UP

男から見た「モテるワガママ女」と「モテないワガママ女」の違いとは!?

「ワガママな女=モテない」この認識はごく一般的であり、多くの人が感じていることです。しかしながら、世の中にはワガママ女であるにもかかわらず男性からモテる女性が存在します。「モテるワガママ女」と「モテないワガママ女」これらは一体なにが違うのでしょうか。今回のコラムでは、モテるワガママ女とモテないワガママ女の特徴を詳しく解説していきます。

モテるワガママ女の特徴3選

まずはなぜか男性から好感度が高い「モテるワガママ女」の特徴から見ていきましょう。

1. ルックスが良い

第一印象を決める外見は大変重要な要素です。美人でスタイルが良ければ、ほぼ間違いなく多くの男性から関心を寄せられるのはモデルやタレントを例に挙げれば言うまでもありません。多少のワガママであれば「見た目が良ければよし!」と許してしまう、男性はそんな生き物なのです。中身をよく知る人たちが「ワガママ女」と騒いでいても、何も知らない人からすれば「少しワガママな可愛い女の子」。いつも彼氏が絶えません。

2. 普段はやさしい

一時的にワガママ女を発揮しても、それ以外の時は基本やさしく、他人にも思いやりがある。このような女性はワガママであってもモテるタイプです。極端なワガママはNGですが、多少のワガママであれば反対に「かわいい」と思ってもらえますので、ワガママでモテる女性は男心を把握しながら自分のわがままレベルを上手く調整しています。

3. 精神的に自立している

精神的に自立している女性は自分から行動していくため、その行動が時としてワガママ女である印象を与えてしまうケースがあります。しばらくやりとりをすれば大抵の場合は精神的に自立しているか、それともただのワガママ女か判断できますので、怪しいと感じた場合は女性の言動を観察してみましょう。また、この手の女性は男性がなんとかできる範囲のワガママを発言する傾向があります。努力次第でどうにかできるワガママを見せる女性はモテるタイプです。

モテないワガママ女の特徴3選

モテるワガママ女に続いて「モテないワガママ女」の特徴をチェックしてみましょう。

1. 束縛がひどい

モテないワガママ女の多くは寂しがりやである可能性が高いと言われています。例えばメールやラインでやり取りをする際、返信がないとすぐに怒りを表します。相手の状況を考えずに自分中心で行動を起こすので、寂しければ深夜でも平気で連絡してくることも。電話に出ればズルズルと何時間も話を長引かせるタイプも要注意です。朝から晩まで1日の行動を把握しようと束縛するのも典型的なモテない女のワガママです。

2. 気が変わりやすい

数分前は「〇〇したい」と言っていたのに、「やっぱり××したい」など、発言がコロコロ変わるのもモテないワガママ女。ほんの数分で気が変わってしまうため、男性を振り回してしまいがちです。

3. 常識という考え方がない

はっきりしないながらも世の中には「常識」という通念がある程度存在します。ですが、モテないワガママ女には常識が通用しません。一方的に彼氏の行動を束縛するくせに、彼氏が自分の行動を束縛するのは許可しない……といった理不尽なワガママを連発する女性はモテないワガママ女である可能性があります。

 

「モテるワガママ女」と「モテないワガママ女」の違いについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。外見での好みはあるものの、モテるワガママ女の基本は一定の常識を踏まえた行動をとります。それに対し、モテないワガママ女は一方的に自分の都合を男性に押し付けがち。上記に挙げた特徴を参考に、自分勝手な行動を取っていないか普段の行いを振り返ってみてください。