UP

アラサーの恋愛はこじれやすい!?今後の恋愛で失敗しないための注意点

キャリアウーマンで仕事に打ち込む人からマイペースに実家暮らしを楽しんでいる人まで、ある意味において自分の時間を自由にコントロールできる世代とも言えるアラサー女性。その人生経験から男を見る目も厳しくなり、「恋愛ができない」「いい男がいない」と悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

なかには年齢を理由にする人もいますが、恋愛に発展しないその理由には「恋愛をこじらせていること」が原因かもしれません。今回のコラムでは、アラサーが恋愛で失敗しないための注意点についてご紹介します。

恋愛をこじらせる原因は相手の好意を信じられないから?

アラサーが恋愛モードになりにくい原因の1つとして考えられるのが、人生経験です。過去の恋愛体験はもちろん、周りの友人から聞いた恋愛話から自分なりに考えて答えを出せる分、男性側の言葉や行動に「なにか裏があるのでは?」と粗探しをしてしまうケースが考えられます。つまり、よくも悪くも過去の男性像を引きずっているというわけです。

例えば、「浮気症だった」「お金の使い方が悪かった」など、元彼との恋愛で苦い思いをしたことがある場合、恋人候補となる男性が浮気を示唆する発言やデート時に割り勘だったなどの「浮気」「お金」のキーワードに引っかかるような言動を発信してしまうと、アラサー女性は過去の経験から「どうせあなたも元彼と同じでしょ」と判断してしまいます。男性が一生懸命あなたにアプローチをかけても、好意よりもネガティブな行動が気になり、結果として恋人候補から外れていきます。

新しく出会った男性と元彼は別の人間であり、自分も含め誰でも欠点の1つはあるものです。完璧を求めたところで自分の理想に叶う王子様と巡り合う確率はほんのわずか。あれもダメこれもダメと、線引きし過ぎると、さらに恋愛をこじらせる原因になりますので気をつけましょう。

アラサー女子が恋愛する時に注意すべきポイント

最近のアラサーは年齢よりも若く見られる美意識の高い女性が多く見られますが、その一方で「30歳を過ぎて女性としての価値が下がってしまった」と、自分の実年齢を気にする人もいます。とはいえ、後ろ向きになったままでは良い恋愛も逃げてしまいます。ここではアラサーが恋愛で注意すべき点についてまとめてみました。

■ 条件で相手を見定めない

大半のアラサーは恋愛の先にある「結婚」を視野に入れています。その為、年収や見た目、学歴、身長など結婚相手の条件を細かくリストアップし、それに見合わなければ恋愛対象外にしてしまう人も……。そしていざ、あなたの条件に見合う男性が現れても、異性として心がときめかなかった、自分が好きでも男性側が全く興味を示してくれない、といった様々なケースが発生し、思い通りに進まないこともあるでしょう。恋の始まりは本能によるもの。条件だけにとらわれず、直感で見極めた男性と恋をスタートさせることも時には大切です。

■ もっと素直になる

経験豊富なアラサー女性のなかには、「年相応の理想的な女性」を自分の中に持っている人もいるでしょう。「アラサーなのに10歳年下の男と付き合うのはおかしい」など、自分の価値観で固めたマイルールを作ってしまい、そのレールから外れることを恐れているようなら少しだけ肩の力を抜いてみてください。あなたが何歳であろうと、あなたらしさと年齢は関係ないものです。無理して自分の理想像を演じても、恋愛は長続きしません。自分にダメだしするのではなく、素直になって恋の相手を見つけてみましょう。

 

人生経験が豊かだからこそ、自分の理想とする恋愛にしがみついてしまうのは勿体ないことです。10代の頃のように、ときめきに身をまかせて恋愛を楽しむスタイルを思い出してみてくださいね。