢中になり、恋愛をしている例が増えています。有名人で言えば、タレントの伊原凛さんとダウンタウンの松本人志さん、アナウンサーの大江麻理子さんとマネックスグループの松本大社長、タレントの山口もえさんと田中裕二さんなどが挙げられるでしょう。

ここで興味深いのが、50代男性に惹かれる女性たちは総じて美人で仕事もできる女性であること。さらに、彼女たちは「50代の既婚男性」に魅力を感じるようなのです。今回はその理由に迫りたいと思います。

50代既婚男性にモテ女子が惹かれる理由4つ

美人で仕事もできる女性は同世代や年下からも好感度が高くモテモテのはず。ではなぜ、50代の男性に惹かれてしまうのでしょうか。その理由は4つあります。

1.包容力に安心する

人生経験を積んだ50代の男性には同世代にはない余裕があります。それは数々の修羅場や失敗などによって培われたもの。「一緒にいると安心し、落ち着く」と女性にとって魅力的な存在となるのです。

2.高い金銭力によりお姫様感を味わえる

50代の男性は、会社内での地位が高く信頼も厚い人が多くいます。つまり、同世代や年下の男性より金銭的にも余裕があります。デートに連れて行く食事先やちょっとしたプレゼントも女性を喜ばせるラグジュアリーなものをチョイスしてくれるでしょう。多くの女性はお姫様願望を持っています。そんな潜在的な欲望を50代の男性は満たしてくれるのです。

3.トーク力が高くアドバイスしてもらえる

50代男性は、それまでの人生経験により気配り力も非常に高い能力を持っています。女性が仕事や人生で壁にぶつかったり新しい悩みを抱えた時、同世代の男性には言えないような的確で参考になるアドバイスをくれるのです。中には女性の夢を援助してくれることも。

4.束縛しないからこそ追いかけたくなる

若くて未熟な男性は束縛をしたがるもの。ですが、魅力的な容姿で仕事ができる女性ほど男性からの「束縛」を嫌う傾向があります。そこで50代男性の出番です。彼らは求めれば返してくれるけれど決して束縛はしない、という特徴があります。女性の行動を尊重して見守ってくれるのです。そんなところも女性がときめいて追いかけたくなる理由になります。

50代の未婚・既婚どっちがモテる?

50代男性の既婚者と未婚者、どちらがモテるかというと圧倒的に「既婚者」なんです。先ほどにも説明しましたが、仕事のできる若い女性は束縛を嫌う傾向にあります。そのため、束縛をしない既婚男性を魅力的に捉えるのです。また、独身者の50代男性よりも、既婚の50代男性の方が女性に対しての理想が高くはありません。その優しさに女性は惹かれてしまうことも1つの理由として挙げられます。

50代の男性と恋愛関係になるには?

今、気になる50代男性がいるならば、以下のポイントをチェックしてみましょう。当てはまれば恋愛関係に進む可能性が大ですよ。

  • 連絡をしたら返してくれる
  • 仕事や経済面で自信を持ち、余裕を感じられる
  • 配偶者である妻を女性として見ていない

連絡をしたら返信があるということは、あなたに嫌な印象はないという意味です。そして、仕事で自信を得ている男性は性欲も旺盛の場合が多い上、成功者であるため恋愛をする時間的な余裕もたっぷりあります。女性からモーションをかければ落としやすい状態であるといえるでしょう。

50代女性の不倫も増えている!?

ちなみに、男性だけでなく50代女性の不倫も増えています。今の50代女性はバブル期を経験し「恋愛至上主義」の時代を生き抜いてきた女性たちです。パワフルで若々しく、美しい人も多いのです。年下の男性や昔好きだった男性と「人生最後の恋愛」という思いで不倫をする場合が多いようです。

50代女性の不倫・出会いの場所は?

では、50代女性はどのようにして不倫相手と出会うのでしょうか。出会いとして多い順にご紹介します。

■ 勤めている会社や仕事先

バリバリ働く50代女性は必然と勤務時間も長くなります。一緒にプロジェクトを進める中で恋に落ちてしまった、という例が多いようです。

■ 同窓会での再会

昔好きだった相手と同窓会で再会したという例もよく聞きます。あの頃伝えられなかった想いをぶつけてしまうのでしょう。

■ 趣味の習い事を通じて

生活にゆとりができ、趣味として習い事やスポーツを始めて出会った、という女性も多くいます。同じ趣味を持つことにより、価値観も合い運命の相手として認識もしやすいのでしょう。

 

50代の恋愛は男女共に不倫やダブル不倫になりがちです。恋心が燃え上がりやすく幸福度が高い分、慎重に関係を進める必要があります。また添い遂げる場合も、介護や財産分与などの金銭的な問題をはじめ、友人や両親から祝福されるのかという人間関係の問題が生じます。このようなリスクを踏まえて、2人の将来に向けて考えるようにしてくださいね。