UP

不倫は我慢の連続!?我慢すべきポイントと我慢しなくて良いポイントの違いとは

「会いたいのに、会えない……」

不倫の恋は普通の恋愛に比べると我慢しなければならないことだらけ。ストレスを溜めこんでいる人もいるのではないでしょうか?

大好きな彼と関係を続けるための我慢はもちろん必要ですが、我慢のしすぎは都合の良い女になる可能性もあります。そこで今回は、我慢するべきポイントと彼からもっと愛されるわがままを解説します。

「我慢しない不倫」は崩壊の前兆

不倫中は会えないという現実が寂しさを募らせます。「あの人は今頃、奥さんと仲良くしているのかな」と嫉妬心で押しつぶされそうになることもあるでしょう。「愛しているのは君だけだ」と言われてもなかなか信用できず「行動で示して!」と彼に泣いて訴えてしまう女性も少なくはありません。

では、我慢を一切せずに「もっと会う時間をつくって!」「連絡はすぐに返して!」と自分の思い通りにしようとすると、どうなってしまうのでしょうか。訪れる最悪の状況は3つです。

1. 男性に距離を置かれる

男性は女性のヒステリックな一面を最も嫌がります。あなたが訴えている時の歪んだ顔をみて、愛情が冷めてしまうのです。「一緒にいると疲れる」と距離を置かれてしまうでしょう。

2. 不倫相手の奥さんにバレてしまう

男性があなたの要望に応えようと、メールやラインにすぐ返事をしてしまうことで相手の家族にバレる可能性が高まります。慰謝料を請求されたり裁判にかけられてしまう恐れもあるのです。

3. 自分の精神状態が悪化する

想いをぶつけた時の彼の困った表情やうんざりした表情を見ることは辛いはずです。彼の癒しの存在でありたいのに、正反対の存在になっていることはあなた自身をも追い詰めてしまいます。

不倫関係を継続させるために我慢すべきポイントとは?

不倫関係を崩壊させないためには、具体的にどんなことを我慢することが大切なのでしょうか。我慢すべきポイント3つをまとめてみました。

1. 時間を考えず連絡はしない

時間やタイミングを考えずに連絡することは我慢しましょう。彼の妻や家族にバレる原因になります。また、男性があなたを非常識だと感じ、距離を置かれる恐れも高まります。

2. 離婚を迫らない

彼と愛し合っている自信があるからといって、離婚を迫るのはやめましょう。離婚は彼だけの問題ではありません。世間体やタイミングなど慎重に進めなければならないことです。男性の気持ちを信じ、大きな器で待つことが2人の絆を強くさせます。

3. 家庭が優先されることに憤慨しない

不倫の場合、男性から家族の用事を理由にドタキャンされることもあるでしょう。それに対して怒るのはNG。不倫という立場である以上、男性が家族を一番に考えることは当たり前ということを肝に銘じてください。

こんなわがままなら許される!

とはいえ、何もかも我慢すると自分自身が疲れてしまいます。同時に男性からも都合がいい存在として扱われてしまう恐れも。

判断が難しいところですが、男性は本能で女性を喜ばせたい願望を持つ生き物だということも頭に入れておいてください。適度なわがままは男性の欲望を満たしてあげられることを覚えておきましょう。あなたと彼、双方が幸せになれるオススメのわがままを4つ解説します。

1. デート中に甘えたり、寂しさを伝える

一緒にいるときは我慢していた寂しさを素直に伝えて、存分に甘えてください。甘えることで「こんなに自分は愛されていたのか」と男性は改めて気付き、あなたのことを守りたいと思うようになるのです。この気持ちはメールやラインで伝えると重くなってしまいますが、会ったときに伝えることで真の意味が伝わり、効果を発揮することができます。

2. デート中に適度なわがままを言う!

「今日は夜景の見えるレストランに行きたいな」「〇〇が食べたい気分」など、男性が叶えられる範囲でわがままを言ってください。男性は女性の願いを叶えるために奮闘し、喜ぶ顔を見たときに達成感を感じるのです。欲望を満たしてあげましょう。

3. たまには日程も指定する

正月やクリスマス、彼の誕生日当日などに会えないことが多いのが不倫。あなたの誕生日や2人の記念日など、たまには「予定を空けてほしいな」と我慢せずにさり気なく伝えてみてください。男性が「彼女には自分しかいない」と自覚できるきっかけになります。

4. 嫌なことは伝える

いつも我慢ばかりしていると自分がすり減ってしまいます。「これだけはやめて」と感じることがあれば、それは男性側にしっかり意思表示をしましょう。ラインやメールではあなたの本気の想いが届かない可能性があるため、面と向かって言えるようにしてくださいね。都合の良い存在になることも回避できます。

我慢の中に価値を見出すのが不倫の楽しみ方

いかがでしたでしょうか。不倫という特殊な恋愛は、我慢が必要とされる場面が非常に多いものです。だからこそ、たまに訪れる2人だけの甘い時間は普通の恋愛以上の幸せを感じるとも言われています。

「我慢は喜びのためにあるもの」

少し視点を変えて考えてみると案外心がラクになります。思い詰めずに不倫を楽しんでくださいね。