UP

【2019年版】リスクを抑えたい不倫旅行に人気の4スポット

不倫相手と旅行を考えているけど周りにバレたらどうしよう……。リスクの高い恋愛といわれる不倫ですが、周囲の目を気にして毎回似たような場所でデートをしていると、たまには羽を伸ばして遠出したいと思うもの。ですが、不倫相手と旅行している現場を知り合いに見つかるような状況は絶対に避けたいと考えるのは言うまでもありません。今回のコラムでは、不倫旅行に最適な場所について、おすすめのスポットをカテゴリ別でお伝えします。

【宿泊/日帰り】おすすめスポット1:温泉地

メジャーではないけど、ほどよく知名度のある温泉地は人も混まず、プライベート感を満喫できる旅の候補の1つ。「友人や同僚と旅行に行くから」と伝えれば不倫相手と2人で旅行しても怪しまれにくくなるはずです。万全を期するなら、住んでいる地域から遠方の地を選べればベスト。例えば東京近郊に在住している場合、以下3つの温泉地がおすすめです。

■ 越後湯沢(新潟県)

越後湯沢は新潟県内でも有数の温泉地。新幹線なら東京駅から約1時間半で到着するため、関東近郊からたくさんの人が訪れます。周辺にはスキー場が多数あるため、冬の湯沢にばかり目がいきがちですが、夏も素晴らしい緑が楽しめます。また、新潟は有名な日本酒の宝庫。越後湯沢には「ぽんしゅ館」と呼ばれる日本酒飲み比べができる施設がありますので、日本酒好きなカップルにはたまらない観光地でしょう。日帰りでも十分に楽しめる場所です。

■ 佐渡島(新潟県)

新潟県西部に位置する佐渡島は、世界地図でもはっきり描かれるほどの大きさを持つ島で、日本の中では択捉島、国後島、沖縄に次いで第4位の大きさを誇ります。新潟港からジェットフォイルもしくはカーフェリーで向かうため、遠方の旅気分を味わえるのも魅力のひとつ。この佐渡島は、日本列島から離れた位置にあるので、青く澄んだ海と豊かな自然が堪能できる観光地です。新潟駅もしくは新潟空港から新潟港まで移動し、そこからフェリーに乗らなければならないため、交通の便を考えると穴場の場所です。どうしても知り合いに会いたくない不倫相手との旅行先に適しているといえるかもしれません。ただし、毎年開催されるイベントがありますので、人が集まりやすい時期は避けた方が無難です。

■ 銀山温泉(山形県)

東京から山形駅まで新幹線で約3時間、銀山温泉は山形県の尾花沢市にある温泉地です。山形県の市街地からは離れており、銀山温泉最寄りの大石田駅までは山形駅から奥羽本線で50分かかります。さらに大石田駅からバスで40分ほど移動した先にあるため、ここも「絶対にバレたくない」不倫旅行に適した地です。到着までは大変ですが、銀山温泉街はまさに大正ロマンそのもの。浴衣姿でレトロな街並みを散策し、のんびりと温泉街を楽しめるので非日常を感じたいカップルは、ぜひ候補に入れてみてください。移動が多く到着までの交通が不便となるため、観光地としては選択肢に入れにくい場所ですが、誰にもジャマされず2人きりの時間が欲しいと考えているのであれば、ここは絶好のスポットといえるでしょう。上手くお互いのスケジュールを調整し、安心材料をつくった上で不倫旅行を楽しむのが吉です。ただし、銀山温泉に行くなら最低3日以上の休暇がほしいところ。周囲に怪しまれず、どれだけスマートに行って帰ってこられるか…、そこが重要です。

【宿泊】おすすめスポット2:会社関連のエリア

仕事に関わるエリアを不倫旅行の行き先に指定すれば、万が一知り合いに見つかっても「仕事で出張に来ていた」とごまかしがききます。服装もビジネスマンらしいフォーマルなコーディネートを選択しておけば、周囲から見ても出張で来ている風を装えます。とはいえ、2人が同じ会社に所属している場合は、会社関連の知り合いに目撃されないように注意が必要です。

■ 福岡市街(福岡県)

福岡市は福岡駅を中心にした日本有数のビジネス地ですが、それと同時に「マリンワールド海の中道」や「海の中道海浜公園」など、観光名所も各地に点在するため、仕事を絡めた不倫旅行には適した観光地です。都心からのアクセスが良く、新幹線と特急を乗り継げば東京から約3時間で行けるのも魅力的。また富山を経由した経路をとることから、道中に行動を共にしても比較的バレにくいといえるでしょう。

