UP

不倫がバレないコツとは!?旦那バレ・嫁バレを防ぐための方法

愛する妻、愛する夫はいるのに一歩足を踏み入れてしまえば簡単には抜け出せない不倫という禁断の愛。最近では既婚男性だけでなく既婚女性が不倫するケースも増え、年々増加傾向にあるという不倫の実態。

パートナーに知られていない間はその秘密の関係にスリルを楽しめることでしょう。でも万が一バレてしまったら…?

このリスクを少しでも減らしたいと思うのが不倫側の願うところ。いつもと変わらない自然な振る舞いを心掛けるとしたら具体的にどうすればよいのでしょうか。今日から使える、不倫がバレないようにするための方法・テクニックを紹介していきたいと思います。

「不倫」がバレないために自分ができること

夫や妻に不倫がバレないようにするための最大のポイントは「痕跡を残さないこと」です。携帯の着歴をはじめ、メールやLINEなどSNS関連のやり取りは証拠が残る可能性が非常に高い危険ツール。夫や妻が絶対に見ないパソコンメールを活用するなど、できる限り携帯を使わないで連絡を取る手段を自分なりに調べておくとよいでしょう。

  • 携帯での連絡は控える。
  • 外出先でのお風呂やシャワーを避ける。
  • 自分の生活に干渉しない人を不倫相手に選ぶ。

上記のように日常生活を送る中でもパートナーにバレない工夫を常に考えることが必要です。とはいえ、今まで携帯ロックをしていなかった人が急にロックをかけるなど普段とは違う行動を取ることで墓穴を掘ることにも…!痕跡を消すために余計なことをして相手に不信感を抱かせないように注意しましょう。

【不倫がバレないために携帯・SNSで注意すべきこと】

■携帯の着歴に要注意

通話終了後、すぐに着歴を削除すれば携帯端末上での痕跡は消滅できます。ただし、ここで注意すべきは電話会社に残る電話番号と通話時間の記録。もしあなたのパートナーが機転の利くタイプである場合は調べられる可能性があります。証拠を残さないことに徹底するのであれば携帯での通話は控えておくのが無難です。

■  LINEでやり取りする場合は必ず設定を変更

不倫相手とLINEでメッセージをやり取りすることは高いリスクを伴います。というのも、新規メッセージが届くと通知とともに最初のテキスト部分が携帯のディスプレイに表示されてしまうのは皆さんもご存じのはず。タイミングが悪くパートナーの目の前で不倫相手からのLINEがくれば、もう言い逃れはできません。

どうしてもLINEを使いたいという人は「設定→プライバシー管理→パスコードロック」でパスコードロックすること。さらに「設定→通知→新規メッセージ・メッセージ内容表示をオフ」にすることで誰から送られてきた新着メッセージなのかを不明にできます。

■  SNSは自然消滅系のアプリを活用

スカイプやフリーメールならログインパスとIDを入力するから大丈夫と思われがちですが、絶対にバレないという保障はどこにもありません。「スナップチャット」「Beetalk」「TonTon」など、読み終わったら消えるような自然消滅系アプリで連絡を取り合うなどして足跡を残さないようにしましょう。

不倫を見破るテクニックに厳重注意!

不倫がバレないテクニックがあるということは裏を返せば不倫を見破ることもできるということ。服装の変化やいつもと違う香り、クレジットカードの使用明細など、わずかなきっかけから不倫の実態は暴かれてしまうものです。

頭の良いパートナーなら、会話の中から誘導を入れて探ってくることもあるでしょう。毎日の生活習慣から見破られてしまう不倫者によくある行動内容をまとめてみました。

【不倫を見破られる日常の行動に注意】

  • 理由をつけて外出することが多くなった
  • 帰宅時間が遅くなった
  • 会話に人の名前が登場せず、上司や同僚など曖昧な表現が増えた
  • 以前に比べてお金の使い方が変わった
  • 1日の予定を念入りに聞いてくる
  • 食の好みや趣味、服装が変わった
  • 夜の営みが減った
  • トイレに行く時も携帯を離さない

上記は一例であり、不倫を見破るテクニックはこの他にもたくさん存在します。怪しいと思われるような言葉や態度、行動があれば少なからずパートナーも「なにか隠しているのでは?」と疑問を感じるはずです。

「自分はバレないから大丈夫!」

このような過信は絶対にNGです。痕跡を消すことに全力を尽くしてください。

不倫がバレてしまった後の結末は?

パートナー以外の異性に好意を抱き、他人には言えないような関係へと発展してしまった不倫は非常にハイリスクです。それと同時にドキドキ感やスリルを味わえる一種の麻薬のようなものでもあります。しかし、もし本当に不倫がバレてしまったとしたらその結末はどうなるのでしょうか。

一つ言えることとして挙げれば、幸せな未来ではなく人生そのものに暗い影を落としてしまう可能性が高いということです。社内不倫であれば異動や退職を余儀なくされ社会的な地位や信用を手放すことに。不倫相手の子どもを妊娠すれば親権や育児・慰謝料など、お金や生活の問題に悩まされ続けます。

ゴールの見えない不倫関係をズルズルと続けていれば、このような悲惨な未来が待ち受けている可能性があることも肝に銘じておきましょう。

楽しく不倫を継続させたいのであれば、100%バレないための工夫はもちろん不倫相手との口裏合わせも大切です。どちらかが本気でどちらかがお遊び…なんてことになれば、どれだけ自分がバレない努力をしてもなにかの拍子にこれまでひた隠していた事が表面化され、言い逃れのできない状態に追い込まれてしまいます。

不倫がバレることを恐れて周囲ばかりを気にするのではなく、不倫相手をきちんとフォローしながらあらゆる事態を想定した行動を心掛けるようにしましょう。