UP

合コンから付き合う確率は?成功する4つのコツを紹介

大学生や社会人になれば合コンに誘われる機会がグッと増えます。ですが、そこから交際に発展する確率はどれくらいあるのでしょうか。

彼氏募集中の時に誘われて参加した合コンに好みの人がいた場合、どのようにアプローチすればうまくいくの?と悩んでいる人も多いことでしょう。今回は、合コンから付き合う確率と意中の人を落とすコツまでをご紹介します。

合コンから付き合う確率はどれくらい?

新しい出会いが期待できる「合コン」。仲の良い友人に頼まれて参加することもあれば、自分が幹事になって人数合わせに奔走したという経験を持っている人もいるのでは?

複数の男女が居酒屋などで飲み会をするのが一般的とされる合コンですが、よく知らない異性と出会う場でもありますので、当たり外れが多いとも言われています。

実際に合コンから交際に発展する確率は30~50%程度と言われており、そこから結婚までに繋がる確率はわずか3%程度。交際期間も数ヶ月程度が多く、「付き合ってみたら違っていた」「何となくノリで付き合ったけれど、自然消滅してしまった」などの意見も多く聞きます。逆に「今までのタイプとは違う人と付き合ってみたら、とても楽しくて今も続いている」「違う世界の人と知り合えた」などの肯定的な体験もあります。

真剣に長くお付き合いできるケースは低いとはいえ、出会う場所や人によっては長続きしているカップルもいる、というのが現状です。

合コンから付き合うに至るまでの流れ

合コンは「友達」や「知人」から発展して付き合うという通常のプロセスではなく、初対面で恋愛対象者を見つける場からスタートします。そのため、短期決戦になるパターンが多いとも言われています。具体的に付き合うまでの過程は以下の通り。

  1. 合コン時に仲良くなって連絡先交換
  2. 最初はグループで遊ぶ
  3. 個人的に連絡を入れて2人で食事
  4. 数回の食事から相手のことを知るように
  5. うまくいけば数ヶ月~半年でおつきあい

合コン後、気になる男性から連絡がきて食事などに誘われたら、最初は気楽に楽しめる場所がおすすめです。デートを重ねて告白されそうな雰囲気を感じたら、男性側は素敵な雰囲気をつくるなどサプライズ演出を心掛けてみてください。

合コンで意中の人を落とす4つのコツ

では、合コンで気になる人がいた場合、どのようにして意中の人を落とせばよいのでしょうか。ここでは、合コン中にできる「いい女」のテクニックをご紹介します。

■気配り

男性は周囲に優しく気配りができるかを意外と見ています。この場合の気配りとは、料理の取り分けだけではなく、一人でぽつんとしている人にさりげなく話しかける優しさや、場の空気を読んで積極的に盛り上げるなどの親しみやすさ。周りを気遣う人柄に男性は惹かれるようです。

■相手の動作を真似る

相手と同じ動作を行うことを「ミラーリング」と言います。例えば、相手がサラダを食べたら自分もサラダを食べる、相手が笑ったら自分も笑う……これは相手の動作を真似ることで親しみを感じてもらい親近感をアップさせる方法です。

■チラっと相手を見る

気になる男性がいたら、何度もチラ見をしてみてください。そこで目が合ったら笑顔を見せて顔を元の位置に戻します。これを2~3度繰り返すと男性はあなたを意識するようになります。露骨なアピールではなく、さり気ないアピールが重要。周囲の反感を買うことなく男性からアプローチしやすい状況を作り出します。

■下の名前で呼ぶ

苗字ではなく下の名前で親しみを込めて呼ぶと効果絶大です。男性は下の名前で呼ばれることで「自分のことを特別に見てくれている」「自分を大切にしてくれている」と感じることが多いようです。また、下の名前は聞きなれているので相手に親近感や安心感が沸きます。ただし、気になる男性だけを下の名前で呼ぶと、他から反感を買いますので、できれば参加している人全員を下の名前で呼ぶようにしましょう。

 

合コンと聞くとあまり良いイメージを持たない人もいますが、信頼のおける人がセッティングした合コンであれば、素敵な男性と巡り会うチャンスです。お互いの第一印象が良ければ交際に発展する可能性も十分にありますので、参加すると決めたら面倒がらずに最高の自分を演出してあげてください。きっと素敵な恋愛があなたを待ち受けているでしょう。