UP

不倫相手との別れ方・別れた後に乗り越えるコツを紹介!

運命的な出会いをした、今までにないぐらい好きな気持ちが止まらない、だけどたまたま相手は結婚していてパートナーがいた。「出会うのがもう少し早ければ…」今、そんな状況にいる人も多いはず。はじめは楽しい恋愛も、不倫は徐々に不安や嫉妬の感情で自分が見えなくなり、「どうしたら相手が自分だけのものになるの?」「本当にこのまま続けていていいの?」と悩み苦しむことも。不倫をもうやめたいと思っているあなたに、相手との別れ方と別れた後に乗り越えるコツをご紹介します。

不倫相手とキレイに別れたいなら「自分は本当に幸せになれるの?」と自問自答してみる

大好きな相手との別れを選択するのは、とても辛いこと。それが普通の恋愛でも不倫でも同じです。ただ、不倫にはリスクが多いということを1度冷静に考えてみることをおすすめします。相手がパートナーとの離婚を考えていても、それは相手の考えだけで、パートナーは別れる気が全くないかもしれません。あなたが相手とパートナーとの関係性をすべて知ることは不可能です。このまま不倫関係を続け、時間だけが過ぎていき、気がつけば歳だけ取っていた…なんてことにならないために、さらに家族や友達にも相談できない、周りにバレたら相手も自分も危うい立場になる、「このまま続けていて、自分は本当に幸せになれるの?」と、冷静に自分自信に問いかけてみましょう。

【相手のこんな言葉を100%信じられる?】

  • パートナーとの結婚生活はうまくいってない
  • 必ず離婚するから大丈夫
  • あなたを1番愛してるから待っていて欲しい

相手から言われたときは嬉しい言葉ですが、ふと我に返ったときに「本当なの?」と、1%でも不安を抱えるのであれば、別れを考えるべきかもしれません。とくに、何年も関係を続けているのならなおさらです。相手があなたのことを好きな気持ちに嘘はなくても、離婚するか、しないか、できるか、できないかは、2人の気持ちだけでは乗り越えられないこともあります。

不倫関係を絶つために「自分の価値を高く見積もる」

不倫の関係は、「堂々とできない」「会いたい時に会えない」「相手が自分だけのものではない」など、思い通りにはいかないことや、嫉妬心や不安な気持ちに駆られるなど、普通の恋愛の何倍も辛いことがあります。そんなときは、「自分だけがなんでこんな思いをしているの?」「自分は幸せになるために生きている」と、自分の価値を高く見積もってください。相手に合わせてばかりで、自分の気持ちを押し殺していたり、相手から大切にされていないことを見て見ないふりをしていたり、自分で自分の価値を低く見積もってはダメです。

別れの一歩!自然と離れていくのがおすすめ

同じ職場や友人関係、身近な知り合いなど、気まずくなることや関係を断つことが難しい、などの理由で別れをなかなか切り出せないこともあります。その結果、ダラダラと関係を続けてしまう…。このように、ドロ沼化しやすいのも不倫のデメリットでもあります。不倫の関係に終止符を打ちたいときは、「好き」という自分の気持ちをぐっと抑えて、自然と離れていくのがおすすめです。面と向かって話すと、相手の情にながされてしまうことも。辛くても、「相手には家庭がある」「自分とは縁がなかった」と何度も言い聞かせ、自分から連絡を断つようにしましょう。電話番号やSNSは削除すること。そして、相手と2人だけで会うことやそのシュチュエーションになることは避けましょう。

別れを決断!前を向いてゆっくり歩いていきましょう

不倫での別れは、「パートナーに負けた」「結果的に相手に裏切られた」「不安や嫉妬で疲れた」など、普通の恋愛での別れよりダメージを受けやすいです。なので、とにかく思い出したり、考えすぎたりしないで、毎日を淡々と過ごすことがおすすめです。家族や友達との時間を大切にしたり、余暇や余裕を自分磨きに費やしたりして、恋愛からは1度離れてみましょう。すぐに新しい相手を探そうとしたり、次の恋愛に無理に進もうとすると、相手と比べたり思い出したりして、返って逆効果です。また、別れてから、相手から連絡やアプローチがあっても、「彼といても自分は幸せになれない」と何度も自分に言い聞かせ、決して揺れ動いてはダメです。「あの人とは別れて正解だった」と強く思うことで、いい思い出に変わっていきます。

 

もしあなたに、「不倫はいけないこと」という気持ちが少しでもあるのなら、別れることもその別れを乗り越えることも必ずできるはず。本来、恋愛は楽しく、幸せなことです。不倫の経験で傷ついたり、辛い思いをしたあなたは、相手から惜しみなく愛され、「こんなに幸せ!」と思えるような恋愛に巡り会えるはずです。過去の失敗は、成功のタネに変わるチャンス!と思って、勇気を持って一歩前に踏み出してみましょう!