UP

片思いの相手に告白する際の失敗パターンと成功パターンとは

「好きな相手と両思いになりたい!」このような気持ちがあれば、告白して想いを伝えようとするのは誰もが考えることです。

ですが、「告白」という行為は非常にデリケート。タイミングを図って行うことが重要です。片思いの相手に告白を成功させるためには、どのように対応するべきか悩んでいる……という人も少なくはないでしょう。

今回のコラムでは、告白の失敗パターンを紹介するとともに、成功率を高める方法についてお伝えします。

「告白あるある」の失敗パターン3つ

まずは、一般的によくありがちな告白の失敗パターンからチェックしてみましょう。

1.思いを抑えきれずに突然告白

片思いの相手が好き!という気持ちを抑えられず、衝動的に告白してしまうパターンです。大抵の場合、あまりにも突然過ぎて「空気が読めない女」と勘違いされ、相手にドン引きされて終わります。

2.友達関係を両思いと勘違いして告白

メールやラインをやり取りするまでの関係に発展し、ご飯も食べに行く……。友人関係になれたことに舞い上がり、勝手に相手が自分を好きになったと勘違いして告白してしまうパターンがこちら。友達関係とはいえ、恋と友情は別物です。相手があなたに対して好意を抱いているか・いないかを見極めて行動に移しましょう。

3.好きな気持ちを相手に知られてしまった後の告白

「あの子、お前のこと好きなんだって」と、他人から無責任な情報を聞かされると、伝わり方にもよりますが、中には警戒してしまう人もいます。相思相愛であれば、そのままハッピーエンドになる可能性もありますが、片思いの場合、慌てて後から告白しても大体はあっさり断られて終わります。

片思いの人への告白成功率を高める3つの方法

続いて、告白の成功率を高める3つの方法についてお伝えします。

1.相手への感情を抑える

片思いの相手の前だと、しどろもどろになる気持ちは良く分かります。だからこそ感情を抑えることが大事。片思いの相手を前にしても動揺せず、落ち着いて会話できるよう平静を装いましょう。相手と自然体で会話ができなければ相手もあなたに興味を持たないし、恋も始まりません。自分を落ち着かせて余裕のある会話を楽しみましょう。

2.片思いの相手と友達になる

片思いの人と近づくために、まずはグループ単位で攻めることからスタートしましょう。まずは「一緒につるんでいるグループの1人」となり、少しずつ距離を縮めて少人数で遊びに行けるようになればベストです。不思議なもので、人は一緒に遊ぶ相手には好意を持ち始めます。特に気に留めていなかった女性と一緒に遊ぶうちに親近感が湧く、といった恋のパターンはよくあります。

3.信頼ができる共通の知り合いに相談する

信頼できる共通の知り合いに相談しましょう。口が軽い人は当然ながら避けた方が無難です。たとえ恋愛の経験が少ない人でも、可能な限り口が固くて片思いの相手をよく知る人に相談すると◎。大好きな人の趣味や好みを聞き出して会話の引き出しを増やしておきましょう。

 

片思いを成就させることは難しいものです。ここで紹介した方法は一例であり、他にもさまざまな恋を成就させるテクニックがあります。

  • 相手を思う「好き」という感情をコントロールする
  • 落ち着いた状態で片思いの相手に接近し、友人関係を築く
  • グループから個人へと距離を縮める
  • 共通の知人や友人に協力してもらう

まずは上記を守りながら、片思いの相手と十分に仲良くなることが第一。遊び仲間を味方にして「2人きりデート」を目指して頑張りましょう。