UP

不倫を楽しめる・糧にできる女性の特徴3つと不倫を楽しむためのルールについて

不倫を始めてから心が折れてしまった……という精神的な負担に悩みを抱えている人は不倫愛でよく聞く話です。でも、不倫愛は身も心も疲れきってしまうくらい辛いものなのでしょうか?

上手に不倫ができる人とできない人の差には、どうやらコツがあるようです。今回のコラムでは、不倫の恋を楽しむためのポイントを紹介するとともに、不倫を楽しめる・糧にできる女性の特徴を解説していきます。

不倫を楽しめる・糧にできる女性の特徴3つ

不倫するタイプには「心が消耗される女性」と「エネルギッシュになる女性」の2パターンがあります。どのようなタイプの女性が不倫に向いているのでしょうか?3つポイントをまとめてみました。

1. 割り切った恋愛ができる女性

不倫に大切なのは2人の関係を冷静に受け止められることです。不倫を上手に楽しむ人は「あくまでも一時の情熱が起こす夢のようなもの」と割り切っています。既婚男性との恋愛はセックスを楽しむ手段と考えた方が余計な心配や妬みもありません。不倫相手の男性に本気になれば泥沼の関係になり、恋愛そのものを楽しめなくなるでしょう。

2. 自立した女性

女性側が自立している不倫は上手くいくパターンが多い傾向にあります。不倫の恋は2人で会う時間が限られており、自分の思い通りにいかないものです。女性側が「かまってちゃん」であると、不倫相手の家族や職場までに影響を及ぼす可能性がありますので注意しましょう。不倫中でも男性に依存せず、趣味や自分磨きなど女としての魅力を上げていくことが大切です。

3. 覚悟を決めた女性

不倫は中途半端な気持ちでは自分だけでなく周りを傷つけてしまうことがあります。家族や友人から反対されることもありますし、甘い気持ちで期待するだけでは不満ばかりが募ります。自分と相手の状況をしっかり理解した上で「不倫をする」と覚悟を決めること。その上で、ほどよい距離感を保ちながら続けることが長く不倫を楽しむ秘訣です。

不倫を楽しむためのルール

不倫を楽しむためには、それなりのルールが存在します。そのなかでも特に意識したいのが「不倫相手のプライベートに深入りしないこと」。多くの男性にとって、不倫は一時的な心の安らぎにすぎません。秘密の恋は燃え上がりますが、歯車が狂えば予想外のトラブルが起きてしまいます。

もし、不倫をしているどちらか片方が相手にどっぷり依存してしまうような状態になってしまった、その場合は恋の終わりを告げるサインです。特に女性の場合、不倫相手の甘い言葉を信じてズルズルと関係を続けてしまう傾向があります。離婚の意思がない不倫相手に体だけ許してしまうという不毛なパターンに陥る可能性があるので注意してください。

上記のような事例がありますので、不倫相手に本気で恋をしたら潔く身を引くことも検討しましょう。その一方で、どのような状況になっても不倫相手の側にいたいという覚悟があるのなら、それもまた選択肢のひとつ。関係を続けるか続けないかは、あなたの判断です。

 

賛否両論はあるものの、割り切った不倫関係の方が恋愛を楽しむことはできます。相手に依存しやすいと自覚している人は十分に気を付けてください。ネガティブなイメージが拭えない不倫ですが、人生における貴重な恋愛経験です。どうすれば楽しい不倫ができるのか?期間限定で楽しめる工夫をするなど自分なりに考えてみてはいかがでしょうか。不倫のルールをしっかり頭に入れてスマートな不倫ライフを送ってくださいね。