UP

執着した恋は卒業!深い愛情が幸せの基準を変えてくれました【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回インタビューに登場して頂くのは、看護師の仕事とモデル活動を両立されている山岡葵さん。昔から恋愛体質だったそうですが、過去の恋愛経験を通じて現在の恋愛に対する価値観や想いが大きく変わったのだとか。思わず共感してしまう、恋の悩みや駆け引きについて語って頂きました。

お付き合いする前の絶妙な駆け引きが実は楽しいんです

■ どんなことがきっかけで恋が始まりますか?

葵:告白されてグイグイ押されて付き合うパターンが多いのですが、好きな人に対して本当は肉食派の恋愛体質なんです(笑)好きになってくれないとイヤだし、自分からも好きという気持ちを伝えたいと思う方。

ただ、実際に付き合うかどうかは別として、積極的にアプローチしてくれる人に興味を持つところから意識し始めるのはありますね。そして相手から告白されても最初はお断りするケースが多いです。「(告白してくれた人を)好きかどうか分からないけど、いいんですか?」と聞いてみたりして様子を見たり……。私が断ったらそのままフェードアウトするかしないか、どれくらい本気で想ってくれているのか、その人の本心を知りたくて試してしまうんです。

だからお断りしたのに「好き」と諦めずに愛情を示してくれる人は「いいな」と感じるし、もう一歩先の関係に進んでみたいと前向きに考えられます。おつきあいする前の駆け引きというか、他の女性にもこんな風に告白しているのかな?と気になるところを突っついてみたい(笑)そんなやり取りを楽しんでいる自分もいます。

■ 好みのタイプは?どんな男性に惹かれますか?

葵:若い頃は外見や職業で選んでいましたが、今は気にしなくなりました。カッコイイ男性は女性から言い寄られるので、好きになってもらおうとする努力をあまりしなさそうというか……恋愛に頑張らない人が多いという印象があるかも。はっきり気持ちを言わない「あわよくば感」のある人も得意ではないです。私自身が好きになったら振られても「好き!」と言いたいタイプだから、中途半端な行動を取る人よりハッキリ言葉や態度で愛情を伝えてくれる人に魅力を感じます。

お付き合いする男性のタイプも本当にバラバラですが、唯一共通している部分は仕事が大好きで忙しい人。どんなに忙しくても夜ご飯が一緒に食べられたらそれで満足だし、月に1度デートができればハッピーなんです。

家族や周りの人たちを大切にしている男性はステキだなと思います

■ 今現在お付き合いしている人との恋愛は順調ですか?

葵:とても順調です!久しぶりに自分から好きになった人で、今思うと付き合う前から自然に「好き」という気持ちが溢れていたなと思います。年上の男性で、初めて出会った時から雰囲気がとてもステキ。話もすごく楽しくて、もっと知りたい!と思わせてくれる人ですね。私に興味がないのかな?と思うこともあったので、そこが反対に気になってしまいました。

1回目で興味を持って、2回目に会った時に好きと自覚をして。そこからは積極的にラインでメッセージのやり取りをしました。男性の心を惹きつけるメッセージとか言いますが、そんな計算をする余裕もなく……!彼からの返信がきたら「きた!」と喜んでしまうし、付き合っていないのにハートの絵文字を入れてバカみたいに自分の想いを素直に伝えていたかも。「カッコイイ!」「ステキ!」と自分が感じたことをそのまま送っていました。その後、デートを重ねて彼から付き合おうと伝えてくれたんです。嬉しかったですね。

■ ズバリ、年上彼氏の魅力とは?

葵:とても仕事が忙しいのに2人の時間をしっかり作って甘えさせてくれるところ。ご両親はもちろん、周りの人たちをとても大切にしている姿勢も尊敬しています。頼れるリーダー的な存在で、話し方や立ち振る舞いに好感を持てるんです。周囲から慕われているのも納得です。

これまで付き合ってきた人には、イヤなところを見つけても限界ギリギリまで我慢して何も言いませんでした。相手じゃなくて自分が変わらなければと我慢し過ぎた結果、別れてしまったことも……。今の彼は、とにかく愛情が深くて言葉にして伝えようとするんです。だから愛されている実感があって。人に優しくなろう、感謝の気持ちを伝えよう、彼のおかげで自分を振り返るようになりました。

辛い恋を経験したからこそ、今の恋と巡りあえました

■ 恋愛と結婚、それぞれに対してどのように考えていますか?

葵:私の場合、恋愛の延長線上にある結婚が理想です。もちろんお金の価値観や子どもに対する意識は同じだと嬉しいんですけど、やっぱり心から好きな人と結婚したい。仕事をして働いているから生活はできるし、恋愛なら何歳になっても楽しめるもの。この人との子どもが欲しいと思える男性と結婚したい考えがある一方、たとえ子どもができなくても2人でずっと一緒にいたい思える人が理想の結婚相手です。

結婚に対する考えは人それぞれですが、周りには妥協して結婚する人も多くいて……。生理的にムリでなければOKの人もいれば、大好きな人と結婚なんて反対にできないと言う人もいます。結婚に踏み切る理由も「もう働きたくない」「1人でいるのがイヤ」「とにかく子どもが欲しい」「周りが結婚して焦っている」など聞きますが、気持ちは分かるけど今の私には、そういった結婚だったらしなくてもいいのかなと思うところはあります。

■ これまでの恋愛経験を通して、成長したなと思えることを教えてください

葵:今の彼と付き合う前、2年程付き合ってたいた人がいましたが、その人との関係は「執着した恋愛」でした。その頃の私は見た目や職業を重視して、それが自分のステータスだと感じていた部分がありました。その代わり落ち込むことがあっても、ずっと耐えて常に苦しくて辛い想いばかりでした。問題だらけで頭がいっぱいになって余裕もありませんでしたし、彼と別れた方が絶対に幸せだと分かっていながら付き合っていましたね。

だから彼と別れた時、とても開放感を感じました。その恋愛経験があったからこそ「好き」の基準が変わったんです。愛情を持って接してくれる人を意識するようになり、今再び自分から好きになった男性とお付き合いできている。この幸せは、いろいろな経験の積み重ねから発見した恋じゃないかなと思っています。

 

誰だって憧れの人と付き合いたいと思うのは当然であり、そこに自分の幸せが待っているとは限らないのもまた現実です。恋愛に対する価値観を変えるためには大きな「きっかけ」が必要であり、そこには経験が必要だということも現代を生きる女性にとって大切な恋愛観ではないでしょうか。執着した愛から愛される愛を知り、今は愛し愛される幸せを見つけたという山岡葵さん。恋愛対象は外見や経済力に執着してしまう……という人は、この機会にぜひ参考にしてみてくださいね。