■ 大阪市街(大阪府)

大阪はいわずと知れた東京に並ぶ第2位のビジネス街です。大阪駅へのアクセスは、東京から東海道新幹線「のぞみ」を使って約3時間ほど。人が自然に集まるため、東京と同じく常に人が行き交いする場所ですので、「知り合いに会ったらどうしよう」と迷われる方も多いかもしれません。しかし、人が集まる場所であればビジネスを装いやすく、もし万が一見つかったとしても、「取引先の人と一緒だった」「商談の帰りだったと思う」など言い訳をすれば、疑いの目は持たれても逃げることは可能です。食い倒れの街として認知されている大阪はお好み焼きやたこ焼きをはじめとしたグルメの街。食事やショッピングを楽しみつつ、2人の時間を楽しんでください。

■ 神戸市街(兵庫県)

大阪ほどの規模ではありませんが、神戸市街も企業が多く集まる街です。そして言わずもがな食の街。神戸牛など多くの名産品に恵まれています。食以外にも神戸ハーバーランドや有馬温泉をはじめとした観光スポットに立ち寄れるので、知り合いに遭遇しないよう気を配れば、十分に不倫旅行を楽しめるでしょう。東京からのアクセスは、東海道・山陽新幹線「のぞみ」で新神戸駅まで2時間40分ほどです。

【宿泊】おすすめスポット3:離れた地方都市

リスクを抑える不倫旅行であれば、自分たちに関わる人たちがまず選ばないような地方都市への観光もおすすめです。東京近郊に住んでいる方で離れた地方都市を不倫旅行に検討されているなら、以下3都市がおすすめです。

■ 青森県

青森といえば、りんごの名産地。秋はりんご狩りで人がにぎわい、紅葉スポットが各地に点在するなど自然に溢れている人気の観光地です。とはいえ、旅先に選ばれる確率は沖縄や北海道などに比べて低く、しっかり場所を選べば不倫旅行に最適な地といえるでしょう。秋景色が美しい紅葉の季節もよいものですが、不倫旅行を計画するなら冬もぜひ視野に入れてみてください。冬の青森は雪が吹きすさぶ極寒の地ですが、青森には「ストーブ列車」と呼ばれる冬限定の列車が運行しています。このストーブ列車で海産物を焼いて食べれば2人の距離がさらに親密になれる旅が満喫できるはずです。途中の駅には「津軽三味線会館」「太宰治記念館」などがあり、サクッと立ち寄ってみるのもよいでしょう。津軽三味線の生演奏ライブを開催しているお店で青森の文化やカルチャーを肌で感じて過ごしてみてはいかがでしょうか。

■ 富山県

2015年3月14日の北陸新幹線金沢延伸開業によって、東京駅からのアクセスが格段に良くなった富山。開業後は2時間ほどで行けるようになったため、アクセスもよく不倫旅行にちょうどいい地方都市です。そんな富山県のおすすめといえば、富山を代表する「ます寿司」をはじめとした食の宝庫たち。最近では「とやまポーク」「とやまビーフ」など、新しいブランドも登場しているので美味しいグルメツアーを計画できます。そして富山の有名観光地で人気が高いのが「黒部峡谷」と「黒部ダム」。紅葉のシーズンを迎えると多くの人で賑わうため、不倫旅行には少々不向きとなりますが、夏休み終わりから紅葉前であれば観光客も落ち着いているでしょう。山間部のダム周辺地域は美しい自然を堪能し、気持ちもリフレッシュできます。

■ 広島県

広島県のなかでも、オシャレな観光地として注目を集めているのが南東部にある尾道。お寺・坂・映画のキーワードで知られた土地です。定番スポットである「千光寺」、ロープウェイが有名な「千光寺公園」、のんびり散歩ができる「文学の小道」など、見どころに溢れているほか、「時をかける少女」のロケ地で有名になった尾道最古の神社「良神社」にも立ち寄れます。時間に余裕があれば、縁結びなど恋愛に所縁のあるパワースポットや神社に訪れるのもよいでしょう。その他にも干物や果物、尾道ラーメンなどさまざまな名産品があるので、チェックしてみてください。東京からのアクセスは、東海道・山陽新幹線で新尾道駅まで4時間ほど。海を眺めながら食を満喫できる尾道は時間を忘れて楽しめることでしょう。

