UP

片思いのまま失恋・・・辛い失恋から立ち直る7つの方法!

「失恋」それは恋をしたことがある人なら、多くの人が経験をする出来事。とくに、片思いのまま終わってしまった恋は、とても悲しくて苦しいですよね。

恋愛は相手がいるからこそ成り立つもの。恋が実るようにと努力をしても、その想いが叶わず「失恋」という形で結末を迎える可能性は、誰にでもありえることです。今回のコラムでは失恋から立ち直る方法をお伝えするとともに、片思いのまま失恋してしまう人の特徴をご紹介します。

失恋から立ち直る7つの方法

恋が破れた後はネガティブになりがちです。「もう、この失恋から立ち直れない」と、次の恋を考える余裕なんてないかもしれません。ですが、終わってしまった恋をいつまでも引きずりたくないと、心の底では感じている人も多いのではないでしょうか。ここでは失恋から立ち直る7つの方法をご紹介します。

1. 溜め込まないで感情を素直に出す

失恋をしたら下手に我慢をせず、とにかく感情を表に出してしまいましょう。振られた相手に対する「怒り」、両思いになりたかったという「悔しさ」、なんでもOKですが、「泣く」という行為が1番分かりやすいかもしれません。彼のことを思い出して、泣き続けてください。泣くことで自分の内に秘めた感情を吐き出し、気持ちがスッキリします。それが大切です。

2. 思い出の品と別れを告げる

次の恋に向けて頑張ろうとしても、好きだった相手を思い出す「きっかけ」になるものが目の前にあると、「やっぱり……」と躊躇してしまうことがあります。そんなときは、思い切って思い出の品に別れを告げましょう。物だけではなく、彼と撮った写真やメール、ラインのやり取りも削除してください。一度リセットすることが、気持ちの整理にも繋がります。

3. 毎日を恋愛以外で充実させる

失恋に苦しむ人の多くが1人の時間を過ごしている傾向があります。時間があるからこそ彼を想い、考えてしまい悪循環に陥ることも。仲の良い友人に失恋話を聞いてもらうもよし、ご無沙汰していた友人と久しぶりに連絡をとるもよし、合コンや飲み会に足を運ぶもよし。時間とお金に余裕があれば旅行に行くのも気分転換におすすめです。とにかく彼のことを考える暇を与えないよう、忙しく過ごすことで少しずつ時間が解決してくれます。

4. 理想の自分探しをしてみる

失恋をすると、マイナスな考えばかりが頭をよぎります。「私がもっと美人だったら」「彼好みの顔だったら」と、今更なことを考えてしまう人も……。そんな時は過去を悔やむより、理想の自分を見つけだし、その理想に向かって動いてみてください。すらっとした体型が理想ならダイエットに力を入れてみる、憧れのタレントやモデルと同じヘアスタイルにしてみる、雑誌で見つけた素敵な洋服を思い切って購入してみる、といった具合に、自分が理想とする女性像に近づけるよう努力をしてみましょう。少しずつ自信を持つことが立ち直りに繋がります。

5. 過去の恋愛として受け入れる

好きな人に振られた原因について考えても、答えが見つからないこともあります。「もしかしたらチャンスがあるかも?」という思いは捨て、「終わった恋」として受け入れてみてください。過去の恋愛と割り切ることで気持ちにも変化が出ます。

6. 新しい出会いを探す

失恋直後は他のことを考える心の余裕はありません。ですが、少しずつ心が落ち着いて立ち直り始めたら新しい出会いを求めてみましょう。「男性は彼だけじゃない」と、広い視野を持って他に目を向けることができれば、素敵な人に出会えるはずです。

7. 趣味や好きなことを見つける

恋愛はひとまず置いておき、恋とは無縁の「好きなこと」に夢中になってしまうのも失恋解消法の1つ。自分が没頭できる趣味や好きなことを見つけて集中してみてください。恋愛に対する心の比重を変えることで失恋からも早く立ち直れます。習い事やワークショップに通い始めるなど、行動に移してみましょう。

片思いのまま失恋する人の特徴とは?

片思いのまま恋が終わりやすい人の特徴としてまず挙げられるのが、相手との温度差を感じられない人です。相手が自分にどのくらいの好意を持っているのか調べずに、ただ前のめりにアタックし続けると、その温度感や関係によっては相手からドン引きされてしまうケースも……。

また、気が強くて素直じゃない人、真面目な人、恥ずかしがり屋の人によく見られるのが、好きという気持ちを伝えられず、相手に彼女ができてしまったというパターンです。相手との距離感や関係にもよりますが、少なからず素直にアピールしなければ相手には伝わりません。

 

失恋から立ち直るには時間がかかるもの。焦らずゆっくり、自分のペースで立ち直るための努力をしていきましょう。過去の恋を越える素敵な出会いを見つけてくださいね。