UP

恋愛は駆け引きと見えない努力!一方的に振られないようにする方法とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回インタビューをさせて頂いたのはインフルエンサーやモデル業で活躍されている中川おりなさんです。さまざまな恋愛経験の中で実際にご自身が取り入れたという「恋愛テクニック」はまさに女性が興味を持つことばかり。振られないようにするための努力など、ご自身の恋愛スタイルについてインタビューをさせて頂きました。

人気が高いモテ系男子と恋愛したいとは思いません!

■ おりなさんが好きになる男性はどのような人ですか?

おりな:必ず女性からモテるイケメンの男性やムードメーカーで人気者……みたいな人ってクラスで1人はいるじゃないですか。そういった男性、私はダメなんです(笑)私が「いいな」と興味を持つのは基本的に「モテない人」。どちらかと言えば、あまり周りから注目されない大人しい感じの人に惹かれます。顔は気にしませんが、あえて言えば背丈は高い方が好みですね。

■ 女性からモテるタイプの男性を好きにならないのは何故でしょうか?

おりな:モテる人は必ず他の女の子たちが好きになってしまうので……。もし、そんな人が自分の彼氏になったら、他の女の子に目を向けてしまわないかなって心配してしまうんです。それに誰かがその人を好きになれば、「●●さんが好きらしいよ」と周りから話を聞いてしまいそう。私にとってそれが不安になってしまうから、人気のある男性は最初から恋愛対象になりません。

だから彼女がいる男性もあまり好きにならないですね。もしその人に興味を持ったとしても彼女がいるのに私にも興味がある態度を取られた時点で自分が彼の彼女になったときも同じことをされてしまうのかなと思うので。

■ 恋人にはどのようなことを求めますか?

おりな:私をちゃんと見てくれる誠実さと、愛情を示してくれることですね。外見よりも内面が大切だと思うので裏切らない人であってほしいです。だからチャラチャラした感じのある遊び人風の男性とはおつきあいしたいと思わないし、そういう人は選びません。浮気についても、仕事上での食事であれば許せますけどプライベートで女性と2人きりの食事はちょっと微妙かも。私以外の女性と手を繋ぐとかもイヤだなと思ってしまいますね。自分の携帯はいつでも見ていいよと安心させてくれるような人とお付き合いすることが多いです。

■ 気になる男性にアプローチするときは?おすすめの恋愛テクニックを教えてください

おりな:恋愛は「駆け引き」と「見えない努力」が大事だと思うんです。学生の頃にお付き合いをしていた男性はイケメンではないけど背が高くて2枚目タイプ。私から「いいな」と気になった人でしたので、彼へのアプローチはいろいろと工夫していました。

例えばバイト仲間と飲む時は必ず気になる彼の隣に座る、彼との会話だけボディタッチを入れる、積極的に注文を聞いたりお酒を注いであげる……など、あなたに興味があります!という気持ちを行動で表します。ここで注意したいのが自分からは「好き」という言葉を使わないこと。「ほんと私のタイプだよ〜」と、飲みの席で軽くサラッと伝えるくらいがベストです。一緒に飲んでいる時は言葉や態度で好意があることをさり気なく伝えますが、その後のメールやラインで自分からデートを誘ったりはしないようにしていました。送ったとしても社交辞令の挨拶程度ですね。

■ 自分から誘わないとなると、飲み会後の連絡が途絶えてしまいませんか?

おりな:ラインやメールを返信するタイミングは工夫をしていました。お付き合いする前の状態って、何気ないやり取りをできるだけ毎日継続していくことが大切だなと思っていて。気になる人からラインがきて嬉しい!という気持ちはあるけど、あえてすぐに返信しないよう気を付けていました。その代わり次の日に「おはよう」と連絡を入れて、また彼の返信を待つ……。そうやって、できる限り毎日連絡を取り合うようにすると、少しずつお互いの連絡頻度が変わってくるんです。ここでも「好き」という言葉は使わないようにしています。「好意のある言葉は送る」「連絡を途絶えないようにする」は意識していたと思います。

別れても「必ず迎えに行く」という彼の言葉が忘れられませんでした

■ 恋の駆け引きで印象に残っている恋愛はありますか?

