UP

不倫を楽しみたい人必見!楽しむための相手との適度な距離間とは?

夫婦仲も悪くないし、家庭も円満。けれども「いつまでも女性として扱われたい」「男としての魅力を再確認したい」「夫(妻)以外の異性と性欲を満たしたい」という思いから、不倫に興味がある既婚者が近年増えていると言われています。

今回のコラムでは、通常の恋愛とは違う快感を得られる不倫についてクローズアップ。不倫相手と長く楽しむための適度な距離間やコツについてお届けします。

なぜ不倫に惹かれる?通常の恋愛では味わえない快感とは?

不倫に興味がある、不倫関係になるかもしれない、もしくは既に不倫を楽しんでいる真最中。「不倫」という誘惑にはまってしまう理由について、不倫経験のある既婚者にアンケートを実施。恋愛とは違う不倫の楽しさについて語ってもらいました。

■ 忘れかけていた恋愛感情が復活

長年連れ添ったパートナーはもはや恋愛対象外。独身時代の頃に楽しんでいた恋愛感情をもう一度体感したいという思いから不倫に進むパターンです。

「旦那との関係は良好だけどセックスはなし。もはや家族……というか同士のような関係。女性として扱ってくれる人とドキドキするような『恋愛』がしたくて不倫中です」(38歳/女性)

「普段は主婦でオシャレにも無頓着ですが、不倫相手とデートする時はファッションやメイクに気合いが入るし、その気持ちが楽しい!恋する自分を楽しんでいます」(27歳/女性)

■ 夫婦では諦めていたデートができる

結婚をして子どもができると家庭や子育てが優先となり、夫婦2人で恋人のようなデートを楽しむ機会が減ります。パートナーに期待できない理想の恋人デートを実現してくれるのが不倫相手なのです。

「新婚の頃は週末デートを楽しんでいましたが、子どもが産まれてからの妻は育児が生活の中心。家事ができない夫と罵られ、男としてのプライドが傷ついて落ち込んでいた時に慰めてくれた女性と不倫しています」(41歳/男性)

「遊びたいけど、旦那相手では物足りないなと思っていた矢先、友人の紹介で意気投合した男性が同じ趣味だったので毎回デートしています。旦那よりも気が合うし笑いのツボも一緒。この関係はしばらくやめられません!」(33歳/女性)

都合の良い不倫関係を楽しく継続させる4つのコツ

危険と隣り合わせという非日常感が興奮となり、麻薬のような快感をもたらしてくれる不倫。「リスク」を背負うことを前提に、不倫関係を長く楽しむためのコツを4つまとめてみました。

1.  私生活への下手な深入りはしない

不倫相手に熱を入れすぎて「もっと自分を見て欲しい」と相手の私生活へ入り込もうとするのはNGです。心地良いと感じる適度な距離間を意識してキープしましょう。

2.  自分の生活を最優先に考える

不倫相手がいたとしても、家族やパートナーにもきちんと目を向けましょう。どちらか一方に偏った感情を向けるのではなく、平等に接するのが正解です。

3.  不倫相手との結婚は望まない

相手が既婚者であった場合、最初から結婚は望まないように。状況によっては相手を困らせるだけであり、あなたの気持ちが「重い」と判断されれば長続きしません。

4.  周囲にバレない努力を徹底する

家族や友人、仕事仲間など周囲に知られたらパートナーの耳に入るのも時間の問題です。不倫相手と長く楽しみたいのであれば、徹底的に証拠を消してください。

不倫を長続きさせる最大のポイントは「不倫相手にハマり過ぎない」ことです。家庭でも良い関係を築きつつ、適度な距離間で不倫を楽しむ状況を作り出すのがベスト。不倫と怪しまれないようにするための注意点もチェックしてみましょう。

・パートナーと一緒にいる時は会話を楽しむ

家族で過ごしている時は夫婦の会話を楽しみましょう。隣にいるのに携帯メールやラインをいつまでも続けているようでは「誰とそんなに連絡取り合っているの?」と疑われてしまいます。

・中途半端なウソはつかない

不倫を楽しみたいからと何度もウソを重ねてしまうと、つじつまが合わなくなりパートナーから怪しまれてしまいます。基本は不倫と疑われるような行動を絶対に見せないこと。ウソをつかなければならない状況であれば、徹底的に完璧なアリバイ工作をしてください。

・不倫や家庭以外でのプライベートを充実させる

自分の興味対象が「家庭」と「不倫」だけで完結してしまう場合、バレた時の言い訳が非常に困難になります。スポーツや芸術など普段からプライベートの趣味を充実させ、カジュアルからフォーマルまで様々な格好を家族に見せておくと◎。「アウトドア」「パーティー」「習い事」など、シーンに合わせて常にファッションを変えることで「忙しい自分」を演出でき、疑惑の目から遠ざけてくれます。

 

一般論としては世間から逸脱した行為と思われてしまう不倫ですが、世の中には不倫関係であっても一生の思い出に残る良い恋愛をしているカップルが沢山います。長い人生において良くも悪くも大変貴重な経験に違いはありませんので、今回ご紹介した長続きするコツを実践しながら改めて自分が求める理想の「恋愛」と向き合ってみてはいかがでしょうか。きっと、幸せに続くヒントが隠されているはずです。