UP

【恋愛・不倫】タロット占いの悪魔のカードは欲望を意味する!?

女性に人気のタロット占いを受けたら「悪魔のカード」が出てきてしまった……。

カードの意味はわからないけど、その絵柄や雰囲気、そして何よりも「悪魔」という存在が自分に向けて提示されてしまったという事実から、不安を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

たしかにタロットに提示される「悪魔のカード」は一般的な見解としてもネガティブな意味合いで取られるカードです。しかし、視点を変えればネガティブなカードは現状の課題を示してくれているお助けカードとも考えられます。今回のコラムではタロット占いに登場する「悪魔のカード」が持つ意味についてお届けします。

悪魔のカードは抑えられない欲望を表す

悪魔のカードは、恐ろしいものに対する恐怖を意味します。その恐怖の対象とは、金銭といったモノをはじめ、相手や自分への疑いの心など実にさまざま。例えば、「もっといい人がいるのでは?」という疑心も当てはまります。このような内に秘めた恐怖が欲望として抑えきれなくなるとタロットカードに出てくる傾向があると言われているのです。既婚者を占った際にタロットカードで悪魔カードが出た場合、「金銭目当ての結婚」「浮気の疑い」などを表します。

正位置の場合は浮気されている可能性が

タロット占いで悪魔カードが通常の正位置として出た場合、主に以下のような意味があります。

1. 束縛

最もポピュラーなタロットカードといえば「ライダー・ウェイト系タロット」。こちらの悪魔カードには首輪につながれた男女が描かれており、この首輪はまさに束縛の象徴です。恐怖のシンボルである悪魔からは逃れられないことを示しています。

2. 浅はか

カードを見るとわかりますが、悪魔が座る地面から突き出た「台座」は物事の一部しか見えていないことを示しており、本質を見抜くことや客観的な思考が欠けていることの表れです。もし、浮気や不倫の疑いがあるならば、感情に任せず十分な証拠を集めた上で冷静に判断していきましょう。

3. 欲望

悪魔カードに描かれた悪魔の頭上を見ると、逆五芒星が示されています。そもそも五芒星は人の五体である頭・右手・左手・右足・左足を表すものです。しかしタロットの悪魔カードにある五芒星は逆位置であることから生殖器の位置を指し示しています。つまり快楽や肉体的欲望に走りがちになることを表しているというわけです。

タロット占いにおいて正位置の悪魔が出たら、すでにその欲望が強く表面上に出ている状態と受け止めましょう。パートナーの浮気を疑う必要性があり、現在の結婚生活に対する転機になるかもしれません。とはいえ、悪魔カードに提示された情報はあくまでもヒントであり、そこからどう考え動くかが重要なポイント。カードに出た答えに落ち込んでいる場合ではありません。悪魔カードから得られるヒントを上手に利用して解決の糸口を見つけていきましょう。

逆位置の場合は我に返っている状態

タロット占いで逆位置が出た場合、そのカードが持つ意味合いが弱まっていることを示します。つまりタロットで悪魔カードの逆位置が出たら悪魔が意味する力が弱まっているという証拠。浮気や不倫を疑われているパートナーも我に返っている可能性が高いと言えます。「友達の旦那が浮気して慰謝料問題でヤバイらしいよ」など、浮気で離婚する際のリスクを話題にして釘をさしておけば、浮気や不倫から離れる可能性もあります。

 

タロット占いは絶対的なものではないため、もちろん当たり外れはあります。しかし78枚ものカードがある中から偶然にも1枚しかない悪魔のカードが引かれたことは何らかの意味があるはず。タロット占いなんて……と思わず、自分が手にした運命の1枚を課題と受け止め動いていくことが大切です。カードに込められた意味を知ることで、新しい解決方法を見出していきましょう。