UP

「はい」と言わせる!既婚者を上手にデートに誘う3つの方法

相手が既婚者だとしても好きになればその気持ちは誰にも止められません。この人には家族がいるからダメだと分かっていても「デートがしたい」「もっと近づきたい」と気持ちが高ぶれば、たとえ不倫であろうと振り向いてもらう努力をしますよね。

では、どうすれば既婚者とスマートに距離を縮められるのでしょうか?実際、デートに誘っても断られてしまう可能性が高い既婚者へのアプローチはなかなか難しいものです。どのように誘えば相手がOKしてくれるのか、そのような悩みを抱えている人に、彼が思わず「はい!」と言ってしまうデートの誘い方をご紹介します。

既婚者を上手にデートに誘う3つの方法

既婚者にとって妻以外の女性とデートをすることは非常にハイリスクです。それだけに慎重になることはもちろん、最初から予防線を張っている人も少なくありません。そこで重要なのが誘い方です。ここでは既婚者をデートに誘う3つのコツをまとめてみました。

1.デートとは思わせない

既婚者に「デート」を匂わせると、いつも以上にガードをされて誘いに乗ってくれません。ですので、好きという気持ちを見せず、デートだと思わせない言葉や態度で誘いましょう。「尊敬する上司」「仲の良い先輩や友達」このくらいのライトな感覚で意識を持つと◎。ラフな感じで接しながら自然に誘うことが大切です。

2.相手の好みをネタにする

「食事に行きませんか?」と真面目に誘うと、断られてしまう可能性が大いにあります。彼がグルメであれば、「新しくオープンしたお店、ワインの種類がたくさんあるみたいです。ワイン詳しいですよね?ちょっと行ってみません?」「最近話題のお店がこの近くにあるみたいです。一杯だけ軽く行ってみません?」と、フランクに誘えば乗ってくれるはず。あくまでも「彼」ではなく「美味しいお店に行きたい」が目的だと相手に認識させましょう。また、スポーツ観戦や観劇など彼の趣味に合わせて誘うのも効果が期待できます。そのためにも彼の好きなことを前もってしっかりリサーチしておきましょう。

3.相談に乗ってもらう

「相談がある」と誘えば、大概の男性は「自分に頼ってくれて嬉しい」と思うはず。仕事や人間関係、恋愛でいい相手になかなか出逢えないなど、プライベートな相談でまず様子をみてください。その後は食事やお茶、飲みデートへと進展させていきましょう。「何とかしてあげたい!」と彼の心を掴めば2人の距離もグッと縮まるはずです。

不倫関係に進展させたいときに気をつけたいデート当日のポイント

デートの誘いに成功したら、さらにその先へ……と、思いが募るはず。その願いを叶えるために気をつけたいデート当日のポイントです。まず、既婚者を相手とするデートの基本は時間と場所には細心の注意を払うこと。相手の負担にならない時間帯を選び、誰にも会わない・見られない場所を選びましょう。この対応が「ちゃんと配慮ができる女性」と認識され、あなたを見る目が変わるチャンスになるかもしれません。また、決して前のめりでガツガツしないことも大切です。ほどよい距離感を保ちながら関係を深めていきましょう。

ファーストデートができれば、相手の警戒心もある程度は解れるはずです。そうなれば2回目のデートにも誘いやすくなるというもの。下手に考えすぎず、軽い気持ちで声をかけてみてくださいね。