UP

正論が全てじゃない。歳を重ねても「学ぶ心」「変わろうとする姿勢」が大切【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、モデル、管理栄養士、ライターと幅広くご活躍されている岩根沙恵子さん。昔から恋愛体質だと語る沙恵子さんの恋愛感とは?恋愛経験を通して学んだことを語って頂きました。

全てに対して我慢してしまう恋愛に悩んでいた過去も

■ モデル、ライター、管理栄養士までこなされて忙しそうですが、恋愛についてはいかがですか?

沙恵子:昔から恋愛体質なんです。習い事やスポーツで忙しくしていた時でも彼氏がいた……というくらい、日常の中に恋愛があります。

■ 男性とお付き合いに発展するコツはありますか?

沙恵子:ありがたいことに「いいな」と思っていた人から好意を持ってくれることが多いかもしれません。絶対ではないと思いますが、話す時のジェスチャーやリアクションがオーバーだったり、世間一般で言うモテ仕草……例えば髪を耳にかけるとか。男性が好む仕草を自然にするよね、と言われたことはあります。家族の前でも全く変わらないから、モテ仕草をしている自覚はないのですが(笑)

■ 恋多き……とのことですが、恋愛で悩むことは?

今はもうありませんが、以前は全てに対して我慢をしていました。彼氏の悪い面に気付いても自分から伝えることができなくて。例えば、お部屋が汚くても理不尽なことを言われても相手に合わせて我慢してしまうんです。自分からケンカをするタイプではないので、基本は長いお付き合いになるのですが、その過程で起こる小さな我慢の積み重ねが少しずつ蓄積してしまい。苦しくなって我慢の限界が越えると爆発することがあります。

■ お付き合いをしたいと思う男性を見極める方法はありますか?

沙恵子:そういった見極めができなかったんです。前にお付き合いをしていた方で、初めて告白された時に迷ったことがありまして。4度目の告白で正式にお付き合いをしたのですが、その時は友人にも会ってもらいました。見極めの方法になるかどうかは分かりませんが、運転が下手なのを隠している人は、ちょっぴりプライドが高い性格をしている人が多い気がします。

相手は冗談だったかもしれないけど、傷ついた言葉は覚えているもの

■ これまでの恋愛でコレは嫌だった……という思い出といえば?

沙恵子:付き合ってすぐ、彼から「あざとい」と言われたことです。もしかしたらジョークだったのかもしれないのですが、人生で初めて言われた言葉ですごくショックでした。付き合ったばかりでしたので、ケンカはしませんでしたが、そこでも我慢をしていましたね。

デートでの思い出なら、車で水族館に行った時のことは今でも覚えています。駐車をして車から降りる前、水族館だから身軽な格好で行きたいと思い、化粧ポーチを車内に置いていこうとしたんです。そしたら、メイク道具を車の中に置いていくなら最初から持ってくるな、みたいなことを車外から口ぱくで言われてしまい。結局2人で水族館に行きましたが、雰囲気が悪くなってしまい気まずい状態に。楽しいデートを期待していたから、残念な気持ちになりました。

■ 反対に嬉しかった言葉や思い出はどうでしょうか?

沙恵子:思いがけないサプライズは嬉しかったです!グアムでお仕事をした時に、マラソン大会に参加して走る機会があって。私はグアムでしたが、彼は沖縄だったんです。お互い連絡を取り合っていたのですが、マラソン大会でゴールをした後に突然名前を呼ばれて。あれ?と思ったら、沖縄にいるはずの彼がグアムにいてビックリ(笑)完全に沖縄にいるものだと思っていたから、そのサプライズは嬉しかったですね。

その彼の言葉で1番印象に残っているのが「もっと良い暮らしをさせたいから頑張るね」と言ってくれたこと。彼は色んなところに連れて行ってくれますが、物のプレゼントはお誕生日だけで、欲しいものは基本的に自分で買うので、そんな私を見て想ってくれた一言なんだろうな、と思います。

■ ケンカをした時はどのように解決しますか?

