UP

片思いが辛い・苦しい・しんどい…そんな時の対処法6つ

誰だって一度は経験したことのある片思い。目があっただけでドキドキしたり、よからぬ妄想を抱いてみたり…。最初は楽しい片思いも相手にそっけない態度をとられたら不安になるし、ライバルの出現でヤキモチを焼いたりすることもしばしば。

ここでは「好きすぎて辛い……」と、まさに片思い真最中のあなたに6つの対処法を紹介していきます。

片思いが辛いときの対処法

「好きすぎて辛い」
「相手に気持ちが伝わらない」

恋をすれば嬉しいことも悲しいこともあります。時には周りが見えなくなり、その人に気持ちが集中してしまうことだってあるはず。恋は盲目といいますが、そんなときこそ冷静になって彼のどんなところに惹かれたのかを振りかえってみましょう。

片思い中は対象となる異性が必要以上にかっこよく見えたり、在りもしない理想に近づけたがる傾向があります。念願叶って付き合うことになったとしても、理想とはほど遠い現実の彼に幻滅することも少なくはありません。

どんどん気持ちが過熱していく中で冷静になるのは難しいことではありますが、一度立ち止まって本当に好きかどうかを見直してみましょう。片思い中に実践できる手段として6つの対処方をまとめてみました。

【片思い中の対処法】

1. 自分の気持ちを文字に起こしてみる

相手の好きなところと嫌いなところを文字に起こしてみてください。
ノートやメモ帳などに手書きで書くと頭の中が整理できます。

  • どんなところに魅力を感じるのか?
  • どんなところが苦手なのか?
  • どこまでなら許せるのか?

意中の人に対する自分の正直な気持ちと向き合い、本当に好きかどうかを冷静に見極めることができます。

2. 両思い=幸せとは限らないことを理解する

片思いが実って両思いになれば幸せになれる!と勘違いをしてはいけません。片思いより両思いになった後の方がより大きな障害や困難が待ち受けていることだってあるのです。両思い=幸せという概念を取り払い、その先にある問題を見据えておく覚悟を持ちましょう。

3. 思いきって告白をしてみる

どうしても相手の気持ちが知りたいという人は思いきって自分から告白してみるのも1つの解決策。怖くて告白ができない気持ちも理解はしますが、傷つく勇気を持つことも時には必要です。

告白するかしないか、どちらが自分にとって辛い心理状況なのかをよく考えた上で素直な気持ちを相手に伝えてみましょう。告白をすることで相手の本音を知り、次のステップに進む自信がつきます。

4. 恋愛以外のことにも興味を持ってみる

恋愛に夢中になれるということは素直で一途な性格ともいえます。ですが、相手への気持ちが抑えられなければ視野が狭くなり、周囲をおろそかにしてしまうことも現実にはあるでしょう。その一途な気持ちを意中の相手にぶつけたばかりに「重たい女」と思われることが時としてあることを心に留めておいてください。

そうならないためにも、恋愛以外のことに目を向ける努力を進んでやってみましょう。趣味や習い事など、新しいことにチャレンジすることで将来の投資にもつながり、自身の魅力もアップします。まったく興味のないことを無理やりはじめるのではなく、楽しんで出来ることを見つけて自己評価を高く持つことが重要です。

5. 職場や学校とプライベートを分ける

意中の相手にかまってもらいたい気持ちはわかりますが、職場や学校では過度なアプローチやベタベタと甘えるような態度を取るのはグッと我慢しましょう。男性の中には付き合っていないのに噂が立つことを嫌う人も多くいます。職場では仕事、学校では勉強に集中したいという男心を理解し、あなた自身も仕事や勉強に集中する時間とプライベートタイムはしっかり分けることをおすすめします。

また、他の異性と楽しそうにおしゃべりしている姿をみるだけで嫉妬してしまう人も同じく「仕事は仕事」「プライベートはプライベート」とはっきりボーダーラインを引くこと。下手なヤキモチは禁物です。好きな人と同じ環境にいるなら放課後や仕事が終わった後が勝負。笑顔で話しかけ、共通の話題で盛り上がれるように会話のトピックを用意しておくとよいでしょう。

6.相手へのメールやラインは慎重に

LINEやメールで連絡が取れるようであれば、少しずつ相手との距離を近づけていきましょう。まだお互いの距離感が微妙であれば「好き」という気持ちは少し抑えてください。普段どんなふうに過ごしているのかなど生活リズムを把握した上で、彼が興味を持つような話題をLINEやメールに送るようにしましょう。

相手からの返信が来ないからと一方的に長文メールを送り続けるなどの行為は重い印象を与え、面倒くさがられるだけですので控えるように。お互いの気持ちや価値観を知るのに欠かせないLINEやメールは、実際に会って話しをするよりも本音を伝えやすいツールの1つです。

だからこそ最初は健全な距離感をキープして、一人よがりにならないよう気をつけましょう。特に気持ちが不安定なときはネガティブなメッセージを送りがちになるため、相手の負担になってしまいます。そんなときは気持ちが落ち着くまで連絡を控えてみることも考慮してみましょう。

相手の気持ちがわからないからこそ、期待と不安で胸がしめつけられる片思い。恋を成就させるためにも、まずは相手のことを理解することが片思いを成功させる大事な一歩です。

辛い片思いは自分を成長させる貴重な体験

ひたむきに誰かを好きになれるということは素晴らしいこと。その恋が成就してもしなくても、あなた自身を成長させキレイにしてくれます。たとえ一方的に好きだったとしても、その一途な感情はその後の人生や経験に必ず役立つでしょう。

片思いから学ぶべきことは、自己中心的ではなく正しい方法でアプローチすること。誰かを好きになる喜び、相手への気遣いや思いやり、心の傷みを理解する、そんな人としての成長があなたの魅力に磨きをかけてくれます。片思いの期間は決して無駄ではないことを前向きに捉えながら楽しんでみてはいかがでしょうか。