UP

不倫相手にめんどくさいと思われがちな女性の特徴3つと改善する方法

本格的に不倫関係が始まると「絶対に彼を独占したい」「いつも一緒にいてほしい」という気持ちが高まり、自己中心的な発言や行動をとってしまう女性がいます。

2人の関係値によってその感覚は異なりますが、大抵の不倫相手は自分の家庭が第一であり、自己中心的で面倒くさい女性は距離を置かれてしまいます。では、不倫相手にそう思われないためにはどうすればよいのでしょうか。

今回のコラムでは、不倫相手から面倒だと思われがちな女性の特徴と改善する方法についてお伝えします。

不倫相手にめんどうくさいと思われがちな女性の特徴3つ

まずは不倫相手に面倒だと思われてしまう女性の特徴を3つお伝えします。

1.不倫相手を束縛する

家庭を持っている不倫相手には、自分の中に絶対的な優先順位が存在します。不倫が怪しまれないようにするためという理由もありますが、妻や子どもの病気などやむを得ない事情で約束をキャンセルしたり、なかなか連絡がつかないということも常日頃からあるものです。業を煮やして「私と家庭とどっちが大事なの!?」「もっと私のことも考えて!」と自分中心の言葉を浴びせてしまえば、不倫相手も束縛を感じるようになってしまい、あなたから離れてしまう可能性も……。

2.ネガティブ発言で自分を否定する

不倫相手を束縛するわけではないのですが、「どうせ私なんて誰も大事にしてくれない」と卑屈になるのがこのタイプ。ネガティブな発言をデート中に繰り返すなど、とにかく自分を否定してしまいます。このようなやり取りにどう対応すべきか分からず途方に暮れる男性も多くいるようです。

3.不倫相手を脅迫する

気に入らないことがあると不倫相手に対して脅しをかけてくるタイプがこちら。「奥さんに不倫ばらしちゃうけど、いいの?」などと、不倫相手の弱みを握って脅迫してくるタイプです。感情の起伏が激しくヒステリックな性格に多いとされますので、心当たりのある女性は自分の言動に注意をしましょう。

どうすれば「めんどうくさい女」を脱却できるのか

「めんどうくさい女」にならないためにはどうすればよいのでしょうか。今日からできる対策法を3つまとめてみました。

1.不倫相手は自分の思い通りにならないものと自覚する

あなたと一緒にいる時にドキドキするような言葉を囁き愛してくれたとしても、結局のところ不倫相手は自分の家庭が第一です。ドタキャンや連絡放置は自分の家庭を優先していれば自然に発生してしまうものであり、そこに対して文句を言ったところで喧嘩になるだけです。自分は不倫相手にとって2番目の存在であること、そして自分の思い通りにならないことを自覚しましょう。

2.夢中になれる趣味を見つける

不倫からかけ離れたところで夢中になれる趣味があれば、自分の気持ちにゆとりができます。たとえ不倫相手が思い通りに行動してくれなかったとしても、そこまで気にならなくなりますので、広い視野を持って楽しいことを発掘してみましょう。不倫相手に気持ちを集中させないことで大人の対応ができるようになります。

3.不倫相手以外の恋人候補を見つけておく

不倫相手にとってあなたは、あくまでも2番目の存在です。そう認識した上で取るべき行動は次の恋人候補を見つけておくこと。既婚者以外の恋人候補を早い段階から決めておくことで、恋愛の視野も広がります。報われない不倫の恋を相談する相手でもよし、告白されたのでとりあえずキープしておくもよし。不倫相手1人に気持ちが集中しないよう他に目を向けて心のバランスを整えてください。

 

繰り返しとなりますが、不倫相手の一番はあくまでも自分の家庭です。妻や子どもが最優先であり、あなたは2番目の存在です。不倫相手が自分の思い通りにならないと嘆くのではなく、2番目と自覚をした上で新しい趣味や次の恋人候補を発見していくことが大事なのです。これまで不倫相手に依存していた人は、とくに意識してみてください。面倒な女になっていたと自覚症状がある人は、ぜひこれを機に気持ちを入れ替えてみてはいかがでしょうか。