UP

彼氏から連絡がないときに見てほしい、相手の心理状態ややってはいけない行動について

大好きな彼から連絡が来ないと、ただただ不安になりますよね。「私に冷めたのでは?」「別れたいのでは?」「浮気をしているのでは?」とネガティブなことばかり考えてしまいます。

でも、それは単なる妄想にすぎない可能性も……。今回のコラムでは、恋人から連絡がないときの彼の心理状態を解説しつつ、その場面でやってはいけない行動についてご紹介します。

どうして連絡がないの?

まず理解しておきたいのが、そもそも「連絡を取ること」に対しての考え方が男性と女性では違うことです。女性はおしゃべり感覚で連絡を取り合いますが、男性にとって連絡は情報伝達をする手段のひとつです。それを踏まえた上で、なぜ連絡がこないのか、彼の心理をひも解いてみましょう。

■ 仕事や自分のことで忙しい

多くの女性が恋愛を最優先にする一方で、男性は恋愛が第一になるとは限りません。仕事や自分の趣味で忙しくなれば、そこに集中してしまい恋愛どころではなくなります。どんなに大好きな彼女でも夢中になることがあれば二の次になってしまうのです。この男性の本質を理解することが大切です。

■ 安心している

付き合う前や付き合い始めは「あなたに振り向いてほしい」「恋人としてお付き合いしたい」とこまめに連絡をくれていたのに、付き合い始めたらそうでもなくなったなと感じた場合。2人の関係が深くなり、彼女が自分のモノであると確信した男性は「連絡なんて取らなくても大丈夫だろう」と安心してしまう傾向にあります。彼女に対する甘えと安心から連絡をしないパターンです。

■ 必要性を感じていない

男性には用件以外で連絡を取ることに必要性を感じない人もいます。約束の確認や本当に大事なこと以外、電話やメール、ラインでコミュニケーションを取りません。とくにマイペースや面倒くさがり屋の彼ならこのタイプに当てはまる可能性があります。

■ 怒っている

彼からの連絡が来なくなる前に些細なことで言い合ったり、喧嘩をしているのなら、彼は怒っているかもしれません。そのことで連絡の頻度を減らしたり、わざと音信不通にしていることも考えられるでしょう。思い当たる喧嘩がなかったとしても、彼を不快にさせてしまう発言や行動をしなかったか自分の言動を振り返ってみてください。

■ 気持ちが冷めている

あなたへの気持ちが冷めつつあるというのも、よくある連絡がこないパターン。あなたと距離を置きたい、もしくは別れようか考えているため、あえて連絡することを避けている可能性があります。

彼氏から連絡がないときにやってはいけない行動

連絡が取れないと、誰だって不安に駆られます。とにかく今の状況を何とかしなきゃと行動したくなるものですが、連絡が来ない原因や彼の気持ちが読めないのに自分の妄想だけで動くのは危険です。ここでは「やってはいけない行動」を紹介しますので気をつけてください。

■ しつこく連絡をしない

連絡が来ないという現実に焦り、何度も電話をしたり「連絡ください」「心配です」と、1日に何十回もメールやラインを送ってしまうのはNGです。これは男性だけでなく女性にも言えること。気持ちが冷めたわけでも別れようと思っているわけでもないのに、恋人からしつこく連絡が来れば気持ちも離れて別れの原因になってしまうことも……。かけた電話に出ない、送ったメールやラインに返信がないのであれば自分からアクションを起こすのは一旦休止し、相手の反応を待ちましょう。

■ 相手を責めるような重い内容を送らない

「どうして連絡をくれないの?」「大切にされてないと思う」「ひどい!」「もう別れたいってこと?」「別れたくないならはっきりして欲しい」など、一方的に相手を責める重い内容のメールやラインはやめましょう。気持ちが冷めて別れてもいいかなと彼が考えているのであれば、これが引き金になってしまう可能性もあります。「困るな」「イヤだな」「怖いな」と相手が感じる言葉は記憶に残りますので送らないのが賢明です。

■ 家に押しかけたり待ち伏せしたりしない

何度も電話しているのに出ない、メールもラインも返信がない。だからといって彼が利用している駅や会社の前で待ち伏せしたり、家に押しかけるのは絶対にNGです。彼はあなたを恐れ、「この女、ストーカーになりそう」と思うかもしれません。そして本当に別れを考えることも……。何事もやり過ぎには気をつけましょう。

 

彼から連絡が来なくても、慌てず、焦らず、ジッと待つことが大切です。あまり考えすぎると悪い方向にばかり考えてしまい、2人の関係性に影響を与えて別れに繋がることもあります。愛されている自信を持ち、連絡が来ない間は仕事や趣味に没頭したり、家族や友達といつも以上にコミュニケーションを取るなどして、あなたの時間を大切にしてください。