UP

純愛の不倫ってある?純愛の特徴と幸せになる方法とは

恋愛にまつわる本来の意味を考えたとき、「不倫」は「純愛」とは無縁であり、あまりにもかけ離れている恋愛スタイルです。ですが、マイナスイメージを持たれがちな不倫カップルでも、世の中には「純愛」と呼べるケースも存在します。今回のコラムでは、純愛不倫の特徴を解説するとともに、不倫関係でも幸せになれる方法をお届けします。

純愛の不倫とは?特徴3選

純愛とは、その字が指し示すとおり純粋に人を愛する気持ちです。一途な愛、邪心のない愛、プラトニック・ラブ、さまざまな言葉で置き換えられ、これらを総称して私利私欲のない無垢な愛が「純愛」と表現されます。では、不倫で純愛は成立するのでしょうか。純愛不倫の特徴を3つ紹介します。

1. それぞれの配偶者(パートナー)に対して愛情がない

相手も自分も既婚者、片方が既婚者など、不倫にはいくつかのパターンがありますが、配偶者がいることが大前提です。配偶者やパートナーに全く愛情がない、冷え切った関係でなければ純愛は成立しません。

2. 不倫相手が既婚者でも離婚を望まない

純愛では、不倫相手に対して離婚も結婚も望まないことが最低条件としてあります。二人にとって結婚というゴールは存在しないけど、それでもお互い本気で愛し合っている。このような想いを維持できる関係なら純愛と呼べるでしょう。

3. 見えない絆で結ばれている

会えない日がしばらく続いたとしても、お互いに一緒にいたいと強く感じるのであれば、そこには見えない絆が生まれているのかもしれません。どちらか片方が遊びと割り切っている時点で純愛に当てはまらなくなります。

不倫関係から幸せになるには

たとえ不倫という関係であっても、その恋を絶対に終わらせたくないと強く願うのであれば、努力と行動が必要です。不倫関係であっても心から幸せだと感じる方法をまとめてみました。

■ 表面上は割り切ることが大切

不倫で幸せになりたいと考えるなら、表面上は割り切ることも必要です。不倫相手に燃え上がるような愛情を抱くのは、人間的な感覚としてある意味ステキなことですが、その想いを表に出せば必ず傷つく人がいます。自分と相手の立場を考え、淡々とスマートに過ごすことも幸せにつながる1つの指針です。

■ 恋愛対象ではなく人生のパートナーとして認識する

不倫はとても複雑な関係であり、一緒に暮らしたいと思っていても状況によって絶対的に不可能なケースもあります。恋する相手でありながらも人生を共に助け合いながら歩む大切なパートナーと考え、世界で1番自分を理解してくれる関係を目指すことが大事。そのような姿勢であることが、いつまでも幸せを感じられるモチベーションの維持に繋がるはずです。

■ いつも明るくポジティブに

不倫の恋はマイナス思考になりがちですが、前途多難な恋に対して明るく前向きに考えていきましょう。周囲に何を言われても、自分のメンタルを安定させる強い精神を養う努力をしてください。ネガティブな言葉も視点を変えればポジティブに受け止められるもの。そこから幸せを感じ取りましょう。

相手を見分けることも大切

あなたが本気で不倫相手に恋をしていたとしても、相手が本気でない可能性もゼロではありません。不倫相手にとって都合の良い女になっていないか、本心を見分けることも大切です。相手の本気度を見分ける方法は、以下のリンクを参考にしてください。

「本気で結ばれたい人必見!不倫相手の本気度を見分ける方法は?」
https://fan.happy-cielo.jp/affair/460/

 

不倫でも純愛と認められるケースがあることや、不倫関係から幸せになる方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。不倫でも本気で好きなら幸せになる権利はありますが、強い意思と覚悟が必要です。お互いが幸せになれるよう、今後についてじっくり話し合ってみてくださいね。