おりな:先ほどお伝えした学生時代の彼は今でも覚えています。バイト先で知り合い私からアプローチをして、3ヶ月くらいで恋人になれました。バイト仲間と一緒に飲む機会が多かったので、飲みの席で使える恋愛テクニックは実践していましたね(笑)飲みが終わった後に終電を逃してしまうこともあったので、つき合う前から一人暮らしをしていた彼の家に泊めさせてもらうことも……。ただ、本命である人ほど恋人になる前の段階で体の関係を持つようなことは絶対にしたくなくて。単純にお泊まりするだけの期間が続いていました。

でも流石に彼も私の気持ちを分かっているし、お互い良い雰囲気にはなるので。3ヶ月くらい経った頃に彼の方から「付き合ってほしい」と告白をしてくれたんです。周りもみんな彼と私が結婚するだろうと思っていたくらい順調だったのですが、彼とは別れてしまいました。

■ 恋人になれて周りが羨むカップルだったのに別れてしまった原因とは?

おりな:遠距離恋愛になってしまったからです。今はそこまでではありませんが、当時の私は彼氏と毎日一緒にいたいし、連絡を取り合っていたいと思っていたタイプ。連絡をもらえる、会えることが愛されていると実感できると感じていたんです。子どもだったなと思いますが、恋人から連絡が来ないと気持ちが冷めてしまうこともありました。

彼と遠距離恋愛になってしまうことが判明したとき、本気でついて行こうと思ったし彼にも伝えましたが、ちょうど私の就職も決まっていたこともあり、一緒に行くという選択をばさっと断られてしまったんです。プライドが傷ついたこと、遠距離恋愛が無理だと思ったこと、いろいろなことが重なって別れました。ただ、別れて遠距離になった後も「必ず迎えに行くから待っていて」と彼は本気で言ってくれて。別れている状態だけど私も期待して待っていたところはありました。恋人とは近い距離でいたいと思ってしまう自分がいるので寂しい気持ちはありましたが、彼からの連絡は別れた後もずっと続いていました。

■ 遠距離で別れてしまっても連絡を取り続けることで復縁はなかったのでしょうか

おりな:復縁はありませんでした。気持ちはあっても会えない距離は大きかったですね。お互い忙しいから連絡を取るタイミングも難しかったし……。彼が東京に遊びに来たとき、会って話しましたが別れていたけどやっぱり楽しい気持ちになるんです。けれども復縁の話になると「いつ迎えにきてくれるの?」と私も詰め寄ってしまうし、彼も「もうちょっと待て」と平行線状態。欲求が満たされなくてケンカしてしまうこともありました。

■ 彼との復縁を完全に諦めて他の人と付き合おうとは思いませんでしたか?

おりな:他の人から告白されることもありましたが、その時期がすごく寂しくて。別れても好きだから、余計に遠距離が辛くて……。他の人から告白されることもありましたので付き合ってみたこともありましたが、一瞬は満たされても「なにか違う」と思ってしまい長くは続きませんでした。

結婚して夫婦になっても恋人時代と変わらない関係でありたい

■ 恋愛と結婚、自分の中で違いはありますか?

おりな:私の中で恋愛と結婚に大きな違いはなくて。恋愛の先に結婚があるような感覚です。だから見た目よりも内面を重視するし、結婚した後も恋人同士のような関係でいられるのが理想。結婚して子どもが生まれると夫婦関係が変わると聞きますが、ちょっと寂しいなと思ってしまうかも。行ってきますのチューが毎日できて、子どもがいてもいなくても手を繋いでデートできるような、恋人時代と変わらない関係がいいですよね。

■ これまでの恋愛経験を通して成長したなと思えることを教えてください

おりな:恋愛スタンスは今も昔もあまり大きな変化はありません。私はまだまだ子どもで成長しなければならないことがたくさんあって。だからこそお付き合いする人から学ぶことが増えましたし、もっと相手のことを考えてあげなければと感じています。

遠距離だったときは、連絡が来ない=愛情が感じられないと一方的な自分の想いばかりになっていましたが、相手を思いやる心を持って接したいなと思うようになったのは、自分なりの学びかなと思います。

 

大好きだった恋人と遠距離恋愛を経験したことで、自分の子どもっぽい部分を再認識したという中川おりなさん。復縁は叶いませんでしたが、その経験はご自身にとって忘れられない大切な思い出となっているそうです。また、中川さんが実践している恋の駆け引きと見えない努力は恋する女性ならまさに誰もが悩む大事なポイント。片想いを成功させたい人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。