UP

不倫を長続きさせたいなら!絶対に守るべきルール3選

不倫をする女性たちの多くが心に抱くのは「2人の関係を長く続けていきたい」という切実な想い。どちらか、またはお互いが既婚という状態にある不倫は、危険と知りながらも未知のロマンとスリルにハマってしまう人も少なくありません。しかし、ひときわ燃え上がる関係である一方、ちょっとした歪みで崩れやすいという特徴を持つのも事実です。

そこで注目したいのが、不倫を長続きさせるルール。今回のコラムでは、不倫の恋をしている方に向けて「守るべきルール」について紹介します。

なぜ不倫にルールは必要なのか

不倫をしている方にもいろいろな考えがあると思いますが、「世間に認められなくても関係ない!」と強い気持ちで不倫を続けている人もいます。ですが、個人の感情だけで不倫を続ければ不倫相手をはじめ、不倫相手の家族や自分の家族など誰かしらを傷つける可能性があります。だからこそルールを決めることで、2人の関係がバレる確率を下げ、ルールがあると認識することでメリハリのあるお付き合いができるのです。

この不倫にまつわるルールは2人の関係を縛るためではありません。不倫カップルが守るべきルールは、現在の関係を長続きさせるためのもの。決して世間に認められる行為ではありませんが、それでもルールを決めて守ることでトラブルを防ぐ効果が期待できます。

守るべきルール3選

不倫関係を長続きさせるためには、基本となるルールがいくつかあります。不倫している方に守っていただきたい基本ルールをまずはチェックしていきましょう。

1. 家庭を壊さない

自分はもちろん、相手が既婚者であるときに注意していただきたいのが、家庭を絶対に壊さないこと。とりわけ既婚者とお付き合いをしている女性の中には、不倫相手の奥さんに2人の関係をアピールしたいと考える人もいます。そのような不倫相手の家庭を壊す言動は、自ら不倫をバラしているようなものです。バレた瞬間、大問題に発展する可能性があり、多くの不倫カップルがこの問題で2人の関係を清算しています。

2. 不倫関係は2人の絶対的な秘密にする

多くの時間を一緒に過ごせない不倫は、通常の恋愛に比べて寂しさや不安が募りやすくなります。そのような精神状態である場合、多くの女性は不倫の悩みを友人に打ち明けてしまう傾向があります。相談する相手が心から信頼できる人であったとしても、誰かに話せば必ずどこからか情報が漏れます。つまり、不倫について誰かに話した時点で「絶対的な秘密」にはならないのです。また、世の中における不倫否定派が圧倒的に多いことから、友人に話したところで不倫を理解してくれない可能性もあります。絶対に誰にも言わない2人だけの秘密を徹底してください。

3. 自分の中で不倫の期限をつくる

不倫をしていると、良くも悪くも関係が長く続いてしまうことがあります。いま現在、本気で不倫をしているなら、少し冷静に自分と不倫相手の状況を考えてみましょう。人によっては将来があると考える方もいるかと思いますが、多くの人が感じ取るのは「不倫=未来がない」という想い。だからこそ、自分の中で不倫をする期限を決めてみてください。不倫相手の言葉をいつまでも信じていても、何も変わりません。言葉だけで何も行動に起さない男性なら尚更です。不倫ではない新しい恋のチャンスを見逃さないよう、上手に気持ちをコントロールしながら不倫するくらいの余裕を持つと、不倫に対して冷静に考えられますのでおすすめです。

 

不倫を長く続けるためには基本ルールを守ることが大切です。そしてこの不倫ルールは2人の関係に制限をかけるものではなく、お互いを守るためのものでもあります。ルールをきちんと守った上で不倫相手との恋を楽しんでくださいね。