UP

失恋・離婚から学んだ新しい恋愛スタイルは、ヒトの心をひっくり返す「恋愛オセロ」【インタビュー】

過去のありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、ヒトの心をまるでオセロのようにひっくり返すというユニークな恋愛スタイルを持っているという成澤祐一さん。離婚を経験し、成功も失敗もしてきたという成澤さんが考える恋愛持論とは?

思わず納得してしまう女性との距離を縮める独自のテクニックについて、実体験とともに語っていただきました。

美人の女性よりも「この人なに?」と僕に興味を持ってくれる女性が恋愛対象です

■「ヒトの心をひっくり返す恋愛オセロ名人」とお聞きしていますが、これは?

成澤:これは僕の恋愛スタイルです。簡単に説明すると、新しい出会いがあった時、最初にわざと自分を落とすようにして、僕に対する評価や印象を悪くしてしまうんです。そこからスタートするんだけど、最終的にオセロのように黒から白に僕のイメージをひっくり返して逆転させてしまうということで「恋愛オセロ名人」と名付けました。

■ なぜ、最初から自分の印象を悪くしてしまうのでしょうか?

成澤:僕が面白いと思ったからです。なんか面白い、なんか楽しい、その感覚が僕に合っているというか。僕自身、バツイチという時点で既にマイナス要素があるから隠してもしょうがないので最初に伝えてしまっています。出会いのパターンにはいろいろとありますが、例えば友人同士で繋がりのある飲み会や合コンであれば「この人ぶっ飛んでるな!」と思われたい(笑)だから初対面の印象をわざと悪くしちゃいます。

少し前までは、「漁師です」とか「AV男優です」と冗談で自己紹介していました。下手にカッコつけたり自分を大きく見せることができないから面白いヤツで在りたいなって。10代とか若い頃はカッコつけていた時期もありましたが、恋愛・結婚・離婚をして経験を重ねていくうちに、自分が一番ラクな状態で恋愛できたらいいなと思うようになったと感じています。

だから素のままで冗談を言う自分が楽しい。なかにはドン引きする人もいるけど、「この人バカなんじゃないのかな?」と女の子が僕に反応を示してくれたら嬉しいんです。背が高くて美人の女性より、僕に興味を持って見てくれる女性の方がいいですね。

■ カッコつけたいから面白いヤツと思われたい、何がきっかけでそう感じたのでしょうか

成澤:恋愛でたくさん失敗をしたからです。自分を出そうとして否定されたこともありますし、気を遣いながら女性と付き合っていた時期もありました。相手の本心を見極められず、恋愛や結婚をしていたと自分でも感じています。今はありのままの自分をぶつけて、そのまま受け止めてくれる女性とお付き合いするケースが多いですね。その方が上手くいくし恋愛を楽しめるんです。

自分に落ち度がなくても、離婚調停をするなら計画的に進めなければならないことを学びました

■ バツイチとのことですが、離婚に至った原因はどこにあったのでしょうか

成澤:分かりやすく言えば価値観の違いです。年下の女性とできちゃった婚をしたのですが、今振り返ると僕も若かったですね。その時は突っ走っていました。結婚前から自分の思いを伝えても響かないなと妻に対して思うところはありましたが、僕自身も頭は良くないし天才肌ではありません。勉強やスポーツも人より努力が必要なタイプだと自分でも理解していて……。そんな僕だから人一倍努力しなければいけないことを妻に伝えたたら「私は努力という言葉が嫌い」と否定されてしまいました。自分が信念としているベース(土台)をひっくり返される言葉を言われてしまうと悲しいですよね。

その後、妻とは別居をしましたが、友人から妻が浮気をしていたことを聞かされて。そこに腹が立って離婚調停を申し出ました。その時はもう悔しくて納得できなくて。彼女との間にできた子どものことまで考える余裕もありませんでした。

■ 妻が浮気とのことですが、離婚調停の結果はどうなったのでしょうか

成澤:弁護士の先生に相談をしましたが「後の祭りだよ」と言われました。本気で離婚調停で勝つなら同居している最中に浮気調査をするべきだったんです。知人の証言も証拠にならないから、前もって計画的に探偵を入れて証拠を掴んだ上で裁判を起こさないとダメ。僕の場合、妻と別居した状態を許していたから、そこからひっくり返すことはできませんでした。でも、悔しい気持ちは消えることもなく。弁護士からは長引くだけ時間の無駄だし、自分の為にも妥協できる点を見つけて終わらせようと諭されました。複雑な気持ちでしたが、納得をした上で離婚問題が落ち着きましたね。無責任かもしれませんが、離婚してよかったと今は思っています。

■ 恋愛対象になる女性とならない女性の違いはどこにありますか?

