UP

男性の魅力は顔じゃない!自分の価値観を見直せた瞬間とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、モデルからタレントまでマルチにご活躍されている綾瀬羽乃さん。人懐こい笑顔が印象的な綾瀬さんですが、長年一緒にいた男性に振り回されてしまったことがあるのだとか……!1番近くにいた人が酒乱で周りに迷惑を掛ける姿を見て、綾瀬さんご自身が感じ取ったこととは?人を見る目に対する自分の価値観がどのようにして変化したのか、インタビューに答えて頂きました。

顔は良くても酒乱と女癖の悪さがトラブルに!周りに迷惑をかけないで欲しかったのに……

■ 人生で忘れられない思い出について教えてください。

羽乃:甘いマスクに細マッチョ。「隣にいてくれるだけでいい!」と思える人と長く一緒にいたことがあるのですが、女癖が悪く酒乱という問題のある人で……!黙っていれば平和なイケメンなのですが、お酒が入ると周りに迷惑をかけてしまうことから過去に苦労をしたことがあります。

■ 隣にいてくれるだけでいい!と思えるほどのモテっぷりとは具体的にどのような男性だったのでしょうか

羽乃:かわいい顔とかわいい声の持ち主だったので、まず女の子たちからのアプローチがものすごいんです。彼が酔っ払って会話がまともにできないところを狙って「一緒に遊ぼうよ」「連絡先教えて」と、とにかく積極的。中には水着写真を彼のLINEに送ってくる女性もいました。興味がないなら無視すればいいのに、律儀に返信をして相手を期待させてしまうから余計にややこしくなることもあって。側にいた私に対して敵対心を向けてくる人もいました。

その他にも、酔っ払ってグデグデ状態のところを女の子がお持ち帰りしようとしていたところを偶然にも発見したり、雨の中、道端で寝ている彼を迎えに行くなんてこともありました。

■ 酒乱とのことですが、改善する努力はされなかったのでしょうか

羽乃:椅子を持ち上げて店内で暴れたり、壁を殴って破壊してしまうなど、酒乱による失態がとにかく酷かったんです。大切な仕事の前日にお酒を飲み過ぎてケガをしてしまったことも……。酒乱が彼自身の問題になっていることは本人も十分に承知しているので、その度に反省はするし、お酒の量を減らす努力はしてくれるんです。私も彼の酒乱が治ってくれればと試行錯誤を繰り返しましたが、少しずつ変わってきた部分はあるものの、根本的に治すことは難しいと実感しました。

■ 彼がそのような性格になってしまった背景には、何かしらの理由があったのでしょうか

羽乃:「お金がない」と自覚しているのに動こうとしない、職業も転々としている。酒乱だけでなく、「今までどうやって生きてきたの?」と思うくらい、自己管理そのものができていないことに、ずっと問題を感じていました。とくに金銭的な面で少し残念なところがあって、「ディズニーに行きたい」と提案しても「お金がないから」と断られてしまうんです。私が払うから行こう!ついてこい!……と、私が男前な行動をとってしまい、お土産から食事代まで全て支払うこともありました。

さらに驚くことに、花火大会で友人たちと一緒にコンビニで買い物をした際、彼がお会計をしてくれたと思ったら、コンビニの代金を後で私から貰おうと思っていたようです。人前で格好付けたいのは分かりますが、コンビニの代金も払いたくないのかな?と思ってしまいました。

でも、その背景には親が原因なのかなと思うところもあります。彼と彼の母親の電話での会話を偶然聞いてしまったことがあるのですが、母親から「困った時は彼女に頼りなさい」という言葉があったのです。彼が甘やかされて育ってきたのは親の影響があるんだと知りました。良くも悪くも騙されやすく、利用されやすい人でしたが、彼がそうなってしまったのは家庭環境が原因だったのかなとも思います。お母さんでもマネージャーでもなく、私は普通の女の子として扱って欲しかっただけなんですけどね。

思いがけない人から当たり前のことを言われた瞬間、目覚めました

■ 問題があったとはいえ、長年一緒にいた人との関係について考え直すきっけかは何だったのでしょうか

羽乃:酒乱は病気のようなもの。たしかに彼も頑張ってお酒の量を減らそうと努力はしていたんです。ただ、その時にずっと私が言い続けてきたのは「お酒は飲んでもいい、でも人に迷惑だけは掛けないで」という言葉でした。バイト先で暴れたり、大事な仕事をダメにするなど前科があるので、とにかく周りに迷惑を掛けないで、と言い続けて……!でも、ある日気付いたんです。たまたま出会った年下の若い学生の子と話す機会があった時、お酒の話になって。「人に迷惑を掛けることはしない」と普通に返答されて、ハッとしました。

