UP

不倫相手からの連絡頻度で愛情を測ってはいけない!その理由とは

「前はもっと連絡をくれていたのに……。彼の気持ちは冷めてしまったの?」

普通の恋愛に比べて、不倫は会いたい時に会えないこともしばしば。せめてメールやラインでは、連絡を密に取り合って彼の存在を感じたいと思うのが女心というものです。そのような気持ちが災いして、男性からの連絡が減ると不安で仕方なくなるになる人も多いのではないでしょうか。

けれども、連絡頻度の気にしすぎは要注意です。なぜなら、男性に捨てられるリスクが高まるだけだから。今回のコラムではフリン相手からの連絡頻度で愛情を測るべきでない理由を解説します。

連絡頻度を気にしすぎると不倫相手に捨てられやすい!?

連絡の回数を気にしすぎると、なぜ男性の心はどんどん遠ざかってしまうのでしょうか。その理由を3つに分けて説明します。

1. 依存症になり、精神的な不安定さが彼に伝わる

勉強中、仕事中、食事中、友人と会っている時……。「彼からの連絡まだかな!?」と、あらゆる場面でスマホが気になり手放せない人は危険信号です。彼への依存度が高まり、スマホ依存症を発症している可能性があります。その状態が続くと日常生活に支障をきたす恐れも。最悪なケースでは、友人や仕事を失ってしまうかもしれません。さらに、その不安定な想いは彼にも伝わり、男性の気持ちが冷める原因になってしまうのです。

2. 重い女だと思われ、あなたへの興味がなくなってしまう

恋心は相手のことを「もっと知りたい」という欲求から生まれるもの。自分から一方的にラインやメールをしてしまうと彼にとってあなたは、愛しい存在から鬱陶しい存在になってしまう恐れがあります。あなたが何を考えているのか、手に取るように分かってしまうため男性が「もういいや」とお腹いっぱいになってしまうのです。それどころか重い女だと思われ、関わりたくないと思われてしまう恐れも……!

3. バランスの悪い関係になり、不倫関係が続かなくなる

不倫関係も普通の恋愛と同じです。どちらか一方が恋心を燃やしていては上手くいきません。お互いの愛情バランスが合ってこそ長続きするものなのです。そもそも男性は女性を追いたい生き物だと言われています。女性からの愛情が大きすぎると感じてしまうと、追いかけたいと思う欲求が薄れて「どうでもいい相手」になる可能性が高まるでしょう。

連絡頻度が減った=愛情が薄れたとは限らない

男性はラインやメールなどのコミュニケーションは、女性と比べて苦手な人が多い傾向にあります。つまり、連絡頻度が減ったからといって愛情が薄れたと判断してしまうのは早とちりをしていることも考えられます。愛情を注ぐ相手に対して連絡頻度を減らす男性側の事情を4つまとめて見ました。

1. 仕事が忙しい

男性の性質として、物事を同時進行する人が苦手という特徴があるため、仕事が忙しいと他に気が回らなくなってしまうのです。一方で女性は「どんなに忙しくてもメール1本送る時間くらいあるでしょう!」と思いがち。彼が負担に感じる要因になってしまいます。

2. 妻から疑いをかけられている

妻から疑いをかけられている場合、あなたに連絡したくても頻度を減らさなければ現在の関係が絶たれてしまいます。バレるリスクを減らすために、あなたを守る手段として連絡を控えていることもあるのです。そんな時に「なぜ連絡しないの?」と責めてしまうと面倒な存在になるだけ。家族にバレる恐れはもちろん、あなたが多額の慰謝料を支払うことになり、社会的地位を失う可能性があることを忘れないようにしましょう。

3. 関係が安定してきたと思い、安心している

最初に、男性はラインやメールでのコミュニケーションが女性よりも苦手だとお伝えしました。関係が始まったばかりの時期に連絡を頻繁にしていた男性は、多少なりとも無理をしていたことが考えられます。そのような場合から連絡頻度が落ち着いてきたケースでは、あなたと安定した関係を築いていると感じているのでしょう。信頼感と居心地の良さがあるからこそ、連絡しなくても大丈夫だろうと思っているのです。

4. 返信の必要はないと思っている

女性は噂話や世間話など意味を持たない会話が得意な生き物であり、それにより円滑なコミュニケーションとしての安心感を得ます。そのため今日あった出来事など日記のようなものを男性に送ってしまいがちです。一方、男性にとってのラインやメールは、必要な連絡手段でしかありません。送られてきた文章に明確な返事の答えが出せない場合、「返信しなくてもいいか」と感じてしまうのです。彼が返事しやすいよう、長文の報告メールは控えること、そしてできるだけ質問形式のメールにするとよいでしょう。

連絡方法を変えるのもあり!

「それでも連絡頻度を増やしたい……!」そんな時は思い切って連絡方法を変えてみるのも一つの手です。例えば、今使っているSNSとは別のチャットツールを導入したり、仕事のやり取りをしている風のメールを送り、そこに2人にしかわからない隠された暗号を隠してコンタクトを取るといいでしょう。家族にバレる心配も減りますし、普段と違うゲームのような感覚は彼の気持ちを盛り上げてくれるはずです。

 

連絡頻度だけで不倫相手の愛情は測ることはできません。連絡がこないと焦ったり不安になる前に、まずは相手が連絡しやすいと思える環境を準備し、連絡手段に自分なりの工夫を入れてみましょう。いつもと違う彼の反応があれば成功です。不安も多いかと思いますが、ぜひ頑張ってみてください。