UP

男友達を好きになった!友達から恋人になるための方法とは

ずっと友達だと思って接してきた男友達に、ふとした瞬間に恋に落ちてしまった……!
「失恋を慰めてくれた」「いつも必ず相談にのってくれる」「一緒にいることが当たり前」など、男友達が恋愛対象に変わる瞬間は人それぞれです。

でも、意中の相手からは女として扱ってもらえないし、自分のことを「ただの女友達の1人」としか思われていない……。そんな状態から「一体どうすれば恋人としてお付き合いができるの?」と、壁にぶち当たっている人も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、男性が女友達をひとりの女性として意識する瞬間をご紹介。どうすれば女として扱ってもらえるか?友達同士の関係から恋人になるまでの方法をお届けします。

男性が女友達を「ひとりの女性」として意識する瞬間はいつ?

そもそも男性はどのような瞬間にただの友達を「女性」として意識するのでしょうか。友人関係を恋人に発展させるための第一段階は、男性側の心を探り心の内を知ること。まずはそのポイントをチェックしていきましょう。

■他の男の存在が現れた時

男性は女性よりも所有欲が強い生き物です。ですので、男として「他の男よりも勝っていたい」という気持ちは、どのような場面でも起こり得ること。女友達でさえも自分以外の別の男の影が見えると、少なからず嫉妬心が芽生えて意識し始めます。

■知らなかった一面を見た時

いつもは打てば響くケンカ友達のように接していた女友達。でも、泣き顔や落ち込んでいる姿など、いつも接している姿とは違う一面を見た時、なぜか気になり始めることが男性にはあります。例えば、仕事や物事に対しての真剣に取り組む姿や考え方、大人の女性を感じさせる上品な行動や発言など。小さなきっかけが少しずつ積み重なり、「女」であることを意識していきます。

恋愛感情のない女友達をひとりの「女」として意識し始める瞬間は、比較的シンプルです。まずは「女」として認識してもらうことからスタートしてみましょう。

これで変わる!?「ただの女友達」から格上げする方法

女性の場合、恋愛対象として見ていなかった男性に対して「仕事ができる」「家庭的」「優しい」など、中身やトータル的な部分を知っていくことで、だんだんと相手を好きになります。しかし、男性は最初から「友達」だと認識した女性に対して、少しずつ恋心が芽生えて恋愛対象として見るようになる……という事例がほとんどありません。だからこそ男友達と恋人関係になるためには、それなりのテクニックや勇気が必要なのです。ただの友達から格上げする方法をチェックしてみましょう!

■2人きりの時間を作る

男女グループの中にいる1人として会っているだけの関係なら、隙を狙って2人の時間を作りましょう。「ちょっと軽くご飯食べに行かない?」「気になる飲み屋があるから付き合って!」など、自然に誘ってみましょう。

■ボディタッチを入れる

ボディタッチは男性をドキッと意識させる抜群の効果を発揮してくれるので、ぜひ取り入れてみてください。2人の関係をガラリと変えるチャンスにもなります。素のままでは難しいという人は、酔った勢いや酔った振りをしてみるのもOK。勇気を出して挑戦してみましょう。ただし、やり過ぎてしまうと軽い女に見られるので注意してくださいね。

■とにかく褒める

男女の友達同士だと、相手を褒める場面というのは意外と少ないものです。あなたと話すことで良い気分を味わってもらえるように「そういう優しさ、いいよね」「いつも努力しているよね、知っているよ」など、とにかくプラスの言葉で褒めてあげましょう。

■ギャップを見せる

あなた自身がいつも明るく振舞っているタイプならギャップ効果を狙うのも正解。真面目な相談をしてみる、いつもより色っぽい格好をしてみる、メイクやヘアを変えてみる、といった「いつもと違う自分」を見せて「あれ?」と、彼に興味を引かせるように仕向けてみましょう。

■さりげなく言葉でアピール

「私にとってあなたは特別」「あなたのこと友達とは見ていない」このように、ドキッとさせるニュアンスを含めた言葉でさりげなくアピールを入れるのもテクニック。例えば、彼の誕生日を祝うとしたらどうしますか?

  • 誰よりも早くお祝いメッセージを送る
  • プチサプライズを考えてみる
  • 彼の趣味や好みに合わせたプレゼントを渡す

近くにいる友達だからこそ、彼が喜ぶことを取り入れてアピールしてみましょう。もし相手が鈍感ならさりげなくではなく、もっと積極的に言葉や態度に出してもよいかもしれません。

男女の友情関係であっても「絶対に振り向かない」なんてことは恋愛においてありません。努力次第で今後の関係もきっと変わりますので諦めないでくださいね。

これって脈あり?こんな態度ならチャンス!

2人きりでいる時に急に態度が変わった、友達といても自分にだけ何だか優しい、ラインなど連絡頻度が最近多くなった。このように、あなたに対する接し方が今までと変わってきたなら脈ありサインかもしれません。チャンスを見逃さずに2人の時間をもっと増やして、距離を縮めましょう。「私たちは友達じゃない」という想いを彼に意識させることが大切です。

男友達を好きになると「これまでの関係が壊れるかも」と不安になるかもしれません。それまでの関係が良好であれば尚更でしょう。だけど、相手を好きになってしまった瞬間から今まで通りにできないのもまた事実。とはいえ、想いを伝えずに現状維持を選択すれば後悔することは目に見えて分かります。相手を本気で好きなら勇気を出し、振り向いてもらえるように行動あるのみです。心配していても何も始まりません。思いきって一歩前に進んでみてくださいね。