UP

恋愛に臆病になった女性が前に進むために必要な考え方とは

想いを寄せる男性といい雰囲気になったとき、自ら恋の進展にブレーキをかけてしまう……そんな経験ありませんか?

もし当てはまるようであれば、今のあなたは恋愛に対して臆病になっているのかもしれません。今回のコラムでは恋愛に臆病になりやすい人の特徴をお届けするとともに、前に進むための考え方について解説していきます。恋をしたいのに無意識に躊躇してしまうと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

「恋愛」に臆病な人の特徴とは?

恋愛に対して臆病になってしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。大きく分けて次の2つのパターンに分かれる傾向があるとされています。当てはまっている人、身に覚えのある人は根底から恋に対する姿勢や意識を変えていきましょう。

1.過去の恋愛に傷を負っている人

これまでにも恋愛経験はあるのに億劫になってしまう、そんな人に多いパターンが過去の恋人との付き合いで深く傷ついている人です。元彼の浮気や暴力、モラハラなど、精神的・肉体的なダメージが大きいほど恋を恐れ、恋愛することから目を背けようとしてしまう傾向があります。このタイプは身近にいる男性と元彼を無意識に重ね合わせてしまうことがあるため、前向きに恋愛しようというモチベーションがあまりないケースが多々あります。

2.ネガティブ思考で後ろ向きになってしまう人

恋に臆病な人は基本的に自分に自信が持てない場合が多くあります。「人より恋愛経験が少ない」「体型にコンプレックスがある」このようにネガティブな要素を常に考え、他人と自分を比較してしまうようでは自信のなさが言葉や行動に現れてしまいます。このタイプの人は自分を過小評価してしまいがち。自分を客観的に見れず自ら恋愛を遠ざけてしまいます。

恋愛に臆病な状態から前に進むための考え方

恋愛に対して臆病になっている人は自分が傷つくのを恐れ、自ら恋愛にブレーキをかけてしまうことがあります。ですが、多かれ少なかれ誰だって恋愛コンプレックスはあるもの。人と人とのお付き合いですので、時には衝突することだって当然ながらあります。大切なのは「恋をしたい」という素直な気持ちであり、そんな自分自身を認めてあげることなのです。

さらに言えば、どんな人であろうと恋愛をする上で、傷つくことは避けられません。むしろ、相手との気持ちが通じたときの嬉しさや、会えないときの寂しさなど、気持ちの浮き沈みがあるからこそ「恋」は楽しいのです。

過去の恋愛で受けた心の傷や自身のコンプレックスなど、目を背けたくなる弱い部分を乗り越えることが新しい恋の始まり。ネガティブな気持ちでいるよりもポジティブでいる方が、あなた自身が放つ輝きは断然違うはず。あなたの前に男性が現れたら興味を持つことから始めてしっかりと恋愛を楽しんでみてください。

 

臆病になってしまう恋愛は過去の経験やコンプレックスが引き金になることが多くあります。心がネガティブになっている場合、自分が傷つくのを恐れてしまうことから、出会いがあったとしても「どうせ私なんか」と、スルーしてしまうことも……。恋はパワフルでエネルギーが満ち溢れています。自分の心の殻から飛び出して、ぜひ気になる男性にアプローチを仕掛けてみてくださいね。