特集
UP

「占い師のホンネ」第4回 後悔しないように。今成すべきことをお伝えしていきたいです【インタビュー】

浮気や不倫など、自分では解決ができない悩みや不安を抱えているときに優しく導いてくれる占い師。その多くが、専門的な知識やスピリチュアルなパワーで光を照らしてくれます。

でも、ふとした瞬間に「占い師って普段なにをしているの?」「この人はなぜ占い師になったの?」「本当はどんな人柄なの?」とそのバックボーンについて疑問に思ったことありませんか?

「占い師のホンネ」では、第一線で活躍している占い師のライフスタイルをインタビュー。占い師を目指したきっかけから占いに対する努力の裏側までをお届けします。

今回お話を聞かせていただいたのは「七色のカード占術師」の異名を持つマリブ先生です。世界中から集められた選りすぐりのカードで占うスピリチュアルタロットで深い悩みを解決に導いてくれると評判の先生ですが、これまでの人生において茨の道を歩いた経験があるのだとか。マリブ先生の占いに対する想いを語って頂きました。

■ 占い師を目指した「きっかけ」を教えてください

マリブ先生:私は物心ついた頃からスピリチュアルな事に対してとても興味を持っていました。幼少時代を過ごす中で、「私は何者なのか?」「なにをするために、この世に生まれてきたのか?」このように自分自身に対して問いかけ疑問を抱えながら人生を歩み、そのために日本を離れて修行の道を選んだのです。アメリカに18年間、さらにそこからインドで修行を重ね、占い師になりました。この時、アメリカとインドで出会った尊敬する2人の師が、今の私に繋がるのだと思います。

■ マリブ先生が最も得意とする占いは?

マリブ先生:私にとって一番得意な占いはタロットカードとオラクルカードです。カードが語ることは偶然ではなく全てが必然です。カードとの一期一会から起きる素晴らしいシンクロニシティーには私自身いつも驚かされます。ぜひとも皆さまにも体感していただきたいですね。

また、私はこれまで生きてきた人生経験の中で茨の道を歩いたことがあります。占い鑑定をさせて頂く方には、スピリチュアルな力だけでなく、私自身の経験を元に成すべきこととそうでないことをお伝えできればといつも感じています。その道を歩くための覚悟というか、未体験の分野について自分の経験とともにお話をさせていただくこともありますね。

■ 占いのために努力していることはありますか?

マリブ先生:当たり前のことですが、自分自身の健康管理です。健康面がしっかり管理できていないと、私のお伝えしたいことが占いを受けられる方にきちんと届きません。皆さまに満足して頂けるよう、体の不調には気を付けています。それから「喉」のケアも大事ですね。電話でお話をさせて頂くので喉の調子を整えておくことは常日頃から心掛けています。

■ 占い師になって良かったなと思ったことは?

マリブ先生:占いを通してたくさんの方とお話をする機会があることに大変感謝をしております。皆さまそれぞれにお悩みがあり、きっと言いづらいこともあるかと思います。それでも私にその悩みを話して頂くことでモヤモヤと悩んでいたことがスッキリした……と仰っていただけると、本当に良かったなと心から思います。時には、ご相談された方のお悩みに共感し過ぎてしまい睡眠不足になってしまうこともありますが、それ以上の喜びが占い師としてあると感じます。

■ プライベートでのリフレッシュ方法は?

マリブ先生:東京都内にはたくさんの劇場がありますので、ミュージカルやお芝居、歌舞伎の舞台を観に行くことをいつも楽しみにしています。月に一度は必ず園芸ホールに足を運び、落語も聞いていますよ。その他にもホットヨガやベリーダンス、ピラティスなどを習って意識して体を動かすようにしています。心のリフレッシュ法なら瞑想や写経がおすすめですね。心を落ち着かせてくれます。

■ ORIHIME読者にメッセージをお願いします

マリブ先生:例えば大きな病気を患ってしまったとき。手術をしたり入院が長引いてしまうよりも、健康でいるその時に大病にならないよう予防に力を入れた方が、ずっと快適でポジティブにいられますよね。なにもせず後になって後悔するよりも「今どうするべきか」を考えていきませんか? 今をしっかり見つめることで「未来にどうすればいいか」も自然と見えてくるものです。悩んで迷って辛くて苦しい、そのような状況になった時は遠慮なく頼ってください。

 

マリブ先生の占いはこちらから

https://goo.gl/JE3a27