UP

W不倫は別れ方に注意!不幸にならないための綺麗な終わらせ方について

軽い気持ちではじめた不倫が実はW不倫だった。

「いけないことだとわかっているのに…」と罪悪感を持ちながらも、やめることができぬまま…。不倫にもさまざまなパターンがありますが、どちらか一方にパートナーがいるときに背負うリスクよりも、両方にパートナーがいるW不倫のほうが、お互いが背負うリスクが高くなる可能性があります。そのぶん慎重に関係を築きながら付き合うわけですが、何かしらの形で一度トラブルが起これば取り返しのつかないようなことに…。想像以上に面倒なことが発生するという大きなリスクと隣り合わせだということを意識し、常に危機感を持って行動しなければなりません。

だからこそ問題が起こる前に、どこかでW不倫を終わらせたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、後腐れなく上手に別れること。お互いが自分の家庭にスムーズに戻ることで、自分を含めまわりへのダメージも軽減できます。今回のコラムではW不倫をキレイに別れるノウハウを紹介します。

 

W不倫を終わらせるベストタイミング

普通のカップルであっても、別れるタイミングを一歩間違えると大変なトラブルを招いてしまうことがあります。どちらかが別れたくなかったり、まだ未練が残っていたりすると、関係を終わらせること自体が難しくなる、なんてことも。それほどまでに、関係を終わらせるタイミングというのは、とても大切です。さらにW不倫となれば、どちらにもパートナーがいる関係性であるため、終わらせるタイミングがより複雑になります。けれども、いつまでたっても終わらない関係性に疲れてしまったり、お互いのパートナーやまわりの人、会社などにバレてしまうリスクばかりを考えてしまうのであれば、これは不倫を終わらせるべきタイミングのひとつです。さっそく具体的にW不倫を終わらせるタイミング例を見ていきましょう!

バレてしまったときのことを考える

不倫関係を始めたばかりの時は、トキメキやドキドキ感に懐かしさを感じたり、スリルを味わえて楽しいと思うかもしれません。でも、お互いのパートナーにバレた時のことを考えてみましょう。失うモノが多く、2人にとって良い結果を招きません。最悪、多額の慰謝料を請求される、なんてことも。どちらかに子どもがいる場合は、そのリスクはさらに大きくなります。

先がない関係であることを確認する

W不倫の関係は終わりが見えません。ある意味都合の良い相手であり、極端な話、そばにいれば愛おしいけれど家族ではない。それ以上でもそれ以下でもない相手であるため、関係を終わらせる必要性が低く、このままでいいならそれが1番…と認識される存在です。けれども、このまま不倫相手との関係を続けていても、先はありません。むしろマイナスのほうが多いと認識しましょう。

相手の態度が変わった

W不倫は普通の恋人関係ではないため、毎日連絡を取り合うことや頻繁に会う機会があまりありません。その中で、だんだんと一方の気持ちが薄れていくことも…。相手の態度や言動が許せなかったり冷たく感じたら、それ以上続けていく関係性ではありません。

相手に本気になりはじめた

平和に不倫関係を続けるのであれば、基本的な優先順位は自分の家庭です。それなのに、W不倫の相手に本気になり、その人の優先順位が高くなると、家庭にも支障がでます。本気になり過ぎた故にパートナーに怪しまれるきっかけを与えてしまうなんてことも。そうなる前に、別れを検討する必要があります。

その他大きなリスクについて認識する

多くの不倫カップルは体の関係があります。「不倫相手の子を妊娠してしまったらどうする?」など、最悪のケースや背負うリスクをしっかり考え、終わらせることがベストです。

関係を上手に終わらせるためには

恋愛は、始めることよりも終わらせるほうが難しいものです。そして、別れるときは後腐れなく、なるべく綺麗に、誰にも知られることなくこっそりと終わらせたいもの。W不倫においては、とくにそうです。そこで、どうすれば上手に別れられるのかをまとめてみました。

お互いのリスクや将来について真剣に話し合う

お互いが今のパートナーと別れて一緒になるという強い覚悟がないのであれば、バレた時のリスクや2人の未来はないということを真剣に話し合い、ピリオドを打ちましょう。
お互いの認識を確認し合えば、別れはスムーズに進められるはずです。

別れを匂わせフェードアウトしていく

いきなり別れを切り出すと、相手が逆上して不倫関係をリークされたり、ストーカーになる可能性があります。そのような事態を避けるためにも、会う頻度や連絡の回数を徐々に減らしましょう。「家庭の用事が忙しい」と家族と上手くやっていることをやんわり伝えながら、別れを匂わせてフェードアウトしていくのがおすすめです。

別れた後に気をつけるべきこと

たとえW不倫であっても、普通の恋愛と同じで別れは辛いものです。障害のある恋だからこそ、大きな喪失感も感じることでしょう。そんなときは、あらためて自分のパートナーや家庭、そして自分自身と向き合ってみてください。寂しさがどうしても消えない時は、とにかく外に出て動くことです。

  • 新しい趣味を見つける
  • 家族旅行に出掛けてみる
  • 友達と遊んでみる

上記のように、別れた相手のことを考える時間を作らないことがポイントです。

 

先の見えないW不倫を終わらせるには、別れるタイミングが重要です。「自分がなぜ不倫をしているのか」「今の関係はお互いにとって本当に幸せなのか」、自分と相手の未来をしっかり考えた上で最善の選択をしてください。