UP

女性からの告白を成功させるコツ!男性ウケの良い告白について

「好きな男性に告白したい!」

男性に自分の溢れる想いを伝えたいけれど、その勇気が出ない。どんな風に伝えればいいのかもわからない…と心の中でモヤモヤしている人も多いはず。男性は女性からどのようなアプローチを望んでいるのか気になるものです。今回は、告白を成功させるための秘訣と男性ウケの良い告白の方法を解説します!

 

成功の秘訣って?男性に告白する前に準備しておくこと

告白の成功率を上げるためには事前準備が大切です。告白する前にやっておきたい事前準備を4つのステップに分けて説明します。

ステップ1:あらかじめ意中の男性と仲良くなりましょう

初対面の女性から告白されると男性はびっくりしてしまいます。ある程度、相手との距離を縮めて親密な関係をつくるように行動しましょう。2人きりが無理でもグループで遊ぶ、連絡先を交換する、ご飯デートなど仲を深めておきましょう。

ステップ2:少しずつ好意をアピールしておきましょう

  • さりげなくLINEを送る
  • 会話の間にボディタッチを入れる
  • 目を合わせるようにする

上記のような行為で意中の男性に自分なりの好意を伝えてみてください。「あれ?もしかしてこの子、俺のこと好きなのかな?」と思わせることで、男性の方があなたを意識してドキドキするようになります。ドキドキすることはそのまま恋心に変わる可能性が高いので彼をドキドキさせるアピールを小出しにしてみましょう。

ステップ3:シミュレーションで予行練習しましょう

告白は想像以上に緊張するものです。自分ばかりがあたふたして気持ちが先走ってしまうと、相手にきちんとした想いを伝えられません。いつ、どこで、どんな風に話し始めるのか。いざという時に臆さないよう、しっかりシミュレーションを行うようにしましょう。伝えたい想いを紙に書き出して頭の中を整理させるのもオススメです。

ステップ4:告白は成功しやすい時間帯を選びましょう

告白が成功しやすい時間帯があるのをご存知ですか?それは夜18時から23時の間。人は夜になると、リラックスしてロマンチストになる傾向があるのです。これは自律神経の働きによるもの。昼間は交感神経が活発になるため理性的に、夜は副交感神経が活発になることから感情的になります。夜、副交感神経を高めてくれるムードの良い場所で告白をすると、相手を受け入れる気持ちになりやすいのです。告白の返事がOKとなる確率も上がるので、告白を考えている人は時間帯も視野に入れてみましょう。

男性が喜ぶ!女性からの告白アプローチ法

事前の準備が整ったら、いよいよ告白です。男性がグッときた女性からの告白アプローチ法についてアンケートを取ってみました。

■ストレートに「好き」と言われたら嬉しい!

「シンプルに『好きです』という告白が一番心に響くなぁ」(営業/30歳)

ダラダラとした長い告白よりもシンプルに「好き」と伝える告白の方が男性の心に響くとのこと。伝えたい想いは溢れるほどにあると思いますが、簡潔に伝えられるよう、まとめておきましょう。

■褒めながら告白してくれたら嬉しい

「僕の長所を話してくれた告白はグッときました。こんなに自分のことを見ていてくれた子がいたんだって、感動でしたよ」(IT/27歳)

男性は褒められることが大好きです。「あなたの〇〇に打ち込む姿が素敵で、好きになったんです」など、男性が一生懸命に打ち込んでいること、真剣に頑張っていることを、男性の長所と交えて告白に盛り込んでみてください。男性の承認欲求を満たしてあげることで、心に残る告白になるでしょう。

■他の男性とは違う特別感を感じさせてくれたら嬉しい

「あなたみたいな人、初めてなの!とか言われたら、キュンとなる」(自営業/32歳)

男性は女性の“処女性”に惹かれます。そのため「あなたみたいな素晴らしい人、今までいなかった!初めてこんなに好きになったの…」というセリフは男性の心をキュンとさせます。「この子を守ってあげたい!」と思わせるような、その人だけの特別感を感じさせる言葉を考えてみてください。

声はゆっくりと囁くように告白しましょう

告白を行う時は、話し方にも気をつかいましょう。普段の言葉遣いがサバサバとしている、大きな声で話すことが多い、大口を開けて笑う…などがクセになっている人は、ワントーン声を小さくするようなイメージで話すことを心掛けてください。すると相手も「今日はちょっと雰囲気が違うな。話をきちんと聞こう」と空気感が変わります。そして、ゆっくり囁くように話し出しましょう。ゆっくり話すことを意識するだけで、より女性らしい振る舞いを演出できます。

デート5回目までには決着をつけましょう!

告白はデートの5回目までに勝負をしましょう。何度もデートを重ねて親密になりすぎると、逆に告白がしにくい雰囲気となってしまう危険性があります。女友達のような感覚になるのは避けたいところではありますし、曖昧な関係やダラダラとした関係に陥るリスクも出てきます。だからこそ告白を実行するのは、まだ2人の間に緊張感やドキドキ感があるデート5回目までに行うのがベスト。少しずつ段階を踏みながらアプローチしましょう。

 

片思いを伝えることはとても勇気がいることです。とはいえ、待ち続けてそのチャンスを逃しては意味がありません。自分の想いに後悔が残らないよう、これらを参考に勇気を出して行動に移してみてください。告白が無事成功すれば「あの時、勇気を出してよかった」と感じますし、たとえ上手くいかなかったとしてもその時に学んだことが次の恋に活かされます。自分の成長につなげていくという意味でも、女性からの告白にぜひチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。