UP

職場で不倫する女性の特徴3つと社内不倫の見破られ方について

「職場不倫を始めたけど、バレないか不安」「もしかしたら同僚に2人の関係を知られている?」道ならぬ恋を始めると、周りの目が気になり、常に不安がつきまといますよね。特にそれが職場であれば、なおさら心配です。

今回のコラムでは、職場不倫にはまりやすい女性の特徴と合わせて、どんなときに2人の関係が周りに見破られてしまうのか具体例を紹介します。

職場不倫にはまりやすい女性の特徴3つ

同じ社内で彼氏ができたとしても、相手が既婚者で不倫となれば話は別。彼には家族がいるし、職場不倫なんて誰にも相談できない内容です。「不倫はダメ」と多くの人が自制心を働かせて踏みとどまるでしょう。ですが、世の中には諦めきれず不倫を選択する人もいます。まずは、どのようなタイプの女性が職場不倫に走りやすいのか、その特徴をご紹介します。

1.仕事をがんばりすぎる女性

バリバリ仕事をこなし、キャリアを積んでいる女性は、意外にも職場不倫にはまりやすい傾向があります。プライベートでは落ち着いた性格でも、仕事になると負けず嫌いな一面を見せるような女性は、男性に対して対抗心が強く、男性に負ける自分が許せないと人一倍努力をして仕事をこなしています。このキャリアタイプの女性は自分にとても厳しい人が多く、他人の失敗も同じように許せません。「私ができるのに、どうしてあなたはできないの?」と相手にも同じ努力をするよう求めてきます。このような性格なので、職場では当然周りから距離を置かれがち。仕事をがんばりすぎてプライベートとのバランスが取れず、30歳を過ぎても仕事一筋になりやすく、彼氏がいない状態を当たり前と思っていることも……。

そんなときに年上の仕事ができる上司から優しくされると、ずっとひとりで戦ってきた心がゆるんで恋に落ちてしまいます。女性として受け容れてくれることが嬉しい、そして仕事でもリードしてくれる存在に、たとえそれが既婚者であったとしても運命を感じてしまいます。この甘い罠にはまってしまうと、どんどん不倫の世界に足を踏み入れてしまうのです。

2.承認欲求の強い女性

「人に褒めてもらいたい」「自分を認めてほしい」という承認欲求が強い女性も、不倫にはまりやすいタイプであると言えます。このタイプは自分に自信がなく、自分を責めたり罪悪感を持ったりしやすい傾向にあります。ぱっと見た印象はおとなしく真面目そうな雰囲気で、不倫をするタイプには見えないのが特徴です。

女性らしさや外見について自己評価が低いので、男性に少しでも「かわいいよ」と言われたら、一気に気持ちが舞い上がってしまい恋に落ちてしまうことも。仕事で何かミスが起こると「私が悪い」と、必要以上に自分を責める傾向にもあるため、ミスをカバーして話を聞いてくれる、そんな優しい男性に胸がときめいてしまいます。家庭を持っている男性は落ち着きがある人が多いので、そこに安らぎを見出していきます。

このタイプの女性はコンプレックスがたくさんあるので、それを褒めてくれる男性の存在にとても癒されるようになります。彼女にとって彼は、自分を丸ごと認めてくれる救世主のように感じてしまうのです。心の傷を癒してくれるだけの存在なのに、それを真実の愛と勘違いしてしまい、彼にのめりこんでいく可能性もありますので注意しましょう。男性側も、たとえ結婚していたとしても男として頼ってくれる女性を守りたいと思い、どんどん気持ちが傾いていきます。気づいたときには不倫から抜け出せない状態にならぬよう、気を付けてください。

3.依存体質の女性

依存体質の女性も、不倫にはまりやすいタイプです。このタイプの女性は、寂しがり屋のため一人でいることを嫌う傾向があります。孤独を感じたくない気持ちが人一倍強く、それを埋める何かをいつも探している人は要注意。そんなときに浮気心を持った男性が近くで働いていると、お互いのニーズが一致して不倫関係に入ってしまいます。

