UP

せっかくのデートの日に台風が!直接会わずにデートを楽しむ方法とは

いよいよ明日は恋人とデートの日!と浮かれていたのに、そんなときに限って雲行きが怪しい様子……。今年は台風や豪雨が多いだけに、悪天候でのデートはリスクを伴う可能性が高くあります。楽しみにしていただけにこの状況はかなり凹みますよね。

このように、台風や豪雨が直撃する日にデートをするべきかどうか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、デートと台風の日が重なってしまったことを事例に、悪天候が重なってしまったときの対処方法について解説します。

台風や豪雨の日に外デートするのは大変!

恋人に会うのを心待ちにしているからこそ、「悪天候だけどデートしたい!」と考えてしまうのが人の心。しかし台風が来ると分かっているのに外で会うのは、かなりの危険が伴います。お互いが遠方に住んでいて、電車やバス、車を使う必要があるのなら、会いに行くだけでもかなりの労力が必要だと言えるでしょう。また、社会人であれば台風の影響で交通機能が麻痺し、万が一自分の家に帰れなくなってしまったら翌日の仕事への出勤が危うくなる……などのリスクを考えていくと、台風の日に恋人と外で会う=相当な労力とリスクがあることを承知の上でデートをするか否かを考えなければなりません。

選択肢①:デートを延期する

デートの日に台風が近づいていると分かっているなら、あえてデートを次回に延期するのもひとつの手です。レストランや観光など特別なプランを立てていたのなら、なおさらデート日をずらした方が良いでしょう。「せっかく計画を立てたし……」と無理してデートを強行したところで、メイクは落ちて髪や服はビショビショ状態。本来ならムード満点のレストランも窓の外が暴風雨だと、かえって悲惨な結果に陥る可能性も。恋人と予定通りに会えないという寂しい気持ちは理解できますが、「相手との時間を大切にしたい」「素敵な思い出を作りたい」と思っているなら、台風が去った頃に合わせた新しい日程でデートを仕切り直すようにしましょう。

選択肢②:直接顔を合わせない家デート

「台風でデートが延期になって、寂しい……」そんな人におすすめしたいのが、直接会わずにできる家デートです。インターネット技術が進んでいる現代は、会わなくても相手を身近に感じられるツールがたくさんあります。

チャットやビデオ通話を使って相手とやり取りをすることで、次のデートの行き先を話すのも◎。台風をネタにして世間話を盛り上げてみるのもいいかもしれません。そのほかにも、インターネットを使って同じ映画を同時に見たり、2人でネットゲームを楽しんだりするのもおすすめです。ただし、丸一日相手にやり取りを強制するのは要注意。ほどよく楽しんで「また会おうね」とサラッとサヨナラするくらいの距離感がおすすめです。

 

待ちに待ったデート日が運悪く台風と重なってしまう場合、状況によっては潔くあきらめることも大切です。台風でデートが延期になってしまったら、お互いの自宅にいながらできる家デートで2人の時間を楽しみましょう。とはいえ、台風に対する不満や愚痴を彼に言うのはNGです。むしろ「今日は台風で会えないけど、次のデートがもっと楽しみになった!」と明るく前向きな姿勢を見せてあげましょう。ピンチの時こそ自分をアピールする最大のチャンスと捉え、恋人を惚れ直させてあげてくださいね。