UP

主婦が不倫に走る理由6選!やめるにはどうすればいい?

不倫は男性だけがするものではありません。主婦の不倫も最近では珍しいものではなくなりました。

実際に主婦が不倫をして「離婚」にまで至ってしまうケースが、ここ数年はとくに増加傾向にあるとも言われています。そもそも素敵な旦那さんがいて、かわいい子どもがいて、幸せな家庭を持っているのに「どうして不倫なんてするの?」と思ってしまいますよね。

でも、主婦が不倫に走ってしまうのにはちゃんと理由があります。今回は、その理由やきっかけをお伝えするとともに、「やめたいのにやめられない…」と悩んでいる人に、どうすれば不倫から抜け出せるのか、その方法を紹介します。

 

なぜ?主婦が不倫に走る6つのきっかけ

周りから見れば「結婚して幸せな毎日を送っているのになぜ?」「まさかあの人が!?」と疑問に思ってしまう主婦の不倫。そのきっかけには主婦にしか理解ができない様々な理由があります。ここでは主婦が不倫に走る6つのきっかけをまとめてみました。

1.平凡な毎日に刺激がほしい

専業主婦やパート生活など、日々同じリズムで生活をしている主婦に多いケース。食事、洗濯、掃除などの家事や子どもの世話に追われ、精神的に嫌気が差すと「このままで私の人生終わってしまっていいの?」と、外の男性に刺激や楽しさを求めて不倫に走ります。

2.夫への不満

結婚当初はおしどり夫婦と呼ばれていても、年月が経てば夫婦関係は変わるもの。その背景には「自分のことしか考えない」「無口でつまらない」「優柔不断」「無関心」「何を考えているかわからない」など、夫の態度や発言が大きく関わっています。その溜まった不満を解消するために、いつしか不倫に走ってしまうのがこのパターン。また、夫の不倫を発見してしまった時もショックと怒りで「自分も同じことを…」と不倫に走るケースも。

3.今の生活への不安

優しい夫にかわいい子ども。外からは幸せな家庭を築いているように見えても本当はそうでもない人もたくさんいます。「自分ばかりが家族の犠牲になっている」と、心のどこかでずっと抱えている家庭への不満や不安、葛藤が爆発したタイミングで出会った男性と不倫に走る場合もあります。

4.女性として見られたい

夫とのコミュニケーションが減り、セックスレス状態。付き合っていた時は優しかったしスキンシップもあったのに、今では夫のそっけない言葉や態度に寂しさや怒りが募ると「女性としてどうなの?」と主婦にも疑念が生まれます。女性はいつまでも「女」として扱われたいし、男性から優しくされたい生き物。「まだ女として見られたい…」という気持ちから不倫に走りやすくなります。

5.男性からアプローチされてなんとなく

男友達や仕事先の同僚と一緒にお酒を飲んで、その場の雰囲気でついなんとなく…なんて軽い気持ちで不倫に走ってしまう主婦も少なくありません。強気なアプローチを仕掛けてくる男性に悪い気が持てず、そのまま流されてしまったという不倫パターンも。

6.本気で好きになってしまったから

不倫相手に対して特別な感情を持ち、自分の気持ちが抑えられなくなって不倫に走ってしまう本気のケースも。この場合は「昔のような恋愛がしたい」「ドキドキしたい」と思っている女性によく見られるパターンです。

会社で働く主婦やパート主婦は仕事先でリアルな出会いがたくさんあります。また、専業主婦でも最近ではSNSや出会い系のアプリで気軽に連絡を取る手段があることから、行動を起こせば簡単に出会いがあるというのも、主婦の不倫がエスカレートするきっかけとなっています。

不満?不安?寂しさ?主婦の不倫体験談

1度でも不倫をしてしまった人や不倫関係を続けている人の中には、夫や子どもを裏切っている自分が許せなくなったり、申し訳ない気持ちで辛くなることも多く見受けられます。また、不倫をしても本当の愛情を手に入れることができず、寂しさを感じてしまう人も多いようです。実際に不倫経験がある主婦から体験談をお聞きしました。

〈主婦の不倫体験1〉

「夫とは仲が良いけれど2年以上のセックスレス。自分から何度もアプローチをしてみたけどダメでした。女性としてまだ終わりたくなかったし、寂しさもあってSNSで知り合った男性と不倫関係をしばらく続けていました。その後もSNS経由で何人かと知り合い、体の関係を持ちましたが、心が満たされない寂しい気持ちは今でも消えません」

〈主婦の不倫体験2〉

「結婚していますが子どもがいないので、昼間はパートをしています。パート先には年上の男性社員がいて、いつも優しく業務などを丁寧に教えてくれる姿を見て、『素敵な人だなあ』と思っていた矢先、パート先の飲み会帰りに気になっていた人から告白されて自然と…。でも夫に後ろめたい気持ちで、楽しいとか嬉しいという感情はありません。結局、不倫関係は長くは続きませんでした。」

〈主婦の不倫体験3〉

「20代前半で結婚してまだ遊び足りなかったのと、子どもがいなくて専業主婦で時間があったので不倫に走りました。友達に飲み会を開いてもらって、独身と偽って何人かの男性と付き合い関係を持ちました。刺激的で楽しいけど、夫にバレないかいつも不安な気持ちでいっぱいです」

罪悪感を感じたら不倫はストップ!

ダメとわかっていても、不倫の関係を断ち切れない主婦は意外にも多いものです。

夫や子どもに罪悪感を感じることはもちろん、不倫がバレてしまったときの最悪なケースを考えれば離婚という可能性も否定できません。別れた後に自分ひとりで生活できるか、シングルマザーになる覚悟があるか、慰謝料が払えるか、両親や友人との関係性が悪くならないか、など不倫のデメリットをよく考えた上で断ち切った方が、これから先の自分の幸せに繋がるかもしれません。

不倫関係は普通の恋愛とは違います。もし不倫相手が逆上すれば、自分だけでなく夫や子どもにまで被害が及び、あっという間に家庭崩壊の危機に直面することもあり得ます。現在進行系で不倫を続けている人でスムーズに関係を断ち切りたいと考えているのなら、不倫相手とはスパッと一方的に関係を終わらせるのではなく、会う回数や連絡の頻度を少しずつ減らしていくのがおすすめです。

 

不倫の形は人それぞれです。刺激を求めて一時的に楽しんだ後に再び家庭に戻る人もいれば、日々の寂しさや孤独から不倫相手に精神的な癒しを求めてプラトニック(肉体関係のない)な関係を望む人など、様々なタイプがいます。今まさに不倫に走ろうとしている人は自分がこの先どうなりたいか、夫との関係をどうしたいか、じっくり考えて後悔しない選択をしてください。