UP

不倫とお金の関係について。不倫にかかるコストとは?

不倫を楽しんでいるカップルが人知れず悩むこと……。そのひとつに挙げられるのが金銭問題です。家族や友人、仕事先に自分が不倫中であることを悟られないよう、デートや食事、ホテルは必然的に限られてしまいます。

家庭を持つ身でありながら愛人と楽しむためには、それ相応のお金が必要となるのは考えるまでもありません。今回のコラムでは不倫とお金の関係について解説するとともに、不倫にかかるコストをまとめてご紹介します。

不倫にかかるお金について

「不倫は文化」という名言を残した芸能人がいましたが、不倫関係を継続するためには正直な話「お金」が必要です。そして、不倫にかかるお金は年収によって異なるもの。ここでは不倫にかかるお金の内訳を1回あたりのデートを事例に年収別でチェックしてみました。

〈年収400~500万円の場合〉

デート代:3,000円〜
電話代:3,000円前後
ホテル代:5,000〜7,000円
食事代:5,000〜7,000円
プレゼント代:5,000円〜

一般的なサラリーマン年収の不倫は比較的シンプルな逢引パターンが多いようです。仕事後に待ち合わせをして、そのまま居酒屋などで食事、カラオケやダーツバーといった気軽に遊べる場所に立ち寄ってラブホテルへ……。とはいえ、1回のデートで約15,000円は費用として掛かります。

〈年収600~1,000万円の場合〉

デート代:5,000〜10,000円
電話代:3,000円前後
ホテル代:10,000〜20,000円
食事代:10,000〜30,000円
プレゼント代:10,000円〜

年収に少し余裕がある場合、食事やホテルなどのグレードがアップします。食後に立ち寄ったバーで飲みなおしたり、ホテルもラブホテル・ビジネスホテル以上のクラスを選ぶ傾向があります。1回のデートでは約30,000円が費用の目安となるでしょう。

〈年収1,000万円以上の場合〉

デート代:20,000円以上
電話代:5,000円前後
ホテル代: 20,000円以上
食事代: 15,000円以上
プレゼント代:人それぞれ

富裕層クラスの不倫デート費用は上限がありません。人それぞれ金銭感覚が異なるので一概には言えませんが、密会できる馴染みの場所へ行くこともあれば国内外に旅行へ行くことも。中には愛人用のマンションを与え、そこを2人の愛の巣として使う場合もあります。

 

不倫にかかるお金は相手の性格や経済状況によって異なるもの。相手の収入に合わせたデートを考えるのも不倫を続ける上で大切です。

不倫のときはおごり?割り勘?

不倫関係の2人がデートをする場合、毎回気になるのが「おごり」と「割り勘」どちらを選択するべきかという問題。不倫経験のある男女に実直な意見をお聞きしてみました。

「奥さんと子どもがいるし、彼が使えるお金が少ないことは理解しているつもり。彼と一緒にいられることが幸せだから、デートは毎回割り勘にしています」(35歳・女性)

「愛人の彼女とは10歳以上離れているので、年上の男としては彼女に金銭的な負担はかけさせたくない。男のプライドもあるから自分が出してあげたいと思っています。」(47歳・男性)

「私の不倫相手は年下の若い男の子。弟みたいな感じでデートの時はいつも私が全て支払いをしています。私の方が彼よりもお金に余裕があるから、奢ってあげてもいいかなという感じです」(43歳・女性)

上記のコメントでもわかるように、不倫デートでの「おごる」「割り勘」の選択は、2人の立場や金銭事情によって違う傾向があるようです。

不倫でお金を出してくれない男性心理

不倫カップルの中には頑なにお金を出してくれない男性もいます。この「お金を出さない」という行為の裏側にはどのような心理があるのでしょうか。

■ 経済的に余裕がない

1番多いパターンが収入事情です。一般的なサラリーマンが家庭を持つ場合、その多くはお小遣い制が導入され、自由に使えるお金に限りがあります。限りがある中で不倫デートをするため、割り勘にせざるを得ない傾向があるといえるでしょう。

■ 対等な関係を保っていたい

いつも男性がお金を出してしまうと、女性はその状況を当たり前と思い彼に依存してしまいます。お互い働いていて経済的に問題がないのであれば、「対等な関係」でいるために折半で不倫デートをしようという気持ちを持つ男性もいます。

■ 本気で愛していない

不倫関係ではあるけど「縁が切れてもいい」と思っている女性に対して、お金は出さない男性もいます。つまり都合良く肉体関係を楽しめる女であればOKというタイプ。本気で愛していないので繋ぎとめようとする執着心がありません。それが「お金を出さない」という行為に繋がるのです。

 

不倫関係においての金銭問題は、相手に対する本気度も関係します。2人が本気で愛し合っているのであれば、どんな状況でも受け入れてくれるもの。お互いの立場や経済状況を考慮した上で、必要なお金について考えてみるのも良い機会かもしれません。