【日帰り】おすすめスポット4:水族館

家族の目を盗んでの泊まり旅行が難しい場合は、サクッと行って帰ってこられる日帰りの不倫旅行。このスポットとしておすすめしたいのが水族館。館内は照明が落とされておりフロア全体が薄暗い環境です。たとえ知り合いにすれ違ったとしても暗い館内であればバレる確率が低く「ごまかし」が通じやすい環境です。しかしながら、東京近郊に住む人が日帰りで都内の水族館に行けば、館内でバレなかったとしても外に出たタイミングや近場で食事をしている際、知り合いと遭遇してしまう可能性も否定できません。できれば都心から少し離れた水族館を選ぶこと、都心であれば見つからない工夫をすることが必要です。ここでは3箇所の水族館をまとめましたので参考にしてください。

■ マクセルアクアパーク品川(東京都)

JR品川駅から歩いて5分足らずの場所にあるマクセルアクアパーク品川は、営業時間が22時まで設定されていることから、会社帰りにも寄りやすい水族館です。ここの見どころは、なんといってもイルカショーとアートのコラボ。季節やタイミングにもよりますが、過去にはプロジェクションマッピングを使った「FLOWER AQUARIUM」が開催されており、子どもだけでなく大人も楽しめるイベントが定期的に催されています。内容によってはデイバージョンとナイトバージョンの2パターンに分かれており、会社帰りの不倫デートに最適。美しい光が織りなす空間をイルカが動き回るシーンなど、最新の映像技術を駆使した幻想的な音と光のアートで心に残る思い出がつくれるはずです。仕事が終わった平日の夜は食事や飲み会は多けれど、水族館へ行こうと提案する人は滅多にいないもの。人間心理の裏側を巧みに利用して、デート先を考えてみてください。

■ すみだ水族館(東京都)

すみだ水族館は、東京スカイツリータウン内にあります。こちらも都心から近く交通の便もよいため、都内に勤務されている方であれば仕事帰りに立ち寄りしやすい水族館。営業時間も21時までで年中無休です。土日祝でもOKですが、スカイツリーやソラマチなど観光スポットが隣接しているため、週末は家族やカップル、旅行者が集中しています。誰かに見つかるリスクが上がるため、土日に行く場合は細心の注意を払ってください。とはいえ、すみだ水族館周辺・浅草には美味しいお店がたくさん立ち並んでいます。仕事を終えた後にすみだ水族館へ向かい、その周辺でご飯を食べる日帰りデートコースもおすすめです。

■ 八景島シーパラダイス(神奈川県)

八景島シーパラダイスは、その名の通り神奈川県の八景島にあります。東京駅から最寄り駅の八景島駅までは1時間ほど。都内に近い場所にあるとは言い切れませんが、園内はとても広く、水族館の隣に遊園地が併設されているため飽きることなく1日を過ごせます。そんな八景島シーパラダイスの遊園地アトラクションで夏におすすめしたいのが「アクアライド2」。チューブライドに乗って急流を川下りするアトラクションで、水しぶきを浴びて爽快感を味わえます。ナイトタイムなら水族館で開催されるナイトショー「LIGHTIA」。光とイルカの美しいコラボレーションが目の前で繰り広げられる空間は必見です。また、八景島シーパラダイスは、夏になると期間限定で花火の打ち上げがあります。観覧席の事前予約が必要となりますが、土日夜を中心に行われていますので気になる方はスケジュールをチェックするとよいでしょう。

 

不倫旅行を考えているなら、絶対に知人との遭遇だけは避けなければいけません。人が集まりやすい場所は、当然のことながら誰かに出会う確率が上がるもの。リスクを考慮して、いざという時のために変装グッズを持っていくのもおすすめです。どのような場所でも100%バレないとは断言できかねますが、時と場所をよく考えて選んだ上で不倫旅行を計画してください。

また、不倫旅行を決行する場合は「出張」「友人を訪ねる」など理由やアリバイを細かく設定しなければなりません。そして(行く理由は異なるものでも)配偶者に宣言した場所に行くことが絶対条件です。例えば、友人を訪ねるといって旅行に出掛けたのに友人宅へ行かなければ、どこかのタイミングでバレる可能性があります。友人宅の後で不倫相手と合流するなど綿密な計画を立ててください。

不倫相手と旅行に行く時の注意点!場所は?言い訳は?持ち物は?
https://fan.happy-cielo.jp/affair/216/

上記のコラムでは、さらに細かく詳細を説明しています。不倫旅行を検討している方は、ぜひ目を通してみてくださいね。