UP

遠距離恋愛のコツ!遠距離でも長続きさせるための秘訣とは?

複雑な恋愛の形はいろいろありますが、とりわけ持続が難しいとされているのが「遠距離恋愛」。就職や転勤による仕事都合から留学などの自己実現まで、さまざまな理由で遠距離となるカップルも決して少なくはありません。

どんなに好き合っていても会いたいときに会えない状況に寂しさも募ることでしょう。二人がともに過ごす限られた時間の中で、どうすれば遠距離恋愛を長続きできるのか?恋人と会えないときの対処法を具体的な行動例とともにお届けします。

会えないからこそ親密なコミュニケーションで愛を再確認

どんなに会いたくてもすぐに会えない。このマイナスとも言える状況に直面したとき、最も大切なのは行動に移すことです。

自分から電話を掛けてみる。
タイミングを見てカレにメッセージを送ってみる。

相手からの連絡を心待ちにするだけでは自然消滅を待っているのと同じです。
直接会えなくても自分からコミュニケーションを取っていきましょう。
お互いの顔を見ながら会話ができるビデオ電話や国外でも無料で通話ができるスカイプなど、便利なコミュニケーションツールを使って気軽に連絡が取り合える時代ですので大いに活用してみてください。

「今日の夕飯はコレ!」
「このマンガが面白い!」

話す内容は日常の出来事や当たり触りのない世間話で十分ですが、愚痴や不満などネガティブな話で終わらないように。また、普段から節約を心掛け恋人に会いに行くための資金を貯めておくことも大切です。とくにクリスマスや年末年始などの季節イベントはお互いの気持ちが自然に盛り上がるタイミング。
ぜひ直接会える計画を提案してみましょう。どちらか一方に負担が偏らないよう、お互いが行き来できるようなプランを組むなどケンカになる原因を作らないようして進めてみましょう。

【遠距離恋愛を継続するコツ】

  • 電話やメッセージなど定期的なやり取りをお互いが心掛ける
  • メールや電話をしても、どちらかの一方通行にならないようにする
  • 会話の最後はポジティブな言葉で終わらせる
  • 季節のイベントを大切にする
  • 片方だけに金銭的な負担が掛からないようにする

すぐに返信が来ないことで不満をぶつけるのは絶対にNGです。ストレスやイライラを感じたら友人とご飯を食べに行く、趣味に打ち込むなど気分転換をしながら心をコントロールしてみましょう。

遠距離恋愛でさらに愛を深める方法とは?

いつもは電話やメールでのやりとりですが、お盆休みやお正月などを利用してカレに会いに行く人も多いはず。久々に対面するカレとの愛をさらに深めるポイントをまとめてみました。

■相手に変化を感じても気にしない

恋人と会う機会が減ると久しぶりに会った時にふと相手の変化を感じることがあるかもしれません。これまでとは違う生活を送る相手を見て「あれ?」と感じても相手の性格が変わったのではなく状況が変わっただけと気にしないことが大事。過度に反応せず広い心を持って受け入れるようにしましょう。

■直接会えることを素直に喜ぶ姿を見せてあげる

遠距離恋愛を長続きさせる最大のコツは小さなことにヤキモキするのではなく、直接会えるという現実をどれだけ楽しいものにできるのかということ。久しぶりに会えたときは笑顔で「大好き!」という気持ちを全面に出してあげると相手も同じように返してくれます。

■会えたときはカレとの思い出をたくさんつくる

実際に会えたら不満や文句を口にするのではなく、純粋に会えなくて寂しかったという気持ちを素直にサラッと伝えてあげると相手の気持ちをグッと引き上げてくれます。一緒に写真を撮る、その日の記念になるようなものを買うなど、側にいる時間は大切な思い出を増やしてください。ケンカをしたときや浮気に走りそうなときの歯止め役となってくれます。

■次に会うときの楽しみを提案する

遠距離恋愛で久しぶりに会うカレとの楽しいひととき。この先も良い関係を続けるのであれば必ず次に会う約束をしましょう。春休みやゴールデンウィーク、夏休み、お正月、まとまった休みが取れる期間は限られています。お互いの気持ちが最高に盛り上がっている状態で「次につながるお楽しみ」をつくる、これが遠距恋愛というハンデを乗り越える近道の1つです。あなたのことをいつでも思い出してもらえるように感謝の気持ちや普段言えないことを手紙に込めて別れ際に手紙を渡してみるのもおすすめです。シンプルなことですが、確実に相手の心に響かせるテクニックです。

頻繁に会えないからこそ会えたときにお互いの気持ちを再確認し、愛しているという気持ちを高められるかが重要なポイント。片思いだった頃を思い出してどうしたら相手が喜ぶのか自分なりに工夫をしてみることもオススメです。

遠距離恋愛を乗り越えたカップルは強い絆で結ばれる

長期間になればなるほど維持するのが困難だと言われている遠距離恋愛。それでも前を見据えて2人で乗り越えることができれば、誰よりも強い絆で結ばれることになるはずです。

「会えない時間が多いからこそ、また会う日がなによりも幸せ」

そんなふうに思えるくらいの余裕が出てくれば怖いものはありません。遠距離恋愛というシチュエーションを楽しめてしまうくらい余裕を持った関係を築くことで明るい未来を想像してみてはいかがでしょうか。