UP

不倫相手の男性に本気で愛される彼女になるためのテクニック6選

不倫といえども真剣な恋。相手の男性をただ一途に心の底から愛しているからこそ、彼に本気で愛される女性になりたい……そんな思いを抱えている女性はたくさんいます。

しかし、二人の関係がスムーズに進んで上手に愛情表現ができるようになる普通の恋愛とは違い、不倫は思うように事が運ばない焦燥感がどこかあります。相手が自分をどれだけ想ってくれているのか?真実が知りたい、本気で愛されたい、そのように誰もが考えているでしょう。それには相手の本質をしっかり知り、愛されるためのテクニックを学ぶことが大切です。

ここでは、不倫相手の男性に本気で愛されるためのテクニックを解説していきます。

不倫相手が「何に」満足していないのかを探る

不倫関係が続いて愛し合っている仲だとしても、相手の男性について全てを把握しているわけではありません。彼に本気で愛される女になるためのテクニックを知ることも大切ですが、その前にまず、相手は今「何に満足していないのか」「どんなことを望んでいるのか」これを探る必要があります。家庭や生活、仕事、もしかしたら自分自身に何かしらの不満を抱えているかもしれません。そして、そこからあなたとの不倫関係において何かを求めているかもしれません。その本質を知り、彼の気持ちに寄り添った上で恋のテクニックを使うことが不倫相手に本気で愛される近道となるのです。

【ケース別】愛される彼女になるためのテクニック集

相手が何に満足していないのか?何を求めているのか?これらの疑問を理解し、彼の全てを受け入れる準備は整いましたか?今日から使える「不倫相手から愛されるためのテクニック」をケース別にまとめてみました。

■ 恋愛の緊張感や刺激を求めている場合

相手が緊張感や刺激を求めている場合、「駆け引き」のテクニックが有効です。

テクニック1:時には誘いを断る

不倫相手からの誘いを毎回受け入れていると、相手はあなたに対して「いつでも会える相手」と情報がインプットされてしまいます。「あなたと会う事=貴重な時間・大切なこと」として感じさせ、「どうしても会いたい」と思ってもらうために実行するべきことは「時には誘いを断る」です。特に自分から誘っているようであれば要注意。電話やラインで頻繁に連絡を取り合っている場合は、一旦ストップして彼とのコンタクトをしばらく放置してみましょう。本気の恋愛は「追うよりも追わせること」が鉄則です。

テクニック2:不倫相手以外の男性の影をちらつかせる

男性の本能には「どんな男よりも勝っていたい」という気持ちがあります。恋愛においても「他の男に取られたくない」「好きな女は誰にも渡したくない」という感情が強くなりますので、不倫相手にも上手に応用してみましょう。「私を好きでいてくれる男性はあなただけじゃないの」とさり気なく他の男性の存在をちらつかせ、彼を少し焦らせてみてください。あなたを他の男に取られたくない!奪い返したい!と、これまで以上に本気で頑張るはずです。

テクニック3:エロさをアピールする

世の中には多くのセックスレスの夫婦がいます。パートナーに性的欲求を感じない妻・夫が増えている世の中だからこそ、男性側が不満を持つのも当然でしょう。そこでアピールするのが性欲を掻き立てるような仕草や行動です。エッチな下着を身に付けたりセックスのテクニックを磨くなど、奥さんにはできないエロさをアピールすることで自分の方に目を向けさせることが愛され上手のポイントです。

■ 恋愛の癒しを求めている場合

相手が居心地の良さや癒しを求めている場合、あなたといると「安心する」「癒される」と思わせるテクニックを実践していきましょう。

テクニック1:相手を褒める

女性から褒めてもらうことは男性の自尊心を上げる最大の方法です。ですが、意外にも家庭では奥さんから褒められず、そこに不満を抱えている男性が多くいます。「自分の能力が役に立った」「俺はすごい」と思わせるくらい褒めてあげれば、あなたに対しての愛情もグンとアップするはずです。

テクニック2:日常を忘れさせてあげる

仕事や家庭ではストレスを感じることが多々あります。それらを忘れさせてくれるような非日常感を求めている男性もまた多くいます。ですから、怖い顔をして文句ばかりを並べる奥さんと同じような言動は絶対にNGです。彼と会うときは、いつも笑顔で会話を楽しみ、あなたと一緒にいると「楽しいな」「癒されるな」と安心感を与えてあげることが重要。あなたに対しての愛情がより深くなります。

テクニック3:いつも感謝する

夫婦仲が上手くいかないケースとして、奥さんが感謝の気持ちを伝えていないパターンがあります。そこで実践して頂きたいのが感謝の言葉を素直に伝えること。女性の喜ぶ姿もまた、男性の自尊心を強くさせます。「相談してよかった、ありがとう」「本当に頼りになる、ありがとう」など、ちょっとしたことでも感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。もちろん、デートや食事でご馳走になったときも感謝の気持ちを忘れずに。言葉だけでなく、時にはプレゼントなどを渡してみるのも効果的です。

 

不倫相手から上手に愛されるテクニックはいかがでしたでしょうか?今回紹介したテクニックに加えて、ぜひ気を付けておきたいのが見た目です。「髪や肌は美しく」「体型を維持する」「好感度の高いファッション」など、身なりは常に意識しておきましょう。そして、間違っても「なんで会えないの?」など、相手を責めたり、追い詰めたりしてはダメです。不倫相手の男性に「面倒くさい女」と判断されてしまうと逃げられてしまいます。

「もっと彼に愛されたい!」と強く望むのであれば、まずは不倫相手のことを深く知り、何を求めているかをリサーチしてください。彼の本音を理解してあげることで2人の信頼関係が構築され、今よりももっと愛される女になれるはずです。