UP

【好きバレ?】好きな人と気まずい関係になったときの対処法3つ

「現在片想い中!好きな人との距離をうまく縮めていこう」

片想いから両想いに発展させるためには、それなりの恋愛テクニックが必要です。人によってそのアプローチ方法は異なりますが、少しずつ計画的に距離を縮めていくはずだったのに、いつの間にか自分の気持ちが好きな人にバレしてしまったという「好きバレ」で気まずい状態になったという苦い経験がある人、こんな想いは二度と繰り返したくないと思いますよね。

好きな人との間に流れる微妙な空気に対して、上手く対処していきたいけどその方法がわからない……。今回のコラムでは、好きな人と気まずい関係になったときの対処法についてお伝えします。

好きバレした時の男性の本音

好きな男性に「好きバレ」した場合、男性側も「悪い気はしないけど、どうしたらいいのだろう……」と、どう対応すべきか見出せず、何となく身構えてしまうものです。男性の性格やその時の気持ちによって行動は異なりますが、心の内に秘めた本音は、「どうしたらいいかわからない」と動揺していることがほとんどです。実際に好きな男性に「好きバレ」してしまい、気まずい状態になってしまったというケースも少なくありません。

好きな人と気まずくなったときの対処法3つ

実際に「好きバレ」で好きな人と気まずい状態に陥ってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。ここでは対処法を3つお伝えします。

1. 深刻に考えることをやめる

好きな人に好きバレして気まずい状態になると、今後のことを考えて気分が落ち込んでしまう人がいます。ですが、あなたが悲観的になったところで状況は何も変わりません。それよりも深刻に考えることをやめて、ネガティブな思考を取り消すこと。いつも通り落ち着いて日常を過ごすように心掛けましょう。

2. 思い切って自分から距離を縮める

男性に好きバレしているのであれば、もはや半分告白しているようなもの。ここは思い切ってあなたから食事やデートに誘ってみましょう。男性側があなたに好意を抱いていれば問題ありませんが、そうでない場合でも食事などの気軽な誘いなら快く誘いに応じてもらえる可能性が高いです。もし断られてしまったとしても、諦めずに彼との仲を深めて再チャレンジするのも◎。好きバレしたことで、彼の中に「あなた」という存在が確立し意識し始めていますので、確実に以前とは違う見られ方をするはずです。このような心理面を上手に活用し、タイミングを見計らってもう一度デートに誘ってもよいかもしれません。また、好きな人とデートを何回か繰り返した間柄であれば、思い切って告白してしまう手も見逃せません。

3. 変わらずいつも通りに接する

「好きバレ」をして相手との雰囲気が気まずい状況になったと感じた場合。デートに誘うなど自分から行動を起こしたくない、もしくは起こせない状況となってしまった時は、いつも通り、変わらずに接するようにしてみましょう。あなたが好きバレを意識し過ぎてしまうと男性側もそれを感じとってしまい、お互いの会話が余計に気まずくなってしまう可能性があります。できる限り普段と同じように接しましょう。

 

好きな人に好きバレしたとしても、必ずしも気まずい状態になるわけではありません。気まずくなる原因のほとんどが、好きバレをして困っている当人の雰囲気やニュアンス的なものばかりです。あなたに興味を持ち始めたなど、好きバレがプラスに作用するケースもありますので、悲観的にならずポジティブに対処していきましょう。