また、依存タイプの女性は、不倫を遊び感覚で楽しんでいる男性に惹かれてしまうことも少なくありません。彼にとっては、あくまでも「遊び」。甘い言葉をささやいたり、ロマンチックな状況を作って女性を自分に夢中にさせ、男としての自尊心を満たしているだけです。依存心が強い女性はすべてをかけて相手を愛してしまうので、そのような状態を見て楽しむ男性がいることを覚えておきましょう。依存心の強い女性にとっては、その人だけが世界のすべてになるので、束縛が強くなっていきます。それが嫌になった男性は距離を置きますが、不倫の刺激は中毒性があるので、つきあったり別れたりを繰り返すようになります。

社内不倫の見破られ方7つ

では次に、どのようなシチュエーションで社内不倫が周りにバレてしまうのかチェックしていきましょう。7つのポイントをまとめてみました。

1.不倫相手と2人でいるところを目撃される

最も多い事例は、社外で一緒にいるところを見られるケースです。目撃証言がいくつも出てくれば、周りの噂話も確信に変わります。浮かれる気持ちもわかりますが、バレると大変なことになるので行動は控えるようにしてください。

「ありえない組み合わせの2人が一緒にドライブをしているのを目撃!女性の車に既婚者の男性が乗っていて、なにやら怪しげな雰囲気で話していました。」(33歳 / 男性)

「ちょっといいレストランで、上司と女性の先輩が食事しているのを見かけてしまいました。いつも厳しい先輩が女の顔になっていて、あの2人がつきあっている噂は本当なんだって思いました。」(27歳・女性)

上記は不倫現場を目撃した実例コメントです。社外ならまだしも、社内でいちゃいちゃしている場面を見られることも……。

「非常階段でいちゃいちゃしている姿を見てしまい、びっくりしました。本当に迷惑。よそでやってくれって感じです。」(35歳・男性)

「ほかの人が集中して働いている午前中に、会社のトイレの前の水道場で見つめ合っていました。朝から何をしているの?と呆れました。」(31歳・女性)

不倫をしている本人たちはバレないと思っていても、意外に周りは見ているものです。職場で2人の世界に入り込んでいるなら、なおさら周りも気付くでしょう。

2.有給や希望休の取り方が同じ

職場不倫で毎日顔を合わせているといっても相手は既婚者。単身赴任でもない限り、2人で過ごす時間は多くありません。ですが、同じ日に有給を取ったり、シフト制勤務の場合は同じ日に希望休を申請したりしていると、そこから関係を見破られる可能性があります。

「有給を出す日が、毎回ほぼ同じ。バレバレだってこと本人たちは気づいてないのかな。」(38歳・男性)

「この前2人が外で一緒にいるところを見てしまいました。うちはシフト制なので休みの曜日は固定ではありません。怪しいと思い2人のシフトを比べてみると、休みのタイミングがほとんど同じでした。希望休を出して、休みのタイミングを合わせていたんですね。」(女性・40歳)

3.帰宅時間を合わせる

会社を出て、2人で帰っている姿を目撃されるケースも多々あります。既婚者の男性は、家族には「残業で遅くなる」と伝え、不倫相手の彼女と会っているパターンです。「帰り道が同じだから」と偶然を装って一緒に帰っているつもりでも、その回数が多くなれば周りから怪しまれて当然です。

「就業時間が終わる頃になると、変に焦って仕事を終わらせようとしていたり、逆にダラダラ残ろうとしていたりするので、おかしいなと思っていました。そのうち不倫相手が社内にいる噂が広まって、帰宅時間を合わせていることがわかりました。」(32歳・男性)

「オフィスにいるときから目配せをして、堂々と一緒に帰っています。どういう神経してるのかなって信じられないです。」(23歳・女性)

4.距離感がおかしい

仕事中のお互いの接し方や距離感を見て、怪しまれるケースもあります。

「この前まで仲良く話してたのに、最近はまったく話さなくなった。報告があるときも他の人にわざわざ頼んで伝えてもらっています。職場では怪しまれないように近づかないようにしようって決めているのかもしれないけど、逆に不自然。」(42歳・男性)

