UP

【独身女性向け】デートに誘ってくる既婚男性の心理と対処法について

不倫の流れにもさまざまなパターンがあります。その中でも多いとされるのが、既婚男性が独身女性をデートに誘うケース。恋愛に消極的な独身男性が多いと言われる現代で、積極的にアプローチするのは、意外にも既婚者が多いという話を聞くこともあります。

とはいえ、既婚男性から突然アプローチされると、独身女性はどう対応していいものか戸惑ってしまいますよね。友人感覚の軽い気持ちなのか?本気の不倫関係を求めているのか?相手の心理を考えてしまいます。気になる男性であれば、なおさらその本心を知りたいと思うのではないでしょうか。

今回のコラムでは、既婚男性がデートに誘う心理を紹介するとともに、独身女性の取るべき対処法を解説していきます。

結婚しているのにデートに誘ってくる既婚男性の心理

まず、既婚者でありながらデートに誘ってくる男性の心理を覗いてみましょう。

1. じっくり2人きりで話をしたいだけ

とくに深い感情はなく、悩み相談など気になることや知りたいことがあるため、2人だけでじっくりと話がしたいと思っているパターンがこちら。周りに人がいれば落ち着いてゆっくり話せないという理由から、喫茶店やカフェで話をしたいという理由が多いようです。職場の上司や同僚の既婚男性が誘うケースが多く、デートとまでは断定しない状態です。一度ではなく、度々誘いがあれば下心があるかもしれません。

2. 妻でない女性とデートをして恋人気分を味わいたい

単純に奥さん以外の独身女性とウキウキした恋人気分を楽しみたい男性も多くいます。結婚生活が長くなれば夫婦関係もマンネリ化してしまうのは当然のこと。遊んでいた頃を懐かしく思い、独身女性とキュンキュンしたいという願望からデートに誘います。この手の男性は、「あなた」だからデートしたいという訳でなく、好みの女性なら誰でもOKと考える傾向があります。

3. 完全に下心がある

下心から、あわよくば体の関係に、とデートに誘うパターン。男性としての本能に忠実なタイプが多く、「いいな!」と目を付けた女性がいれば不倫やセフレなどの関係に持ち込みたいと思っています。既婚男性が「スタイルいいね」「キレイだね」など、外見を褒めてきたり飲みに行こうと積極的に誘ってきたら、下心がある可能性が高いです。

独身女性の取るべき対処法とは?

さまざまな思惑がある既婚男性からのデート。実際に誘われたら女性側はどう対処すべきなのでしょうか。デートの誘いを断る場合と応じる場合の2パターンに分けて解説します。

1. デートの誘いを断る場合

一般的な断り方は、まずお礼から。「ありがとうございます」と一言添えてから「〇〇さんたちも誘っていいですか?」と他人の名前を出してみましょう。下心がある相手なら「この女は脈なしか!」と察してくれるはず。それでも、しつこく誘ってくる場合は「大切な時間は奥様やお子さまと過ごしください。」と家族をネタにして断ると効果的です。

2. デートの誘いに応じる場合

・夜のデートは避ける

気になる男性からのお誘いに「食事だけなら……」と考えている場合は、夜のデートを避けて昼間に約束してもらうようにしましょう。夜デートはお酒を飲む流れになりやすいため、リラックスして気が緩みやすくなります。本格的な不倫に走ってしまう可能性もありますので、まずは日中デートから始めると安心です。

・社会勉強の一環で応じる

相手が既婚男性だからといって、2人きりで会うことが必ずしも悪いとは言い切れません。世の中にはさまざまな価値観を持つ人がいます。人間関係の幅を広げれば、よりよい経験が得られることもあります。

デートの誘いを受けるなら他人に知られてもまずくない状況であるよう注意しましょう。不倫関係に発展しそうと感じたら断ることをオススメしますが、関係を続けたいのであれば覚悟を持って誘いを受けてください。

 

既婚男性とのデートは基本的に断るのが無難だと言われています。実際にデートをして「問題なかったし、楽しかった」と感じたとしても曖昧な関係を続けると本格的な不倫に発展しかねませんので気をつけましょう。大人の女性としての冷静な対処が大切です。