長いこと年上の男性に言い続けてきた言葉を、たまたま会った10歳以上も離れた学生の子が当たり前のようにサラッと言う姿を見て「あ、そうだよね」と妙に納得してしまったんです。当たり前のことをあっさり言われて、目が覚めるような感覚でした。結局、お酒で流されてしまう人はお酒を飲んでいなくても流されてしまうもの。例えば、飲み会の席で上手くその場から抜けられない人は、抜けるタイミングを自分で作れない、どこか自分に甘えてしまう人なんだと、今までモヤモヤしていたものがクリアになった気分でした。

■ 当たり前のことに気付いた後、彼との関係は変わりましたか?

羽乃:長年一緒にいた彼とはそこで人間関係を断つことにしました。でも、そのおかげで「人を見る目」が以前とは大きく変わったと思います。すごく当たり前のことかもしれませんが、お酒の席で人に迷惑を掛けない、そして気が利く言葉や態度を見る時に意識しているのが「お酒を綺麗に飲む人」。それから交わす言葉も気にするようになりました。

例えばお酒が苦手な子に「え?飲めないの?つまんなくない?」と言う人はNGですよね。飲めない子に対して掛ける言葉ではないと思います。それから店員さんに態度が悪い人もダメですよね。反対に、皆の動きをよく見ている人はスゴイなと尊敬します。場を盛り上げるとかではなくて、しっかり周りを見ている人は純粋に「いいな」と思います。

■ 今の自分にとって、好きな人に1番求めることは?

羽乃:年上年下関係なく自分をちゃんと持っていて、ブレない人。ただ優しいだけでなく、仕事もプライベートも自分の行動に対して責任を持てる人が理想です。それと、長く一緒にいた人は金銭的な価値観が合わなかったので……。旅行に使う人、食に使う人、お金の使い道は人それぞれ異なると思うんです。だから優先順位が違っていたとしても、お互いの価値観を尊重できる関係があると理想ですよね。そして何よりも大切にしたいのが「嘘をつかないこと」。小さな嘘が積み重なると、どうしても疑ってしまうので。側にいない時でも大丈夫と思える信頼関係が欲しいです。

■ 恋愛に対してはどうでしょうか。以前とは恋愛スタイルが変わったなと感じることはありますか?

羽乃:恋愛については前よりも慎重になったのは確かです。それから、できるだけ相手の言動からその人の良いところを意識するようになりました。ただ、自分から甘えることができなくなってしまったと思う部分があるので、疲れた時に「疲れた〜」と素直に甘えられるようになりたいですね。

迷った時は、この人と一緒にいたいと思う理由を紙に書いて頭を整理するのがオススメ

■ もし、「ダメだな〜」と思う男の人に惹かれてしまった場合、長続きするコツはありますか?

羽乃:一生その人と一緒にいると覚悟を持つことです。それができなければ、きっぱり諦めるべき。そして、どれだけ辛い思いをしても相手のペースに流されず、自分がこの人と一緒にいることを選んだと納得すること。そうでなければ離れたほうがいいと思います。

自分で考えて判断ができない場合は、「この人と一緒にいたい理由」を箇条書きにして描いてみてください。私も実際に書いたのですが、頭の中が整理できますし、「あれ?私なにしているんだろう?」と冷静になれます。元カレを引きずっていたり、暴力やモラハラで困っていても「でも……」と抵抗してしまう人はぜひ試して見てください。とはいえ、1つでも「この人でなければダメ!」と思う強い気持ちがなければ、考えてみたほうがいいのかなとは思います。

■ これまでの恋愛経験を通して、成長したな、学んだなと思えることを教えてください。

羽乃:自分自身がブレなくなったかなと。多少問題のある人でも受け止められる包容力はついたかもしれません(笑)過去の人間関係では大変な思いをしましたが、今は結婚を意識できる人と出会いたいし、どんと構えてくれるような安心感のある人と恋愛ができたらいいですね。美味しい食べ物や気持ちの良い環境に対して、お金を惜しまないで一緒にいられたら素敵だなと思います。

 

どんなに魅力的な容姿であっても、心から側にいたいと思うかは「この人でなければダメ!」という覚悟が必要です。人と人との出会いを通して、自分が求める価値観を学び、大切な人を見つけ出していくのかもしれません。綾瀬さんの話を参考に、自分の恋愛価値観について見直してみてはいかがでしょうか。