「スキンシップが2人の間だけ多すぎる。触り慣れているのかもしれないけど、仕事中は目ざわりです。」(47歳・男性)

「仕事中は普通なのに、飲み会になると急接近して親しげに話している。女性は色気を出していて、男性社員も結婚しているのにデレデレ状態。見るからに怪しかったです。あの飲み会でみんなにバレたと思います。」(34歳・女性)

5.アイコンタクト

本人たちは周囲にバレないよう「さりげなく」を意識しているつもりでも、周りに気付かれてしまうのがアイコンタクト。仕事に集中している職場で、いつもと違う甘い視線が送られると、自分に対してではなくても他人は勘付いてしまうものなのです。

「パソコン越しにアイコンタクトを取っている姿を何度か目撃した。」(25歳・女性)

「職場不倫している女性の隣りに座っているけれど、アイコンタクトを取った後は顔がにやけてる。」(31歳・男性)

「席を立って移動するとき、上司はいつも彼女と目を合わせている。」(26歳・女性)

6.嫉妬される

女性が依存体質で束縛が強い場合、社内にいる彼への監視の目が鋭くなってしまいます。それは、彼の周りにも影響がおよぶことも。

「上司と仕事について話していたら、同僚がすごい剣幕で近づいてきて何をそんなに楽しそうに話していたの?って聞かれました。最初は意味がわからなかったけど、詮索されているって気づいたときは腹が立ちました。仕事のことなのに知らないよって感じです。」(33歳・女性)

「新人の後輩、お目当ての彼が誰かと話している姿をいつも見つめています。その相手が女性だと嫉妬心むき出し……。その後、不機嫌になって態度が悪くなるのでやめてほしい。」(37歳・女性)

7.社内メールが開きっぱなし

不倫相手と社内パソコンのメールやチャットでやり取りをしていたとき、それが人に見られると大変なことになります。

「ふと同期の女性社員のパソコンを見たら、待ち合わせ場所が書かれたメッセージが開きっぱなしで残っていました。これにはびっくりして目を疑いました。」(34歳・男性)

「共有のノートパソコンでチャットを開いたら、前に使った人のアカウントが残っていました。ログアウトしようとしたら、ラブラブな内容が書かれたメッセージが……。相手は社内の人間だったので、二重でびっくりしました。」(44歳・女性)

職場不倫は、バレるリスクが高いです

以上のように職場不倫は、さまざまなケースで見破られます。不倫にリスクはつきものですが、職場不倫は通常の不倫よりも危険です。そこには職場を通じて共通の知り合いが大勢いるため、バレる確率が高くなるからです。

では、不倫関係がバレたらどうなるのでしょうか。企業体制にもよりますが、男性が役職に就いている場合、女性だけが辞めさせられるケースもあります。もちろん、男女どちらとも役職に関係なくクビになることもあります。たとえ残って働き続けることになったとしても、周りからの信頼は失われて居づらくなるでしょう。

さらに相手の奥さんにも関係が発覚してしまった場合は、慰謝料を請求されるなど取り返しがつかない事態になります。自分だけでなく周りも傷つけ、社会的信用も失いかねないのが社内不倫です。一時の感情に流されず、バレてしまったときのリスクをしっかりと考えて行動するようにしてください。

 

今回は、職場不倫にハマりやすい女性の特徴や、社内不倫がバレるケースをご紹介しました。今は職場不倫をしていなかったとしても、ハマりやすい特徴に自分の性格が当てはまっていたら、気をつけてください。最初から不倫を望んでいる人はいません。気がついたらどっぷりハマっていた、という状況がほとんどです。また、すでに社内不倫をしている人は、この記事で紹介した事例を参考に、行動を見直していきましょう。バレたときのリスクを考えて、「本当にこのままでいいのかな」と立ち止まって冷静になること。そして、ご自身の将来や幸せについて、もう一度考え直してくださいね。