UP

夫の不倫発覚から関係の再構築までのエピソードまとめ

穏やかで幸せな結婚生活を送っていたはずなのに、夫の不倫が発覚したあの日を境に夫婦関係が崩れてしまった……。

愛していたからこそショックが大きい不倫問題。そのまま夫婦関係を続けようとしても、冷静に気持ちを落ち着かせて元の関係に戻そうとすることは非常に困難だと言われており、家庭内別居や離婚を考える夫婦も少なくありません。しかし、ほんの僅かでも「やり直したい」と考えているとしたら。どのようにして関係を再構築していけばよいのでしょうか。今回のコラムでは、夫の不倫が発覚してから夫婦関係を修復したエピソードをご紹介します。

不倫発覚からの関係再構築エピソード①

「旦那の不倫が発覚した時は、もうパニックでした。どうしたらよいのか分からなくて、ただ涙が出る毎日で。旦那はやり直したいと謝ってくれましたが、どうしても許せなくて悔しかったです。もう離婚しかない!と思っていましたが、そんな矢先、旦那の転勤が決まりまして。その時は旦那の顔を見たくなくて単身赴任をしてもらいましたが、反対にコレが良かったみたいです。最初は一緒に暮らさないことに喜んでいましたが、自分の気持ちが整理できると私も悪かったなと素直に認めることができるようになったんです。今は旦那が赴任先から帰ってきた時は一緒に過ごすことが増えて以前より会話を楽しめるようになりました。不倫されたと思い出すこともあるけど、少しずつ関係を修復していこうと考えています。」(35歳 / パート)

不倫発覚からの関係再構築エピソード②

「長い交際期間を経て結婚をしたので、良くも悪くも波風のない毎日を送っていました。この先もずっと変わらずに続くと思っていたのに、彼の不倫が発覚してからは事態が一転。今までの平和な毎日は消え、ジェットコースターのような感情で精神が不安定になりました。どうして不倫したの!?と彼を問い詰めたら、彼の答えは『変化のない毎日に飽きたから刺激を求めて不倫をした』でした。彼の不倫をきっかけに、お互いが空気のような存在になっていたと気付かされ、今までのことやこれからのこと、2人の考え方について、とことん話し合い、そこからお互いを想う気持ちを再認識しました。これから生まれてくる子どもを悲しませないためにも3人で力を合わせていこうと思います。」(28歳 / 主婦)

不倫発覚からの関係再構築エピソード③

「子どもが6歳と3歳で一番大変だった時期に夫が不倫をしました。育児で子どもに振り回される日々でしたが、夫も家事や子育てに協力的で、私たち夫婦は上手くやっていると思っていたから本当に裏切られた気分でしたね。最初は冗談かと思っていましたが、夫が不倫相手を連れてきて話し合いをした時、『彼にとって奥さんは共同生活者だと言っていました。私、彼を本当に愛しているので別れてください。』と言われてしまい。もう情けなくて悲しくて。ただ、悔しいことに子育てが忙しくて夫を後回しにしていたことは事実だし、セックスレスでもありました。不倫相手の女に言われたことを挽回するために、夫の気持ちを取り戻すために、とにかく2人の時間をつくりました。実家の両親にも協力してもらい、夫の話を聞くようにして……。どちらか一方ではなく夫婦で歩み寄る努力をして、少しずつ信頼を取り戻したことが大きかったと思います。再構築ができた今では、不倫前よりも仲良くなり、休日はデートをするようになりました。」(36歳・事務職)

 

夫の不倫が発覚して頭が真っ白になると「離婚」の二文字が頭をよぎり、感情だけが先走ってしまいます。しかし、夫に対する気持ちや家族の未来を考えると踏み切れないのも事実です。不倫をした夫が誠心誠意で謝罪をしてくれるのなら、許すことで夫婦関係の再構築に繋がると考えられないでしょうか。不倫をされた側の傷がすぐに癒えるとは言い切れませんが、一歩ずつ前進をすれば必ず幸せな家庭を実現できるはずです。諦めないでポジティブな想いで夫婦の仲を深めてくださいね。