UP

LINEの非表示は浮気の可能性大!?LINEで見破る浮気の可能性について

私たちの日常に根付いたスマホアプリの中でも、とりわけ使用頻度が高いツールといえば「LINE」。プライベートだけでなく、仕事や学校関係、趣味を通じたコミュニティ、学生時代の仲間たち、ママ友グループなど、さまざまな交友関係に使われ、今や大切なコミュニケーションツールとして活用されています。そしてまた恋愛も然り。LINEは好きな人と連絡を取る手段であり、浮気や不倫をしているカップルも当然の如くLINEで愛を語ります。

「自分の夫(彼氏)が不倫(浮気)をしているかもしれない」

このような疑いを抱いたとき、LINEから不倫や浮気を見破ることができるのでしょうか。今回のコラムでは、浮気の可能性を「大」「中」「小」の3レベルに振り分けて解説するとともに、不倫・浮気をしている人がそのことを隠すために使っているLINEのテクニックをご紹介します。

浮気の可能性「大」のケース

不倫・浮気をしている多くの場合、その証拠がLINEの中にあるはずです。こっそりパートナーの携帯を盗み見たとき、知らない女性とのイチャイチャ写真を発見したり、いつもとは違う絵文字やスタンプを乱用していたら要注意。さらに、以下のようなキーワードが含まれた会話は、浮気や不倫相手とのやり取りである可能性があります。

  • 「もっと会いたい」「大好き♡」など好意的な言葉
  • 「またホテル行こうね」「キスして〜」「興奮する」など肉体関係を示唆する言葉
  • 「奥さん何してるの?」「今ひとり?」など家族を気にする言葉

トーク内容を確認する際に気を付けたいのが未読であったとき。「機内モード」に設定すると未読のまま読むことができます。LINEのトーク履歴から浮気や不倫の足跡を発見したら「トーク履歴を送信する」で内容を送信、さらにパートナーの携帯全体を入れた写メを撮影し、必ず「パートナーの携帯で浮気や不倫のやり取りがあった」という証拠を押さえましょう。

浮気の可能性「中」のケース

決定的な証拠はないけど何か怪しい……。このような疑いに発展する背景で最も多いパターンが、LINEの機能や設定を最大限に活用しているケースです。以下の設定や機能をガッツリ使用している場合は、LINEだけでなく普段の行動や態度も監視した方が良いかもしれません。

  • LINEをパスワードロックしている
  • 友達を非表示にしている
  • のぞき見防止アプリを使っている
  • 過去履歴のトークに違和感がある
  • スタンプの好みが突然変わった

上記に加え、不倫や浮気をしている場合は相手の名前も変更しています。怪しいと思われる「友達」がいたら、プロフィールをタッチしてみましょう。本来のアカウント名が表示されますので、ぜひ試してみてください。

浮気の可能性「低」のケース

不倫や浮気をしていない人は、そもそもスマホに執着しません。パートナーの横でスマホを見ていることが多い、トイレやお風呂など少し離れるくらいならソファやテーブルの上に置きっ放し、スマホから動画や画像を見せてくれる、スマホを貸すことに抵抗がない、このようにスマホを見られることに対して警戒心がない人は「不倫や浮気の可能性は低い」と判断できるでしょう。

浮気中の人が実践している証拠の隠し方を知っておこう

不倫や浮気をしている人は、どのような方法で証拠を隠すのでしょうか。実際に使われている証拠の隠し方についてアンケートをご紹介するとともに、浮気を見破る方法をチェックしましょう。

■ 浮気相手のLINEを通知オフにする

「LINEが来た時に出るポップアップが表示されないよう、通知オフにしています。浮気相手の彼だけを通知オフすると夫に怪しまれそうなので、全員通知オフにして誤魔化しています。」(37歳・女性)

単純に通知オフとなっている相手を特定するだけであれば、トーク一覧で名前の横にあるメガホンマークLINEに斜線が入って入れば通知オフされている証拠です。全員に対してオフしている場合は、「LINEの通知オフってどうやるの?それって便利なの?」と探りを入れてみましょう。

■ 浮気相手を非表示にする

「トイレや風呂の時、妻に携帯を見られても怪しまれないよう、浮気相手とメッセージのやり取りが終わったら必ず彼女のアカウントを非表示にしています。面倒ですが、少しでもリスクを減らしたいので……」(43歳・男性)

アカウントの非表示を見破る方法は、LINEの「友だち」を開き、左上の歯車マークをタップします。設定画面が出ますので、「友だち」をタップし、「非表示リスト」を選ぶと非表示対象アカウントが確認できます。

■ 浮気相手の名前を変更する

「お互いにパートナーがいるW不倫中です。絶対にバレちゃいけない関係なので、表示される名前は変えています。やり取りの会話も、恋人に見えないように『お疲れ様です』と仕事相手っぽい感じで送ります」(44歳・女性)

名前表示の変更は浮気や不倫がバレにくく有効とされますが、前述で記したとおりプロフィールの名前部分をタップすると、本来登録されている名前が閲覧できます。ただし本気で隠している場合は、登録名も性別の判断がつきにくいニックネームを使用しているケースもあります。トーク頻度が高い友だちは日頃からチェックしておきましょう。

 

不倫や浮気の兆候を感じたとき、「パートナーのLINEをチェックする」という行為は1番身近な証拠探しです。万が一2人のツーショット写真や愛の囁きを発見しても絶対に取り乱さないこと。そのためにも、自分が次に取る行動をしっかり考えておいてください。不倫・浮気をしている側も同様です。「絶対にバレない」という保証はどこにもありません。パートナーに知られたら、自分はどうするのか?ぜひ、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。