UP

【恋愛女子必見!】好きな人にアピールする4つの方法

「好きな人と結ばれたい」恋をした女性なら誰もがそう願うものですが、現実と理想は違います。

「気持ちを知られるのが恥ずかしい」「断られたらどうしよう」「今の関係を壊したくない」このように不安を感じ、好きな人に自分の気持ちを素直に伝えることができない女性は少なくありません。今回のコラムでは、好きな人に向けて上手に気持ちを伝える方法をご紹介します。

気持ちを伝えることの重要性

心の中で「好き」と思いを馳せても、その気持ちは口に出して相手に伝えなければ何も始まりません。相手に受け入れてもらえなかった時を考え、不安になるのは当然です。しかし、気持ちを隠し続けるだけでは両思いになるどころか2人の距離を縮めることすらできません。自分の気持ちを伝えずに後悔するよりも、相手にしっかり想いを伝えた方が恋愛においての成長につながることを覚えておきましょう。

「好き」の気持ちの伝え方4選

好きという気持ちを相手に伝えることは大切ですが、むやみやたらに動けばよいというわけではありません。どのようにして相手に気持ちを伝えるか、ここでは4つの伝え方をご紹介します。

1. いつも笑顔で話す

好きな人だけに限定せず、誰かと話すときはとびきりの笑顔で接しましょう。笑顔は人を幸せにし、安心感を与えます。「笑顔の女性が好き」という男性は実際に多いため、自然に好感度も上がるでしょう。「この子と一緒にいると楽しい」「明るい気持ちになれるな」と思ってもらえるよう、常に笑顔でいることを心掛けてください。

2. 視線とうなずきを意識

言葉で伝えることが苦手という人は視線とうなずきを意識してください。「あれ?よく目が合うな、もしかして……」と相手に思わせるには、視線が効果的。同じ空間にいるときは目で追い、話すときも相手の目を見て会話を楽しみましょう。会話の最中は彼の話しに「うん」「そうだよね!」と相づちを入れることで「あなたの話に関心がある」とアピールできます。

3. 彼の良いところを褒める

男性は女性に褒められたいと思う生き物です。「あなたの優しいところが素敵」「いつも頑張っているよね!尊敬する」このような褒め言葉は、受け手側も嬉しく思うものです。本人だけでなく第3者にも彼の長所を積極的に話して、あなたの気持ちを伝えましょう。

4. さりげないボディタッチ

さり気ないボディタッチは効果的です。「手に触れる」「肩や背中をポンと触る」このように、あまりベタベタしない気軽なボディタッチを入れてみましょう。ただし「男慣れしている子なのかも……?」と思われてしまう場合もありますので、やりすぎには注意してください。

どうしても「好き」と言えない場合は

どうしても好意を伝えることが難しいと感じるなら、まずは2人の会話を盛り上げるために何ができるか考えてみましょう。FacebookやInstagramなどアカウントを持っている人であれば、趣味や好きなことをSNSに投稿している可能性がありますので、自分でもリサーチができるはずです。そこで共通の話題が見つかれば会話をするチャンスに繋がり、相手と接触できる可能性が高まります。「私なんか……」と、おどおどしているだけでは魅力的な女性には見えません。「好き」と言えない人は、自分の気持ちに自信を持つことから意識してください。

 

悩みや不安から先のことを考えてしまうと自分の行動を無意識に制限してしまいます。勇気を出して気持ちを伝えることで両思いへの第一歩を歩んでくださいね。