UP

教師は不倫しやすい生き物!?その理由から学ぶ教師との不倫の付き合い方とは

勉強をはじめ、常識や道徳心など生徒に指導する立場である学校教師。そんな教師を好きになり不倫関係に陥って悩んでいる女性はいませんか?

実は教師との不倫は珍しくはありません。驚くことに、教師は不倫しやすい職業とも言われているんです。日々正しいことを教えているはずの教師が、一体なぜ不倫にハマってしまうのでしょうか。今回は、その理由をご説明したいと思います。

教師は不倫しやすい生き物なの?

教師という仕事は非常にストレスが溜まる職業です。反抗期中の生徒たちやモンスターペアレントへの気配り、他の教師との人間関係……時には意味もなく責められることもあります。また、部活を担当していれば休みの日も出勤しなければならず、心も体も休まる暇もなし。そのため、溜まったストレスを本能的に発散しようと快感や癒しを求めるようになります。結果、刺激性の強い不倫へと進んでしまう可能性が出てくるかもしれない、というわけです。

一般的に教師の不倫が発覚した場合、その職場を辞めるという流れが一般的ですが、公務員である教師は懲戒免職にはなりません。引っ越してリセットすれば別の学校で働ける、つまり職を失う心配がないのです。

教師との不倫パターンについて

では、教師はどのような相手と不倫関係になるのでしょうか。学校教師の不倫は大きく分けて3パターンあります。

1.教師同士での不倫

最も多いのが教師同士の不倫です。同じ職場で働く者同士だと一緒にいる時間が長く、忙しさを分かり合えます。自宅に帰って妻に話しても理解してもらえない仕事の大変さを、同じ女教師なら優しく励ましてくれるのです。共通点が増えれば、お互いに運命を感じ恋に落ちてしまうこともあるでしょう。

教師同士が不倫をするタイミングは?

残業中や行事の打ち上げが不倫スタートのタイミングとなるケースが多いようです。打ち上げではお酒も入るので開放的になります。プライベートなメールアドレスやラインを交換し、毎日少しずつやりとりをして、次は2人で会いましょう……といったパターンで距離を縮めていくようです。

2.教師と生徒の親との不倫

教師と生徒の親との不倫も珍しくありません。PTAの役員として行事の打ち合わせで学校に通うことや、子どもが問題を起こし呼び出されたことをきっかけに教師とコミュニケーションを取り始めて不倫関係になるケースも。家庭訪問の際に相談にのってもらうこともあるでしょう。特にイケメンの教師は主婦の人気が高いようです。

生徒の親が教師と不倫するタイミングは?

主婦たちが嫌がるPTAなどの役員期間は密に教師とやりとりするため、親密になりやすいです。気になる教師がいるなら、距離を縮めるチャンスと同時に他の主婦からも喜ばれるので一石二鳥です。また、家庭訪問時にそのような空気になり、一気に体の関係になってしまったパターンもあるそうです。

3.教師と生徒の不倫

意外にも多いのが教師と生徒の不倫。きっかけは生徒が教師へ好意を抱き、手紙などで猛アタック、教師がそれに応える形で体の関係になるというパターンです。ただ関係を持った後、生徒側が浮かれて友達に話してしまうことが多く、バレてしまう場合も。

生徒が教師と不倫するタイミングは?

同級生よりも大人である教師は、生徒の目から見れば非常に格好良い存在です。教師としては、進路や学校生活のことで相談があると生徒から言われたら断れませんし、若さゆえの純粋なアプローチは大人である教師の心を溶かします。放課後か朝の早い2人きりになる時間帯に、距離が縮まりやすいでしょう。

教師は「癒やし」を求めている!

教師の仕事は忙しくてストレスが溜まりやすいため、不倫に走る場合があるということは最初にお話した通りです。つまり、もし今気になっている教師がいるなら、彼を落とすためのポイントは「癒やし・安心感」になるのです。距離を縮めたいなら「お疲れ様。あんまり無理しないでね」など労いの言葉を頻繁にかけてあげるようにしましょう。そしてタイミングを見計らって「先生、お疲れなんじゃないですか?今度ストレス発散に食事でもどうですか?」など、積極的に誘ってみてください。頑張っている自分の状況を理解してくれる人だと感じ、教師側から好意を持つ可能性が高まります。

 

とはいえ、教師は異動が多く、ずっと同じ学校にいるかどうかが分からない職業です。たとえ2人が結ばれてもすぐに遠距離になって、忙しさから自然消滅……というのもありえます。さらに、不倫関係がバレた際は、学校のみならず地域全体から責められるリスクも。最悪なケースの場合、その街にいられなくなるかもしれません。それらを踏まえつつ、好きな気持ちをどうするかじっくりと考えるようにしてくださいね。