UP

不倫しやすい女性の特徴10選!こんな人は危険かも?

本気で愛してしまった人は妻子持ち。でも自分のことを心から愛してくれる……。

他人からは理解されにくい恋愛ではありますが、既婚者男性は独身男性にはない魅力があります。そして普通の恋愛では味わえないドラマティックな恋を体感できることから、根っからの不倫体質であるという人もいます。

お互い愛し愛されていれば、その欲求は満たされますが、愛しい不倫相手からの連絡頻度が減ってしまうと、不安や心配といったマイナスな感情が動き出し、誰にも相談できずに悩んでしまう人も少なくありません。

今回のコラムでは、不倫をしやすい女性の特徴を改めてチェック。不倫愛における男性と女性の深層心理を解説していきます。

不倫しやすい女性の特徴10選

あなたの周りに不倫体質な女性はいますか?あえて危険な恋を選ぶ女性には、どのような特徴があるのかまとめてみました。

1. 依存症である

誰かに認めて欲しいと感じてしまう承認欲求がある人は、自分を必要としてくれる人に依存しがちです。「愛している」という不倫相手の言葉が異常に嬉しいと思ってしまう場合、このタイプに当てはまります。

2. 常に男がいる天然のモテ体質

天然の色気を武器に男性を惹きつけてしまう恋多き女性も不倫体質で多いタイプ。既婚者に限らず男性全般からモテる女性であり、自分がモテることを自覚している小悪魔的な存在。

3. 趣味嗜好が変わりやすい

興味や関心が常に変わる女性は恋愛価値観も簡単にチェンジします。ちょっとしたきっかけで「不倫もOK!」と自分の常識が変わることに抵抗がありません。

4. 人のものが欲しくなる

隣の芝生は青く見えるという言葉がしっくりくる人も不倫しやすい傾向にあります。他人の夫に魅力を感じ、自分のものにしたいという自己欲望を満たすため、自ら不倫を選ぶパターンです。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない女性は愛されることに慣れていません。言い寄られる相手が既婚者であったとしても、何度も口説かれていくうちに不倫という道に引き込まれて抜け出せなくなるタイプ。

6. 男性経験が少ない

恋愛経験が少ない女性は、相手の言葉を素直に信じてしまう傾向があります。男性側からも扱いやすい女性と見られてしまうので、押されて丸め込まれた結果、気が付いたら不倫関係になっていたなんてことも。

7. 両親が不倫経験者

両親が不倫をしていたなど、特殊な家庭環境で育ってきた場合、そんな両親を見て成長した子どもは意図していなくても同じ道を選ぶことがあります。

8. 夫から女性として求められない

結婚して夫婦仲も悪くないのに、夫から「女」として身体を求められない時。自分には女性としての魅力がないの?と疑問を抱いてしまう女性がいます。その場合、女として認めてくれる他の男性に目を向けてしまうケースが不倫へと繋がります。

9. 障害のある恋愛に燃える

ハードルが高いほど、やる気に火がつき燃え上がってしまうタイプ。勝負強く、障害を乗り越えた時の快感を味わいたいと感じてしまう女性がこちら。

10. 性欲が強い

夫や恋人とのセックスだけでは物足りない女性も要注意。ストライクゾーンの幅が広く、いろいろな男性と身体の関係を持つことに抵抗がありません。また、このような女性はセクシーな女性が多く、男を魅了する力も長けています。

不倫における男女の心理に違いはあるのか?

上記では不倫しやすい女性について具体的な特徴を挙げましたが、そもそも不倫における男性と女性にはどのような深層心理があるのでしょうか。男女の違いについてチェックしてみましょう。

〈不倫に対する男性心理〉

生物学的な視点からすると、男性の場合「子孫」を残すという宿命を背負っているが故、彼女や奥さんがいても本能的に浮気や不倫に走るケースがあります。個人差はありますが、彼女や奥さんよりも魅力のある女性に出会えた時点で「自分のものにしたい」と欲望が働いてしまうことから不倫が始まります。

〈不倫に対する女性心理〉

女性はロマンチックな生き物です。多くの男性から愛される少女漫画の主人公が羨ましいと感じたことはありませんか?「愛されたい」という承認欲求が強く、キスやハグなどの恋愛的な要素を含んだ「ドキドキ」を求めてしまうため、自分に好意を持ってくれる異性に心を奪われてしまう傾向があります。夫からの愛情が薄いと感じたときに、他の男性から猛烈なアプローチを受けると不倫に繋がりやすいというわけです。

 

いかがでしたでしょうか。不倫をしやすい女性の特徴と心理に当てはまる項目があったという人は、自分の恋愛観について根本的に見直してみてください。とはいえ、裏を返せば男性側もこのような女性を狙ってアプローチをするものだと解釈ができます。不倫相手からの連絡が最近少ない……と感じている人は、相手が自分に何を求めているのか、あなた自身の魅力について再度考えてみてください。不倫をやめたい人も続行したいという人も、ぜひ参考にしてくださいね。