UP

既婚者同士の飲み会が流行!?最近増えている既婚者飲み会サークルの実態とは

ここ近年、既婚者の男女が集まって飲み会を開催する「既婚者飲み会サークル」が急速に増えていると話題になっています。

ひと昔前は「飲み会サークル」という名で、独身の男女が新しい出会いを求めたり、友情の輪を広げるために飲み会を開催していました。では、今流行りの既婚者同士が開く飲み会にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

さらに、実際の雰囲気やそこに参加している人たち、どういった場所で開催しているかなど、既婚者同士の飲み会がどんな風に行われているのか、今回のコラムでは「既婚者飲み会サークル」の実態に迫ります!

ずばり!「既婚者飲み会サークル」の正体とは?

既婚者飲み会サークルは首都圏を中心にコンパスタイルで開催される飲み会のことです。普通のレストランや居酒屋などで開催されるケースが多く、「お店を貸し切りにする」「人数を制限して個室を利用する」など、プライバシーはしっかり守られています。費用は当日の参加費だけで、その他にお金がかかることはありません。そこに参加した人とは自由に連絡先が交換でき、その後は自分たち次第。お酒やお料理を楽しみながら新しい出会いを求める、まさに「大人の飲み会」です。

結婚して既婚者になると周りの人間関係が変わります。新しい異性の友人を作る機会も減り、独身時代のように自分のペースで交友関係を広げるのも難しくなります。また、独身が開催する飲み会に参加しようとしたならば、周囲から「なんで結婚しているのに?」なんて思われてしまうことも…。

既婚者が気軽に参加できて、新しい人に出会える最適な場所が「既婚者飲み会サークル」なのです。

そして気なるのが独身同士の飲み会との違い。既婚者同士が参加するため年齢層が高めということ、「誰にもバレたくない」「友達にも知られたくない」という思いから、友達同士ではなく1人で参加するパターンも実際に多いようです。

“チャラい人”はお断り!?どんな人が参加しているの?

若いときに“合コン”という名の飲み会に参加したことがあれば経験している人も多いかと思いますが、独身時代の飲み会はどこかチャラチャラしたイメージが強く、「あわよくば、お持ち帰りしたい」「今日は絶対にいい男をゲットする!」などと、ギラギラした遊び人やチャラいタイプが参加していることも少なくありません。しかし既婚者飲み会の場合は、そのような人は少なく、むしろ男性も女性も落ち着いた雰囲気で真面目な人が多いようです。

また、既婚者同士という環境から夜ではなくランチに開催される飲み会もたくさんあります。「チャラい人は苦手…」という人でも参加しやすいのが既婚者飲み会サークルの特徴でもあります。

セフレから友達探しまで!出会ったあとは自分次第

既婚者飲み会サークルに参加する人の目的は人それぞれです。家庭を大切にしている、けれども参加してみたい。そんな人はどんな目的で参加しているのか見ていきましょう。

■ ストレス発散が目的

まずは「自分だけの時間が欲しい」「大人の時間を楽しみたい」など、ストレス発散を目的として参加する人。同じような思いの人とお酒を飲みながら、パートナーや家庭への不満を共感し合えば気持ちもスッキリしてストレス発散に。それが結果的に家庭円満にもつながる…なんてこともあります。

■ 新しい友人作りが目的

「結婚したけど新しい友達作りをしたい」「同じ既婚者の友達が欲しい」「交流関係を広げたい」「お酒を一緒に飲める・趣味の合う友達が欲しい」「相談相手が欲しい」など、純粋に友達を作りたいと考えて参加する人もいます。結婚して、女性なら出産をして、気づいたら友達がいなくなっていた…なんて人は新しい友達を作ることを目的として参加しています。

■ 暇つぶし目的

「楽しい時間を過ごせて出会いがあればいい!」と、単純に暇つぶしで参加している人もいます。

また参加者の中には、最初から不倫やセフレ探しを目的としている人や刺激を求めている人も当然のようにいます。出会った後は“自分次第”が暗黙のルール。サークルによって集まる人の目的も雰囲気も異なりますので、自分に合った飲み会サークルに参加することをおすすめします。

 

「新しい出会いが欲しい」「現在のパートナーではない人と恋愛がしたい」など、どのような理由であれ自分の中に目的意識がある人にとっては、既婚者飲み会サークルという場は新しい出会い作りにおける1つの方法です。ただし、独身の頃の飲み会とは違い「自分は既婚者」ということを認識しておかないと、トラブルやリスクに繋がってしまう…なんてことにもなりかねません。

「節度のある大人の行動」と「何かあった時は自己責任」

これをしっかりと踏まえた上で、既婚者飲み会サークルを楽しんでみてください。