UP

男女の不倫する確率はどれくらい?不倫の起きやすいタイミングとは

不倫や浮気をテーマにしたドラマや映画などが話題になり、メディアでも連日のように芸能人や著名人の不倫スキャンダルを取り上げている今のご時世。不倫の2文字をよく目にしますが、不倫する確率は一体どのくらいあるのでしょうか?

不倫は配偶者以外の異性との性行為がある恋愛関係であり、浮気とはまた別物です。浮気と不倫の線引きがむずかしいところですが、今回は既婚者を対象としたアンケートからパートナー以外の異性と体の関係があった人について調べてみました。

既婚者の男女1100名に不倫経験について大手調査会社が調べたところによると、不倫経験のある人は約200名、不倫経験がない人は約900名というデータが出ています。今回のコラムでは、男女の不倫する確率と、不倫が起きやすいタイミングについて解説していきます。

不倫経験のある男性の確率

さまざまな調査結果を見ていくと、不倫経験のある男性は全体の約30%。過半数以上の既婚男性が不倫をしていないようです。「不倫経験がある」と答えた男性たちのコメントを抜粋すると、以下のような不倫理由が出てきました。

  1. 妻との関係がうまくいっていない
  2. 妻以外に好きな人ができた
  3. 浮気性が直らない

また、年代別でみると20代が最も多く30%を越えています。この背景として、20代の既婚男性は「もっと遊びたい」と思う傾向が強いと考えられます。20代に続いて、お金に余裕がでてきた40代・50代の男性に不倫が多いことも特徴でとして挙げられます。

不倫経験のある女性の確率

男性より割合は減りますが、既婚女性のうち約20%が「不倫経験あり」という結果が出ており、「不倫経験がない」と答えた既婚女性は約80%でした。夫と子どもへの愛があるので不倫は絶対にしないという女性が多いようですが、不倫経験はないけど、不倫に関心がある女性も一定数いるようです。

また、不倫経験がある40代の女性は不倫率が最も高い結果となっています。この理由の背景には、女性の40代は性欲が高まる年齢であることが考えられます。さらにこの年代になると育児が一段落して自分の時間に余裕が出てくる時期となります。それに反して夫は勤先で責任ある地位となり、接待などで帰宅が遅くなり、休日出勤が増える傾向があります。このような夫婦間でのズレが40代既婚女性に不倫が多い理由のひとつといえます。

不倫の起きやすいタイミング

会話する機会が多い相手には好感を感じやすく、不倫に陥りやすいと言いますが、中でも多い事例が同じ職場で恋愛をしてしまうパターン。仕事の悩みや相談をするうちに二人の距離が縮まり、不倫へと発展するケースが多いようです。

関係が始まるきっかけも、一緒に飲みに行ったという声が多いことから、人事異動がある春や年末年始といった飲む機会が多くなる時期が、不倫の始まりやすい時期といえます。また、「刺激が欲しい」「パートナー以外の誰かに注目してもらいたい」など、現実から目を背けたいといった理由から不倫に走るケースもあります。

 

既婚男性では約3割、既婚女性では約2割が不倫を経験しており、不倫に発展するきっかけは職場など身近なところで起きやすいことが分かりました。その他のきっかけとして、現代はSNSで情報交換が気軽にできることもあり、元カレや元カノとの再会が不倫につながる場合も多いようです。ある意味において不倫環境が整っているとも言える世の中だからこそ、夫婦の絆が重視されるのかもしれません。