UP

独身バツイチ女性が不倫にハマる3つの理由

昔に比べて離婚率が高くなった現代の社会。「バツイチ」という言葉にネガティブなイメージが薄れているのを感じる方も多いのではないでしょうか。離婚をオープンにする、バツイチから再婚する、このようなケースも今日では珍しくありません。そんな独身バツイチ女性がハマってしまう相手が既婚男性。今回のコラムでは、なぜ独身バツイチ女性が既婚男性との不倫にハマるのか、その理由について解説します。

理由1:男性からのオファーが多くなるから

「バツイチになった途端に言い寄ってくる男性が多くなった」これは独身バツイチ女性に見られるひとつの特徴ですが、このお相手には既婚男性も含まれています。離婚経験のある独身女性が男性を惹きつける理由について20代後半〜30代既婚男性のリアルな声をまとめてみました。

「結婚から離婚までを経験した元既婚者の色気を感じる」
「バツイチ女性は、ある意味において花嫁修業ができている」
「恋愛には妥協も必要であると分かっている」
「結婚の大変さをよく理解している」
「既婚経験がある者同士しかわからない共感できる部分がある」
「恋愛にガツガツしていない、大人な対応」
「家族を知っているから深く入り込んでこない」
「結婚はしばらくいいと思っているはず。結婚に焦りがなくていい」

既婚男性にとって、再婚願望が弱い、または再婚に臆病になっていることが多いバツイチ女性は恋愛を楽しむのに最適な相手といえるようです。

理由2:結婚は考えてないが、恋愛はしたい

離婚を経験すると「結婚は当分したくない」と考える女性も多くいます。しかし一方で「一生独身のままで生きていくのは寂しすぎる」と感じ、「結婚はないけど刺激的な恋愛はしたい」という考えに行き着く女性も少なくありません。つまり結婚抜きで恋人止まりの恋愛をしたいと考えた場合、そのニーズに当てはまるのが既婚男性というわけです。自分と相手の利害が一致しやすい関係が不倫につながる理由と考えられます。

理由3:家事や育児ばかりで癒しが欲しい

子どもがいるバツイチ女性の場合、日中は生活費を稼ぐために働き、家に帰れば家事と育児が待っている、そのような生活が常です。それまで夫と分担してきたのに離婚と同時に一気に自分ひとりの負担となるため想像以上のストレスを抱え込んでしまいます。そのような子持ちのバツイチ女性にとって包容力のある既婚男性は甘えてしまう対象です。心の奥底で求めていた想いが、いつの間にか不倫になっていたというケースも多いようです。

独身バツイチ女性が不倫をする時の注意点

離婚後のストレスから男性に癒しを求めてしまう独身バツイチ女性は、日頃の不満や悩みを聞いてもらえる既婚男性と不倫に落ちやすい傾向があります。ですが、理由はどうあれ妻子ある男性を好きになるという事実はいうまでもなく「不倫」です。

今後を考えると、不倫の代償が大きくなる前に別れるのが賢明ですが、それでも不倫を続けるのであれば、家事や育児を疎かにせず、相手の家族にはもちろん、周りの人にバレない配慮が必要です。そして不倫の多くは「終わる恋」であることを肝に銘じておきましょう。その上で、心の拠り所となるステキな男性との関係が平穏に続くように行動してください。

 

既婚男性との恋愛はリスクが伴うものです。その危険性を承知の上で関係を続けたいのであれば、不倫にのめり込みすぎないこと。今が幸せだと感じるなら、その幸せを壊さないよう大切にしてくださいね。