UP

七夕デートで距離を縮めよう!ORIHIMEおすすめの七夕デートプラン

七夕といえば風情溢れる初夏のイベント。離ればなれになってしまった織姫と彦星が、年に一度会える恋物語としても有名で、クリスマスやバレンタインデーと同じく、1年の中でもロマンチックな行事のひとつです。

そんな二人の恋にあやかり、意中の相手との恋を成熟させたいですよね。そこで今回は、二人の距離がぐっと縮まる七夕のおすすめのデートプランをご紹介します。

王道はこれ!七夕祭りで盛り上がろう!

七夕デートの王道といえば、やはり『七夕祭り』は外せません。ムーディーな雰囲気の中で楽しみながらデートすれば、いつも以上にお互いの気持ちも高まるはずです。

■ 七夕祭りの元祖!『仙台七夕まつり』

伊達政宗の時代から伝統行事として400年近く受け継がれている七夕祭りの元祖とも言える『仙台七夕まつり』。毎年200万人を超える人が訪れる人気の七夕祭りです。七夕と言えば7月7日をイメージしますが、仙台七夕まつりは旧暦の季節感にあわせるために、毎年8月に開催。仙台市の中心と周辺の商店街が色鮮やかな七夕の飾りで彩られます。その中を二人で手を繋いで歩けば、非日常的な時間を過ごすことができますよ。

開催日:8月6日(月)〜8日(水)
時間:22時頃まで(※最終日は21時頃まで)
開催場所:仙台市中心部、周辺の商店街等

■ 人気グルメが楽しめる『湘南ひらつか七夕まつり』

『仙台七夕まつり』をモデルとして、1951年7月から開催されている『湘南ひらつか七夕まつり』は関東三大七夕祭りのひとつ。最も早く行われる七夕まつりとして、毎年約170万人が来場します。七夕まつりに欠かせない「竹飾り」はとても華やかで見どころが盛り沢山。また屋台の数も多く、流行モノや一風変わったグルメが味わえるのも魅力です。「何食べようか?」「これ美味しいね!」など会話を楽しみながら七夕気分を味わってみてはいかがでしょうか。

日程:7月6日(金)~8日(日)
時間:21時まで(※最終日は20時まで)
開催場所:JR平塚駅北口商店街を中心とした平塚市内全域

■ 願いごとが叶う!?『安城七夕まつり』

愛知県安城市で毎年8月に開催される『安城七夕まつり』。竹飾りが並ぶストリートは日本最長と言われ、その数は千本ほど。彩り豊かな美しい電飾は、見ているだけでロマンチックな気分に浸れます。短冊の数とともに願いごとの数も日本一と言われ、今年も「願いごとスクリーン」が登場します。これを使ってサプライズで告白……なんていうのもありですね。

日程:8月3日(金)~5日(日)
時間:21時まで(※最終日は20時まで)
開催場所:安城駅付近

■ 風情溢れる『一宮七夕まつり』

織物の感謝祭でもある『一宮七夕まつり』は毎年130万人もの人で賑わいます。目玉となるのはアーケード街の豪華な七夕の飾り。さらに「よさこい踊り」「仮装行列」「ブラスバンド」など、イベント内容も充実しているので、お祭りの雰囲気を思う存分味わえます。一宮駅から本町商店街、そして伝統のある真清神社まで続く七夕祭りの光景に、二人の笑顔が溢れるデートを楽しんでみてください。

日程:7月26日(木)~29日(日)
時間:21時まで(※最終日は20時まで)
開催場所:一宮駅、本町商店街周辺

デートの最後にはロマンチックな雰囲気の場所へ!

七夕にデートを楽しんだ後は、織姫と彦星の夜デートにあやかって、うっとりするような雰囲気を堪能できる場所へ行ってみてはいかがでしょうか。二人の距離がもっと近づくおすすめスポットをまとめてみました。

①プラネタリウム

どんより曇り空や雨が降りそうな気配がするお天気であれば、天気が悪くても美しい星空をゆっくりと眺められるプラネタリウムがおすすめ。幻想的な異空間にいるようなひとときを過ごすことができます。夜空に願いを込めれば二人の恋も成就するはず。

②ホタル観賞

この時期しか経験できない自然の感動を共有できるホタル鑑賞は、想像しただけでワクワクしますよね。二人にとって忘れられない思い出になること間違いなしです。

③星の綺麗な夜景スポット

織姫と彦星のシチュエーションにもっと近づけるなら、星空の綺麗な夜景スポットへ。狭い車の中で二人きり、絶妙な距離感でドライブしながら会話を盛り上げてみてください。星空を一望できる場所を事前にリサーチしておくとスムーズです。

④高層ビルの展望台

高層ビルの展望台も七夕の日なら甘いムードも一気にアップ。いつもとは違うメイクやファッションに身を包んで、彼に女らしさを見せてあげましょう。片想いの人は告白の成功率が上がる可能性も期待できます。

七夕というだけで気分が盛り上がる年に1度の恋人たちの日。ロマンが溢れるデートスポットで、思いきって想いを告白してみてはいかがでしょうか?いつも素直になれない人は、こんな日だからこそアピールを頑張ってみてください。織姫と彦星になれるように、勇気を出してみましょう!

 

年に一度しか会うことが許されていない織姫と彦星の恋物語は、今も昔も変わらずに語り継がれる「愛」を感じられる1日です。意中の相手との距離を縮める絶好のチャンスともいえる日ですので、恋を成就させたいと考えている人は、この日だけは積極的にアプローチを頑張ってみましょう。ロマンチックなムードに二人の気持ちが高まり、恋が深まる確率が底上げされるはずです。七夕の奇跡を信じて、ステキな恋を実らせてくださいね。