沙恵子:10代の頃はケンカもありましたが、今は本気のケンカになるレベルまで発展しません。2人でいる時はやっぱり仲良くしていたいから、何か言いたいことがある場合は、友人がいるところでケンカします。お店で飲みながらの言い合いであればお互いキツイ言葉にならないし、ケンカをしても周りがフォローしてくれるから、気まずいまま終わることもないのでオススメですよ(笑)

たとえケンカをしても、お風呂に入ったら何事もなかったかのようにスッキリしているので、変に長引くようなことはないですね。反対に、そこを気にしてズルズル引きずる男性は苦手かもしれません。

年上の彼の意識が変わってくれたことが、自分を成長させるきっかけに

■ 恋愛を通して以前の自分と変わったな、と感じる瞬間は?

沙恵子:別れたくないし、彼が好きだから……と、以前はずっと我慢をしていましたが、彼に不満を言えるようになってからは思ったことを相手に伝えることができるようになったと思います。

その不満を言えるようになった「きっかけ」は、彼が私を自分の思い通りにさせようとした時でした。その時は別れるべきか真剣に悩みましたが、私の気持ちに気付いたみたいで。彼の行動が少しずつ変わってきて、それがきっかけで私も自分の意志を少しずつ伝えられるようになりました。歳を重ねるほど、自分を変えることって難しいと思うんです。でも、変わろうとしてくれた姿勢が嬉しかったし、私も成長しなければと感じました。

■ 結婚をするならどんな男性が理想ですか?

沙恵子:尊敬できる人がいいですね。それから機転が利いてお勉強ができる人。私自身、学ぶことが大好きで向上心が強いから、「なんで?」と思うことをちゃんと教えてくれる男性に惹かれます。でも、自分の自慢話をするだけの人はダメですよ(笑)

それから、結婚する人は経済力があると嬉しいです。自分の欲しいものを買って欲しいとかではなくて、子どものための環境を整えたいんです。私の両親はやりたいことを全てやらせてくれました。それが今に活かされているし、私も自分の子どもには両親と同じように好きなことをやらせてあげたいですね。私の姉妹はみんな大学卒業。習い事もしていたし、運動に力を入れていたから金銭面はかなり出費があったと思うんです。そんな両親を尊敬しているし、私もそんな母親になりたいです。

■ 将来、結婚をしたらどんな家族をつくりたい?

沙恵子:仕事は続けていきたいけど、家族との時間は大切にしたいです。毎年、元旦に必ず同じ場所で家族写真を撮って成長の過程を楽しみたいです(笑)昔から母とは友達のように仲が良くて、実家に帰れば夜更かしするくらい一緒に話をするんです。最近は母と一緒にホットヨガに通い始めたところ。家族みんな仲が良いから、うちの家族がお手本かも。だから、結婚相手も家族と仲良くしている人がいいですね。

■ 最後に、これまでの恋愛を通して学んだことを教えてください。

沙恵子:いろいろな人がいて当たり前、自分から見た常識と他人が感じるモノは違うことを知りました。10代の頃は全てを完璧にしなくちゃ、と固定観念がありましたが、絶対にそうだ!という正論を突き詰める必要はないことに気付いて。以前よりも柔軟に物事を捉えるようになったと思います。正論が全てではないし、なんとかなる精神が今は心地良いなって。

それからスポーツから学んだことも、恋愛や仕事に活かされています。監督に髪の毛を掴まれたり、椅子が飛んできたり、10代は体育会系のスポーツ人生でした。でも、人間関係や礼儀を学びましたし、自分の価値観を養う上でとても大切な経験だったと思います。だから、どんな経験も絶対に無駄ではないし、恋愛も仕事も辛いと感じることがあっても経験をして学びたい、勉強したいと思えるのかな。

 

「自分の知らない知識を教えてくれる人と話すのが楽しい!」と笑顔で語ってくれた沙恵子さん。何事も経験が大事、と学ぶことに対して前向きな姿勢があるからこそ、昨日のより今日、今日より明日と、より良い恋愛や人間関係に結びついているようです。毎日を誰とどう過ごすのか、その心の在り方で人はいつまでも成長していけるものです。ぜひ、沙恵子さんのマインドを参考にしてみてくださいね。