UP

好きな人とうまく話せない人必見!奥手女子が好きな人と仲良くなる5つの方法

「気になる男性と上手く話せないんです……」
「本当は好きな人と話したいのに、恥ずかしくて避けちゃう!」

いつの時代も恋に悩みは付きものです。恋愛対象の異性と仲良くなるためには、徐々に相手との距離を縮めていうためのコミュニケーションを取らなければなりません。つまり、話すどころか恥ずかしがって彼を避けてしまっていたら、あなたの魅力を伝えることができなくなってしまうのです。そこで今回は、好きな人とうまく話せない奥手な女性に実践して頂きたい「彼と距離を縮めるための方法」をご紹介します。

なぜ好きな人に限って上手く話せないのか?

そもそも、なぜ好きな人に限ってうまく話せなくなるのでしょうか。自分自身の心理状況と照らし合わせて考えてみましょう。

■ 異性慣れしておらず、緊張してしまうから

好きな人を前にすると、どんな人でもドキドキして興奮・緊張状態になります。ただし、ずっと女子校で育った人や異性とのお付き合い経験が少ない人は、普通の人よりも極度に緊張の症状が出てしまうことも。緊張を和らげるためにも、いろいろな男性と会話をして慣らしてみましょう。

■「つまらない女だと思われたらどうしよう!」と思うから

自分の会話に自信が持てず、「つまらないと思われたくない」という気持ちが高まると、好きな相手との会話に恐怖を感じる場合があります。中には、好きなのに避けてしまう「好き避け」の行動に出てしまう人も……。好きな人を避ける、これを何度も繰り返してしまうと、つまらないと思われるどころか「自分のことが嫌いなのかな?」と男性側に思われてしまう可能性が高まります。

■「嫌われたくない!」と思うから

「嫌われるのが怖い」という心理が働くと、男性と上手く話せなくなります。でも、落ち着いて考えてみてください。普通の会話だけで人を嫌うことなんて現実的にはあまり事例がありません。それでも心配なら、むしろ嫌われることをチャンスと捉えてみて下さい。好きと嫌いは紙一重です。最初は嫌いだったのに、恋が始まると好きになってしまった……というのもよくある話。恋愛においてタブーなのは、相手から関心を持たれないことです。怖がらず、スムーズな会話ができるように努力をしてみましょう。

■「好かれたい!」と思うから

好きな相手には、相手も同じように自分に好意を持っていてほしいと思うのが女心。まだ恋愛が始まってもいない場合、好きな人に対する過度な期待が溢れてしまう傾向があります。「この会話で自分を好きになってほしい!」という想いが下手に強すぎると、うまく話せなくなる原因となってしまうことがあるので、できるだけ期待し過ぎないように、肩の力を抜いて会話できるようになりましょう。

上手く話せなくても大丈夫!好きな人と距離を縮める5つの方法

自分の心理を冷静に判断できましたか?次は、具体的に好きな彼と距離を縮めるための方法を解説していきます。好きな人に好かれるためには、上手く話そうとする必要はありません。シャイな女性にオススメしたいテクニックを5つご紹介します。

1. 笑顔を絶やさないようにする

いつも笑顔を絶やさないようにしましょう。上手く話せなくても、笑顔でいるだけで男性への好感度が上がります。加えて笑顔は、話しかけやすい柔らかな雰囲気が自然と滲み出ます。男性側から積極的に話しかけてもらえる可能性が高まりますので、どんな場面でも必ず笑顔をキープしましょう。

2. 最低限の挨拶を心がける

好きな男性とすれ違ったり顔を合わせたら、挨拶だけは欠かさないようにして下さい。挨拶を心掛けておくだけで、相手に良い印象を残せます。さらに続けて、ごく自然に挨拶を交わせるようになれば「おはよう。今日はいい天気ですね」「お疲れ様です!あ、今日のお洋服ステキですね」と、自分の会話スキルをレベルアップさせることができるようになります。

3. ラインやメールでのコミュニケーションを増やす

彼を目の前にすると緊張してしまう人も、ラインやメールならアプローチもしやすくなります。自分から連絡先の交換ができない……という人は、共通の仕事仲間や友人を通じて、アドレス交換をしてください。さりげない日常会話から少しずつラインやメールを送ってみましょう。この時、男性の趣味や興味・関心のある話題を振ってあげると話が弾みやすいです。徐々に慣らしていくことで、直接会った時でも自然に会話できるようになるはずです。

4. 近くにいるようにする

職場や学校では、なるべく彼の視界に入るような場所にいましょう。視界に入ることであなたの存在をアピールできます。話しかけてもらうチャンスにも繋がりますし「自分に好意があるのかな?」と気付いてもらえる可能性もあります。

5. 聞き上手になり、癒しの存在になる

男性が恋愛対象にする女性の傾向として、面白い話をする女性がモテるというわけではありません。友達として好きだけど、恋人にしたいかといえばそういうワケでもなく、むしろ男性が彼女にしたいのは、面白い女性ではなく自分だけの癒しの存在でいてくれる女性なのです。「お疲れ様。最近どう?」、「休日はどんなことしているの?」と聞き上手になって男性の話を聞いてあげると「この子は自分の話を聞いてくれる」「一緒にいると癒されるな」と、男性の意識が変わり始めます。聞き上手でありながら彼の癒しになれる、そんな女性を目指しましょう。

 

好きな人との会話は緊張するものです。上手く話せない……という女性は、今回紹介したように自己分析をまずはしてみること。そして彼との距離を縮めるテクニックを使って、ありのままの自分を見せられるよう自分自身の殻を破ってみましょう。先ほども説明した通り、無理に面白い会話をする必要はありません。彼にとって癒しの存在になれるようアプローチをしていきましょう。