成澤:以前の僕は見た目重視でした。「かわいいな」「素敵だな」と思った女性を好きになることが多かったものの、なかなか上手くいかなくて。男女の関係にはなるけど継続ができませんでした。最初はお互い盛り上がるけど、安定するにつれて噛み合わない部分が出てきてしまうんです。それで別れるケースが多かったですね。

今は先ほどお話したように、ありのままの自分を受け入れてくれる女性が恋愛対象です。やさしくて柔らかい雰囲気の女性に惹かれますね。とはいえ、ボーダーラインはありますよ。例えば「私が!」みたいな我が強い女性や、お金持ちの男と遊び慣れている女性は得意じゃないかも。でも僕が負けず嫌いなので、そういう子を見ると「勝負」という感覚で恋愛してみたいかなと興味はあります(笑)

スポーツと同じように、ちょっと力を抜いたくらいで恋をするのがちょうどいい

■ では、女性との距離を縮める方法は?コツを教えてください

成澤:最初に自分をマイナスに落とす分、こんな僕でも優しさもあるよとアプローチすることでしょうか。といっても大したことではないです。仕事やプライベートの悩みを聞いたり、家に来た彼女に暖かいミルクティーを用意したり。高価なプレゼントを毎日あげるとかではなく、相手のことを思った小さな気遣いを日々の生活の中で見せてあげるだけです。自分ができる範囲の優しさを相手に伝えてあげると、いつしか好きになってもらっているパターンが多いです。

好きな女性のためなら男性はお金を使うと思うし、やっぱりカッコつけたいという気持ちも分かります。それはその人のスタイルだから否定はしないけど、自分には合わないなと思っているのも事実。その辺りの恋愛に対する自分の位置付けは理解しています。

そして何よりも失敗をたくさんすることが大事。恋愛もスポーツと同じで、ちょっと力を抜いたくらいで恋するのがちょうどいいんです。冗談を言って、そのノリに便乗してくれるならありがたいですね。だから僕に興味を示してくれる女性とは、上手くいく時はすごく早いです。

■ 今の成澤さんが結婚相手に求めることは?

成澤:自分らしくいられることですかね。細かいことを言えば、家事や掃除が好きな女性だと嬉しいです(笑)でも、女性だけに家事を任せてしまうのは今の時代には合ってないと思うので。お互い助け合えるような、そんな感覚で一緒に過ごせる女性が結婚相手だったらいいですね。

■ これまでの恋愛経験を通して、成長したな学んだなと思えることを教えてください

成澤:「自分が頑張らないと!」という気持ちから、以前はあまり恋人に甘えられませんでした。僕がリードしなくちゃいけない感覚が強かったし、それが若い頃のカッコつけでもあったのかな。けれども自分が頑張っても人によって受け取り方は違うもの。反対に甘えることに徹した時期もありましたが、それはそれでダメでした。

結論として言えば、持ちつ持たれつの関係が一番いいですね。甘えるところは思いっきり甘えて、でも譲らないポイントも持っておく。難しいけど区分けとバランスは大事だし、結局男は「男」を売るしかない。何かあった時に頼ってもらえる存在であること、彼女が困った時に支えてあげることを今は大切にしています。持論ですが、僕の場合体を鍛えていると心も強くなると思っているんです。逞しい体は自分に対する自信に繋がるし、健康にもいい。強いに越した事はないですね(笑)

 

失恋や離婚など、過去の失敗話を明るく楽しく話してくださった成澤さん。「ヒトの心をひっくり返す恋愛オセロ」という恋愛スタイルに、思わず共感する人も多かったのではないでしょうか。成澤さんのストーリーを参考に、自分が心地良いと感じるような素敵な恋を見つけてくださいね。